ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

感想
3221
  • ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)
    258ページ
    10799登録

    あらすじ・内容

    ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。
    同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。
    なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――
    スカっとできて最後は泣ける“すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー”

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(7132)

    読みやすいけれど、侮ってはならない本、という感じでした。ひたむきに頑張るだけが人生じゃない。周りの人の支え。教わることが沢山ある本です。社会人となる今、読むことができて本当に良かった!辛くなったらまた読もう!!
    ナイス ★1 コメント(0) - 2月26日
    かなり読みやすいので あっという間に読了。理不尽な職場で心身共に限界のたかしがヤマモトとの出会いで変わっていく。過酷な労働で新入社員が自殺した事件があった、どうかこの物語のように、逃げる事も選択できるといいなと思った。
    ナイス ★36 コメント(0) - 2月25日
    「ちょっと今から仕事やめてくる」というタイトルにたどり着くまでの話です。 読みやすくて一気読み!アフター5でさくっと読了しました。 少し誇大表現かもしれませんが、人生の生き方は一つじゃないという事を教えてくれる小説で、元気の出る一冊です。 今後、辛い時は試しに「ヤマモト」と「大漁」で飲んでいる自分を想像する事にしてみます。 キモいと思われるかもしれませんが、辛いままよりはマシである(苦笑)。映画化決定とのことで、映画版も楽しみです。
    ナイス ★25 コメント(0) - 2月25日
    う~ん……ストーリーにしろセリフにしろ、ちょっと綺麗事すぎるなと思う点が多々ありました。クサすぎるというか、ベタすぎるというか、軽すぎるというか。「働く人ならみんな共感!」って謳っているなら、もうちょっと深いところまで「仕事」というものを問い詰めてほしかったですね。「ヤマモト」のキャラ設定は良かったけど。 ただ、これから働き始める人(特に学生)に「死ぬくらいなら逃げろ、仕事なんていくらでもある」ということを教えるにはもってこいの本だと思います。就活中の学生は一度読んでおくべきなのではないでしょうか。
    ナイス ★19 コメント(0) - 2月25日
    物語にグイグイ引き込まれて、気が付けば一気読みしてしまいました。この世の中では誰もが何かしらの苦しみや孤独を抱えて生きています。でもどこかで必ず自分の味方をしてくれる人もいる。この物語はそんなことを教えてくれている気がします。前に進む勇気をもらえた1冊でした。
    ナイス ★21 コメント(0) - 2月25日
    TK
    もっと面白おかしい内容かと思ってました。深いお話ですね。嫌いじゃない。
    ナイス ★31 コメント(0) - 2月24日
    とても読みやすくて、読み出したらスラスラと読めました。主人公と、その親友的ポジションの二人のキャラがとても好きです。自分の人生は、会社のためにあるんじゃない。「自分の人生を変えることは、もしかしたら、周りの大切な誰かの人生を変えることに繋がるのかもしれない。」自分の人生は、自分で変えられる!読み終わってから、とても清々しい気分になれました(*^^*)!
    ナイス ★29 コメント(0) - 2月24日
    ☆4 珍しく同僚から借りて読んだ。2時間くらいでサクッと読めます。ヤマモトみたいな友人が欲しい。思い立ったらすぐ飲みに行ける環境は、車社会の地域に住む者としては素直に羨ましい。五十嵐先輩はもっとやっつけられて欲しかった私は性格悪いだろうか。。主人公とその母親との電話での会話は、私が本当に参っている時に、母と交わした電話の会話とそっくりで、思い出して泣いてしまった。 同僚と感想を言い合いたかったが、そんなつもりはないようだった。だったら自分で買って読んだのに。
    ナイス ★28 コメント(1) - 2月23日
    バイト2回目で読了(笑)あっさりと読みやすい本だったけど、就職したばかりの子どもが居るとちょっとザワザワする。それにしても鈍すぎと言うかお人好しと言うか…その先輩だろ!?とかずっとやってたんじゃないの!?とか思いながら読んだ。
    ナイス ★58 コメント(1) - 2月23日
    電撃小説大賞受賞作。面白かった!就職難のご時世で天職を見つけ出すことは奇跡に近いが、だからと言って今の職にしがみつき会社の為に自分自身を殺す必要は無い。諦観のサラリーマン悲哀には同情するし、理不尽な言葉や嫌な事なんて良い事以上に忘れられない苦しさも理解出来る。そこを打破出来るか否かの境目が難しい。 不思議な友に心救われ大事なモノを思い出す。「お前の人生の半分はお前のもの。後の半分は誰のもの?」にはハッとさせられた。ミステリー要素も盛り込まれ、最後は2人ともが救われたであろうラストにホッとした!
