ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)

感想
4794
  • ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)
    322ページ
    16486登録

    あらすじ・内容

    静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。
    ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。
    脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。この邂逅は必然か? 彼女は母を待っていたのか? すべての答えが出る時が迫っていた。

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(13366)

    彼女の母はとても奇妙で怖い印象があると同時にちゃんとした母親なのだなと思った。あと全く関係ないが今まで読んできた小説は新品で買うようにしています。が、ビブリア古書堂だけはあえて全巻中古で買うようにしている。という謎のこだわり•••
    ナイス ★26 コメント(0) - 4月24日
    すべての依頼に母の影がちらつき、少しイライラしつつ読了。はやくがっつり出て来て欲しい。お母さんがヒロインだったらまた違った雰囲気の物語になってたかなあ、と思いつつ。それもまた読んでみたい。
    ナイス ★25 コメント(0) - 4月23日
    シリーズ第5作。今作は、漫画の神様・手塚治虫や有名作家・寺山修司などを題材にしているが、知らない事ばかりだった。名前は知っているけど、読んだ事をあるかといわれたら読んだ事が無い。「ブラック・ジャック」なんかもアニメでは見たことあるけど、漫画は読んだ事ないという体たらく?ぶり。栞子さんと大輔の恋の行方。そして、智恵子との確執に変化があり、副題の通り、色んな意味で「繋がりの時」でもあった。智恵子の謎の言葉とあの男が帰ってくる。物語はいよいよ佳境に入り、また暗雲が立ち込める。
    ナイス ★51 コメント(0) - 4月20日
    再読
    ナイス ★12 コメント(0) - 4月20日
    プロローグの語り手が大輔さんじゃなかったこと、言われてから気づいた!栞子さんが大輔を呼ぶ呼び方が「大輔さん」から「大輔くん」に変わっているのがなんともイイ。
    ナイス ★24 コメント(0) - 4月16日
    ★★★☆☆ 思いを告げた五浦、その言葉に対し彼女は「5月の終わりまで待って欲しい」、古書が繋いだ二人の絆の顛末は?後半戦の第5巻、驚きのあざとさ。今まではそこまででも無かったが、今巻ではめんどくせぇ付き合えよと言わんばかりにラブいところが出てきて良く悪くも、今までと違う感覚が楽しく、とある人物のエピソードも興味深く読め、中々に面白い一冊。エピローグで五浦がまた一つ男を上げつつ、次巻につながる引きで締め。次巻どうするのだろう?
    ナイス ★28 コメント(0) - 4月16日
    4冊目の勢いそのままに読了。これまでの感想でも再三書いているが、物語の内容と同じくらい小話が相変わらず面白かった。『われに五月を』は引用してある詩に心惹かれたため、実際に読んでみるつもり。物語も終盤に差し掛かるとの事であり、この流れのまま6冊目、7冊目と読み進める予定。
    ナイス ★31 コメント(0) - 4月16日
    再読✩7巻を読む為に1巻から再読してきてるけど、1巻以外ほとんど記憶から抜け落ちている不思議。笑 なので再読やけど毎回謎解きには感心した(*´ω`*)今回はブラックジャックが出てきた!栞子サンの知識の幅の広さが凄い!志田サンのその後が一番気になる!
    ナイス ★23 コメント(0) - 4月16日
    A
    まさか志田さんの謎(?)が解けると思っていなくてびっくりした。不思議な人のままで終わるのだと思っていた。ブラックジャックは、あとがきで作者がたくさん買ってしまったエピソードに笑ってしまった。なるほど、書くためにはたくさん必要だなと思った。
    ナイス ★24 コメント(0) - 4月15日
    3・4・5とほとんど一気読みでした(汗) さらにその先が気になります。
    ナイス ★20 コメント(0) - 4月15日
    @
    前作の内容ほとんど忘れてた。まあ面白かった。でも謎解きの内容が微妙、、?『ブラックジャック』が好きかな。ちょっと気になった。同じ巻なのにいろんな版があるんだ。志田さんの話はびっくりしたなあ。志田さんの好感度ちょっと上がった。門野もまあまあいい奴なのかな?2人ともやっぱり付き合うことになったか。智恵子との話が気になる。田中も出てきて結構面白くなりそう。謎解きがあまり頭に入ってこなかったので時間があればまた読みたい。
    ナイス ★25 コメント(0) - 4月11日
    再読。謎解きが、どんどん頭に入らなくなって来ている‥でもこの巻はエピローグが全てだなあ。
    ナイス ★27 コメント(0) - 4月11日
    KOR
    私は志田さんも結構好きなので、彼の過去が少しでもわかって面白かったです。ブラックジャックの夫婦もしみじみとよかったです。ただ、最後の寺山修司の話に出て来る門野澄夫だけはどうしても好きになれませんでした。こういうタイプの人は苦手です。再読して気付いたのですが、最初のプロローグは栞子さんの両親の話なんですね。
    ナイス ★28 コメント(0) - 4月10日
    栞子さんと生まれ年が一緒で少し親近感。本の中の彼女はもっと若いけど、ほんとに存在してたら同い年かぁ〜と思いながら、31才の栞子さんを想像しました(笑)。そして…恋っていいですね(*ˊ̱_ˋ̱*)♡ だんだん面白くなってきました♪
    ナイス ★30 コメント(2) - 4月9日
    ビブリアシリーズが完結したため続きを読んだが、読む間隔が長いため前作の内容をほぼ忘れている。残り2作は続けて読もう。
    ナイス ★67 コメント(0) - 4月7日
    今回も、ブラックジャックという大好きな作品が出てきたこと、そして、裏話的な内容だったので満足です。 五浦さん→大輔さん→大輔くん、地味ですが、こういう細やかな所が地味にスキ
    ナイス ★29 コメント(0) - 4月7日
    5作目だけど、今回は私自身が横須賀線利用するようになったので、今まで以上に楽しく読めた。
    ナイス ★57 コメント(0) - 4月6日
    お話三つ。なかなか良かった。家族の情愛の話ばっかりだったな。血がつながっているから籍を入れてるからって努力しなければ家族にはなれないのだ。多分智恵子と栞子もそういうことなんでしょうね。
    ナイス ★26 コメント(0) - 4月6日
    最終巻に向けての復習第5巻。 大好きなブラックジャックが登場して嬉しい。「一巻」でもそんなに収録作品が違うなんてビックリ。マニアにとっては、集めるの大変だろうけど集めがいありそう。 栞子さんが悩みを打ち明けた時の五浦くんの答えが最高。
    ナイス ★32 コメント(0) - 4月5日
    大輔くんと栞子さんの恋が実りましたが、今後の展開に何があるのか恐ろしい(汗)お母さん、田中…恐ろしいですが楽しみです(^^;;
    ナイス ★61 コメント(6) - 4月3日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ

    三上延の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    ビブリア古書堂の事件手帖 5巻をシェアする

    ビブリア古書堂の事件手帖 5巻の 評価:62 感想・レビュー:4794