海の底 (角川文庫)

感想・レビュー(20403)

Kta
ちょっと気楽に読めるラブコメが読みたくなり、久々に再読。そのままクジラの彼に流れる。
ナイス ★4 コメント(0) - 4月26日
予期せず極限状態に追い込まれたら人はどうなってしまうのか。特に子どもという比較的率直に感じたまま行動してしまう人たちを中心に展開されたのが面白かった。最後の望と夏木の再会。よかった~。ハラハラしながらも読後感良し。圭介ママがなぜ毒親になってしまったのか、毒親の言い分もちょっと聞いてみたいかな。
ナイス ★19 コメント(0) - 4月25日
巨大ザリガニ出てきた時は、作風が違うのかと思ったけど、安定の自衛隊ラブコメで面白かった。
ナイス ★14 コメント(0) - 4月23日
塩の街、空の中と続いての海の底。でっかいザリガニが出てきた時は「いやいや、巨大エビて!」と突っ込んだもんですが、ちゃんと理由があって理にかなってて(?)残酷な描写があったり、人間関係にリアリティーがあったり、引き込まれて読みました。その後が「くじらの彼」に繋がってるんですからたまりませんでした。夏木もかっこいいけど、やっぱり私は冬原がタイプだ!
ナイス ★31 コメント(0) - 4月23日
ランダムな順番だが、自衛隊三部作やっと読了。相も変わらずキュンキュンモード炸裂、武骨な自衛官、やや障害的な異姓設定は得意技。判っていてもやめられない、ポテチかい。夏木、望、圭介の絡み、冬原のチヤチャ、皆いい味だしてるね、弱い女子のためから、弾けが水戸黄門的な涙を誘う。いやーヒサビサなので軽いキケンから本来の有川ストーリー、目が醒めた。感動。
ナイス ★25 コメント(0) - 4月22日
久しぶりのザリガニです。読み終えた直後は海老フライやエビチリが嫌になるけど、自衛隊三部作では文句なしにこの作品が大好きです! 子供ってのはびっくりするほどの短時間で劇的な成長を遂げたりするもの。夏木と冬原も哀しみを通り越したのが成長。当然、感情で義務を捨てたりしなかった。戦隊レンジャーものかと思うほどの始まりから、あどけない恋心が絡まりほどけてからのエピローグは秀逸で、一途という言葉はこういうことか!と思わせられるものでしたよ♪ 感情というのは洗練されて深くなるものなんですね。
ナイス ★140 コメント(2) - 4月22日
赤い巨大な甲殻類の大量襲来。そんな、緊急時に日和見を決め込まず、己の役割を全うするヒーロー達。恥ずかしいくらい格好良い彼らがとても気持ち良い物語。
ナイス ★30 コメント(0) - 4月21日
朝日な奴や自己中な奴を斬るのは有川流。ラストの盛り上げとエピローグの使い方も有川流。二尉と技官になった女の子、実ればイイなァ~。
ナイス ★27 コメント(0) - 4月21日
森を望み、森を翔ける
ナイス ★19 コメント(0) - 4月18日
最初はちょっとびっくりしたけれど、やっぱりぐいぐい読み進められました。読書から離れそうになった時には有川作品が効果大ですね。人間の描写が素晴らしく、物語の世界にグッと入り込めます。海の男たちは素敵だし、恋愛要素もちょうどいい。面白かったです!
ナイス ★26 コメント(0) - 4月17日
自衛隊シリーズの中で1番怖かった。もし私がその場にいたらすぐ死んでるだろうなぁと思いながら読んでました。有川さんのさりげなく恋愛事を毎回入れてくるのすごく良いです。最後のシーンは今までと違う感じがして、しかも感動するけどなんか悲しい気持ちになって涙がでてきました。そういうところもいい。もう一回読みたくなるし、有川さんのことがもっと好きになりました文章のまとまりがなってまいと思います。すみません!
ナイス ★23 コメント(0) - 4月14日
★★★★☆ ちょっと怖かった(笑)