    ナイス ★38 コメント(0) - 2月23日
    ブラック企業にこきを使われ、無意識のうちに線路に飛び込もうとした隆をヤマモトと名乗る男が助けた。 隆は会社を辞めるという選択がなく、イヤなら死ぬしか考えられなくなっていた。 この小説は色々な立場から考えさせられた。仕事を辞めるのなんて簡単に言うなと言う隆の気持ちもわかる! だが、死ぬなら…仕事辞めてゆっくりしなよと言うヤマモトの気持ちの方がよりわかります。 ヤマモトは自分と同じ思いをさせたくなくて、必死で初対面の隆を助けたんだね。 大切な人を失った家族のことを考えて…。
    ナイス ★35 コメント(0) - 2月23日
    仕事が本当につらい時には読んでほしくもあるし、読まないほうが良いとも思う。この現代、主人公の隆に自分を重ねてしまう人もいるだろう。なんにせよ気が付いたら読み終わってしまう本だった。 ちょっとした偶然が重なっただけかもしれないが、それでも助かる人間は確実に居るだろう。自分もヤマモトに出会えるのか、あるいはヤマモトになれるのだろうか。そう考えてしまう。 ネタバレにはならないと思いたいが、主人公の実家が山梨にある。なるほど山梨からなら出たくてもおかしくはない。地元が出るのは嬉しい。
    ナイス ★37 コメント(0) - 2月22日
    とても読みやすかったです。私は勝手に、仕事を辞めて起業する人のお話かと思ってました…が!!いい意味で裏切られました。仕事をしてる人もしていない人も読んでほしい一冊。隆を通して今の自分や今働いている会社のことを客観的に見れました。読んで良かった。
    ナイス ★37 コメント(0) - 2月22日
    迷惑になるならいない方が、、仕事辞めるなら死んだ方が、、死んだ気持ちで生きる隆の姿に胸がつまる。実際に涙が出る作品は滅多に出会わない中、この一冊はある人物が二度目に楽になろうとした場面で号泣した。転職については辞めな辞めな!と簡単には言えない。苦悩しながらも続けてきた人だからわかることもある。ただ「幸せ」を求めた隆の生き方は逃げたというより選択肢を変えたという見方をしたい。「声を殺して」ではなく「声を出して」泣けた隆はきっと大丈夫。苦しくて読む気力すらない人でもさらっと読める点もこの本の思いやりに感じた。
    ナイス ★41 コメント(0) - 2月22日
    映画予告編を観て原作を読みたくなった。さくっと軽くすいすい読めました。生きるのは自分のためだけじゃないっていうありきたりなようで大切なことを再認識させてくれる1冊。
    ナイス ★26 コメント(0) - 2月21日
    さらっと読破。ヤマモトええやつすぎる!!こんな人に出会ったら泣いてしまうわ。。。高圧的な上司、プライドの高い先輩、見て見ぬふりの同僚、、、社会あるあるの出来事で追いつめられる主人公に共感した。自分を戻れないところまで追いつめてしまう前に、きっぱりNOと言って「ちょっと今から○○やめてくる!!」って行動したいものだ。
    ナイス ★29 コメント(0) - 2月20日
    斬新なタイトルですが、そこにたどり着くまでにどれだけ苦しかったか読み終わったあとのタイトルと、読む前のタイトルのイメージとはかなり違うはずです。読もうか読まないかって人は絶対読んどいた方がいいです。心がスカッとして気持ちよかったです笑
    ナイス ★28 コメント(0) - 2月20日
    粗筋からある程度話の運びは予想がついていましたが、真相には驚きました。これは気づきたかったなー。主人公が働く企業のブラックぶりはすごいけれど、本当にここまで酷いところはどのくらいあるんでしょうか。教え子が行く会社がこんなところでないことを祈りつつ、今はかなり転職の話も聞くので、その可能性を忘れないようにして欲しいと思いました。私ならさっさと辞める!とは思うものの実際にそういう立場になってみると、洗脳されて無理なのかもしれないですね。親しい友人や家族、愚痴を言える人の必要性を強く感じました。
    ナイス ★38 コメント(2) - 2月20日
    心にすっと入ってきた。何かを途中でやめることは、負けを認め逃げるような気がして敬遠されることだと思う。でも、負のループから抜け出し次の一歩を踏み出す勇気と捉えると、それからの生き方がまるで違うものになるはず。どうにもならない仕事、結婚、友達・・・から一歩踏み出す勇気。悲しい出来事が一つでも減りますように。
    ナイス ★36 コメント(0) - 2月19日
    すいすい読める。感動。うるっときた。
    ナイス ★24 コメント(0) - 2月18日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    北川恵海の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    ちょっと今から仕事やめてくるをシェアする

    ちょっと今から仕事やめてくるの 評価:80 感想・レビュー:3221