ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

感想
3478
  • ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)
    258ページ
    11739登録

    あらすじ・内容

    ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。
    同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。
    なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――
    スカっとできて最後は泣ける“すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー”

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(7805)

    ヤマモトの台詞の部分は口を動かして読みました。人生そんなに悪いもんじゃない。
    ナイス ★14 コメント(0) - 4月30日
    面白くって一気読み!終盤、予想外に泣けました。ハッピーエンドで良かった。
    ナイス ★19 コメント(0) - 4月30日
    仕事に対する価値観が変わるわけではないけど、自分の人生は自分で決める権利がある。 楽しくなく生きるのって辛いよね。
    ナイス ★16 コメント(0) - 4月30日
    久しぶりにストーリーに夢中になったので一気に読み進めて、ついさっき読み終わりました。 ストーリー後半の主人公が会社を辞める瞬間のシーンにスカッとしました(笑)。 現代社会を見事に風刺した作品だと思います。 実はこの本の初版発行日、電通事件より前なんだよな…。
    ナイス ★21 コメント(0) - 4月30日
    先の読書の勢いから一気に読み終えた。いや、正しくはじっくり読むと泣きだしそうになるほど心境によってグッとくる作品だった。人間生きていくうえで働くことは切っても切り離せないことが多いのだけれど、体調を崩してまで働くことにしがみつく必要なんてないんだ。それだけ今は誰もが不安を抱えている社会だということ。ヤマモトのように手を差し伸べる勇気を持てる自分でありたい。
    ナイス ★45 コメント(0) - 4月29日
    一つの職場で失敗したからといってどこへ行ってもダメということはない。向き不向きということもある。でも、隆の場合は人間関係が悪くなければ、そして会社がマトモだったら案外営業の仕事の適性はあったと思うんですが、不運でしたね。真面目に愚直に生きる人が生きづらい現在はやはり社会が病んでるんだなぁと感じました。
    ナイス ★73 コメント(0) - 4月29日
    あっという間に読みおわりました。最初は空想的な話かと思ったけど違いました。働くって大変なことだよと新人君に言いたいですね。話は純粋によかったです。
    ナイス ★16 コメント(0) - 4月29日
    最近忙しくて積読本を読む気になれずにいた時目に留まった一冊。あっさり読めたけど考えさせられました。過労自殺のニュースに対して「死ぬくらいなら辞めれば良かったのに」という声を聞きますが、長時間労働が続くとこの途方のない日々が永遠に続いて、他には道がないように思えてしまうんですよね。つまり辞めるという選択肢を考えられなくなるくらい追い詰めてしまうことが問題なわけで。そんな社会を変えるのは難しいけど、自分の人生は自分のために、大切な人たちのためにあることに気付いて立ち止まってくれる人が少しでも増えますように。
    ナイス ★34 コメント(0) - 4月29日
    さらりと読めるし、話の展開も読めてしまうが面白かった 職場が合わず、しかも仕事の失敗をしてしまった時は、自分って何て駄目なんだろうと思ったり、職業のやり方も変なのに何が正しいのか分からなくなったり、苦しいものだよなと思う しかし死ぬという選択をするくらいなら、その場所から逃げてもいいと思う
    ナイス ★28 コメント(0) - 4月29日
    ☆☆☆☆☆
    ナイス ★10 コメント(0) - 4月28日
    読みながら「身体壊してまで働くことはない」と旦那が言ってくれたあの日を思い出して泣けてきた。働かなくちゃ生活できないけど、自分を殺してまで働くことは生きる事ではない。自分の人生は半分自分のため、半分は大切な人のためにあるという言葉が好き。そろそろ五月病の季節。いろいろしんどい時期でもあるので、なんだか仕事辛いなーって人はこれ読んでほしい。仕事楽しい人も読んでみて、周りに優しさを振りまいてほしいかな。
    ナイス ★35 コメント(0) - 4月28日
    映画化されるので読んで見た、それで最後どうなったのよく分からない、これも時空を飛び越えた話ということ。ほとんどシノプシスに毛の生えたような小説であるため、映画はかなり脚色が必要となりそうだ、逆にそれだからこそ映画化を目指したのかもしれない。
    ナイス ★22 コメント(0) - 4月28日
    あとがきで本人が書いているとおり、小説としては確かに荒削りな部分があることは否定できないでしょう。けれども昨今の過重労働、パワハラ、果ては自殺など会社を取り巻く多くの問題と悩む人々を、どうしても黙って見ていられなかったのではないでしょうか。たった一人でもいい、何とか悩む人の助けになりたかった、そんな気持ちが伝わってくるように思いました。「現実はこんなキレイ事じゃ済まされない」と思う人がいる一方、「この本を読んで救われた」と思う人も必ずいるはずです。
    ナイス ★39 コメント(0) - 4月28日
    人生の中で仕事がもつ価値の割合は結構高い。その仕事が自分に合っているとか少なくとも行きたくないと思わないならすごく幸せなことなんだろう。幸せになることを諦めないで生きていけー。
    ナイス ★33 コメント(0) - 4月27日
    Aya
    面白くてスピード感あって、1日で読めた。映画予告チェック済だったからヤマモトはもちろん福士くんで脳内再生。なんと愛らしい。死んだらだめな理由が悲しむ人がいるからっていうのがちょっとな…。悲しむ人の事なんて考えてられないし、悲しむ人の為に辛いの耐えてられないよって思ってしまうタイプなので。
    ナイス ★29 コメント(0) - 4月27日
    あっという間に読めるけど心に残る1冊。あ、仕事って辞めてもいいんだってなんだか肩の力が抜ける。確かに毎日仕事して、自分の時間なくて楽しくないなんて嫌だもんね。。
    ナイス ★36 コメント(0) - 4月27日
    ☆4.0
    ナイス ★13 コメント(0) - 4月26日
    彼女が勧めてきて読む。 全体的にはいいが、 仕事を盗んでた先輩の最後の激励に対して、はい!っと元気よく返答する所が理解できない。 まるで雲ひとつない晴天のような気持ちいい返事をしたのか。 自分だったらなんだこいつって思うだろう。 山本のようなハキハキとした気持ちいい青年になりたい。
    ナイス ★34 コメント(0) - 4月26日
    (図書館)納得してしまいながら、いやでもまだ自分はマシだし とも思いつつ、読了。こういう本を読み終えたというだけでも、今後の力になれそう。
    ナイス ★27 コメント(0) - 4月25日
    3.0/5.0
    ナイス ★13 コメント(0) - 4月23日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    北川恵海の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    ちょっと今から仕事やめてくるをシェアする

    ちょっと今から仕事やめてくるの 評価:62 感想・レビュー:3478