ナイス ★12 コメント(0) - 4月13日
17
有川作品自衛隊シリーズ読了!今回も展開構図は似ていましたが、アクションが多くてハラハラする内容でした。
ナイス ★18 コメント(0) - 4月12日
有川さんの自衛隊シリーズ。凄くよかったです。夏木と望の恋に、圭介や翔達、子供の成長、警察の奮闘、読み応えがありどんどん話に引き込まれてしまいました。艦長の格好良さに、夏木の男泣きに涙してしまいました。あとは、機動隊の格好良さにもしびれましたね。最後の望と夏木のシーンは素敵でした。個人的には烏丸と冬原のキャラクターが好きです。他にもいろいろと感想はあるけれど、書ききれそうにないのでこの辺で。
ナイス ★32 コメント(0) - 4月10日
久しぶりに一気読みをしてしまった。面白かったー。映像化されたものを観てみたい!と思うと同時に、それは間違いなく非常に残念な作品になりそうな気もするので、あまり強くは望まないでおこう。/親が絶対的なものではないことに気づくことが大人になることの第一歩であり、下手すると親が死んでからやっと気づくとか、全く気づけないで一生を終えるパターンもあるので、たくさん間違えたけど若くして気づけた彼は本当に良かったな、と思う。
ナイス ★30 コメント(0) - 4月9日
自衛隊三部作、ラスト。読み始めてから、あぁこうゆうの苦手だな、読み進めれるかなと思っていたのに、気付けば一気読みでした。目を背けたくなるシーンや警察の奮闘、子どもたちの成長に目頭が熱くなり、ラストに向かうにつれ涙がこぼれはじめました。苦手な物語も有川浩が描くからこそ惹き込まれ読めるのかもしれない。物語の中に辛いことがある三部作。クジラの彼があるのが救いなのかも。
ナイス ★47 コメント(0) - 4月8日
面白かった。エンターテイメントとして読むには最適な作品。
ナイス ★11 コメント(0) - 4月8日
ちょいと恥ずかしくなる場面もあるけど、なかなか楽しめた。
ナイス ★26 コメント(0) - 4月8日
自衛隊三部作、3作目。この作品が1番怖かったです..。夢に出るぐらいザリガニ怖すぎました..。私はあれをエビだとは認めません..。そして子供、イライラさせてくれますね。自分勝手で迷惑かけてそのくせ謝らない。腕の一本ぐらい食べられてしまえ、と思うくらい嫌いでした。まあ、親が嫌いなんですが。それもこれも思えるのは有川さんの文章力の凄さでしょうか。SFの中に現代問題が上手く絡み合って、そしてちょっとした恋愛もあり、ととても楽しめました。夏冬コンビ最高です!最後は色々救われました。もう嫌いじゃないですよ。
ナイス ★25 コメント(0) - 4月7日
★★★☆☆_「緊急特番!珍獣ハンターキャプ!未確認モンスターを追え!フェア」第ニ弾。《かっぱ寿司の陰謀か⁉︎巨大エビの謎を追え!》横須賀で巨大エビが寿司ネタにもならずに暴れ回っているという一報があった!無類のカニ好きの私としては放っておけない!調査だ!【調査結果:エビが強すぎて泣きました。調査の途中で足をくじいて自衛隊の皆様にご厄介になりまして、大変恐縮です。一体じゃなくて沢山いるならそう言って欲しかったです。潜水艦の中では十五少年漂流記みたいな感じになってましたね。透明感のある子たちで気分良かったです】
ナイス ★88 コメント(10) - 4月4日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

自衛隊三部作(角川文庫)シリーズ

塩の街 (角川文庫)
塩の街
28756登録
空の中 (角川文庫)
空の中
27750登録

有川浩の関連本

この本を読んだ人がよく読む本

海の底をシェアする

海の底の 評価:60 感想・レビュー:4670