コウノドリ(16) (モーニング KC)

感想・レビュー(278)

【レンタル本】久々のレンタル。今回は身近に感じられる、総合病院でなくとも産婦人科ではよくあるようなテーマが中心だった。帝王切開後の自然分娩、子宮筋腫…身近なテーマだけれども何事もなく子どもを産むことが当たり前ではないんだということを改めて考えさせられた。小松っちゃん、早く幸せになりな~!てか、先生、良い仕事しましたね(笑)
ナイス ★38 コメント(0) - 4月26日
VBAC経験者としては本当に無事に出産できたことが幸せだったと改めて思った。筋腫もあるし16巻はなかなか身近で思うところの多い巻だったな…小松さんの恋の行方はどうなるのかな〜小松さんには幸せになってほしいな〜
ナイス ★4 コメント(0) - 4月21日
【丸図書】
ナイス ★2 コメント(0) - 4月21日
tae
出産はほんとに十人十色だなあ。時々クスッとさせられました。サンドイッチマンの伊達さんみたいな旦那さんが奥さんに殴られたのか血が出てたり眼鏡が割れてたのが笑えたw小松さんとジョージさんの恋の行方も気になるところです。
ナイス ★2 コメント(0) - 4月16日
「おいおい 人が飯食ってんだからさぁ…… そういうの余所でやってくんない 味がわかんなくなるんだよ」 「あの2人はいつだって妊婦と赤ちゃんのことを一番に考えてるじゃん」 「絶対安全なお産なんてありませんよ」 「他人に迷惑かけたっていいじゃないか」 「もう私と結婚しちゃうか?」「イヤです」 「オレが連れて行く」 「すべては赤ちゃん次第ってことですかね」
ナイス ★2 コメント(0) - 4月11日
帝王切開後の経膣分娩…リスクをおってまで、そんなにしたいものかなぁ…まぁ人それぞれだけど…と、私はいまいち共感できず。四宮先生のテンションと同じです。でもあの旦那はムカつくな。
ナイス ★1 コメント(0) - 4月7日
VBACのことは知ってましたが、リスクがあるので選択するのに勇気がいることだと思う。子宮筋腫の話は、他人事ではないと思うので、40歳になったら検診を受けてみたい。
ナイス ★3 コメント(0) - 4月6日
この巻は妊婦さんじゃなくても考えさせられる巻だよね~ 子宮とどう向き合っていくのか、女性にとっては大事ですよね。
ナイス ★3 コメント(0) - 4月3日
子宮筋腫でお腹ボコボコ妊婦さんになるのは初耳だった。小松さんの恋が叶いますように!
ナイス ★5 コメント(0) - 3月29日
とにかく、妊娠出産にかかわる様々な事柄を知るいいきっかけになる作品。今回は帝王切開の後の普通分娩とか、よさげに聞こえる情報だけで浮かれて選択の自由と希望する妊婦側と、それを行うためにどれだけ医療側に懸念される問題があるのかの戸惑いを通して、患者が希望することを気軽に考えていることと、その現実のギャップをいつもうまく描いていると思う。後半で、まさかの四十路の恋愛を描いてくるとは思わなかったというか、最近の流れでベイビーの設定忘れそうだった。作画がドラマに引っ張られてサクラが役者に似てた(笑)★★★★★
ナイス ★5 コメント(0) - 3月13日
VBACは医師からすれば、やりたくないんだな~。 リスクの高すぎる選択をあえてするのは色々理由があるだろうけど… 赤ちゃん第一でママは考えないといけないな。 倉崎先生の人に迷惑をかけられない、かけたくないって 気持ちが痛いほど分かる。 その気持ちを持ち続けることが大事なんだなと 身に沁みる。 子宮筋腫のことも勉強になりました。 さて、小松さんの恋の行方も気になるけど… コウノドリ先生は…?
ナイス ★5 コメント(0) - 3月12日
VBAC(帝王切開後の経膣分娩)、300日規定、子宮筋腫のお話。まだまだ知ること学ぶこと気付くことっていっぱいあるな。鴻鳥先生と四宮先生は意見が正反対でいつも対立してしまうけど、妊婦と赤ちゃんを一番に考えているというところは同じ。ただ、そこに向かう道筋が違うだけ。正解は1つじゃないのだから、いろいろなメリットデメリットをしっかり考えて選択しないといけない。医者だけでなく患者も。出てくる夫っていい人あまり出てこないなぁ。少し成長したり、少し責任感を持ったりするところが救いやけど。
ナイス ★3 コメント(0) - 3月8日
子宮筋腫の話が他人事ではありませんでした。婦人科検診をしっかりと受けないといけないなとハッとさせられました。
ナイス ★3 コメント(0) - 3月6日
絶対安全なお産なんてありませんよby四宮。産まれてきたことに感謝。
ナイス ★9 コメント(0) - 3月3日
小松さんの恋がちょっとずつ進展しそうで、読んでてムズムズしちゃう。幸せ掴めると良いね。
ナイス ★4 コメント(0) - 3月3日
病気じゃなくても、産むときは命がけ。
ナイス ★15 コメント(0) - 2月22日
レンタル
最近いつにも増して涙もろくなっており、この巻もこれといった感動シーンが無いにもかかわらず「それは辛いよね」、「理不尽だよね」(←300日規定)と涙がじんわり。本巻は帝王切開後の自然分娩(VBAC)や300日規定、子宮筋腫と、やはり身近な事象が取り上げられている。VBAC、出産のリスクや母親の負担に対して無知なまま、「やりたいようにやればいい」と投げ出す男に怒りが湧いた。「子育て手伝う」じゃねえよ!「一緒に子育てする」だよ!きっとこの人はたいして子育てしないだろうな。ビシッと言う四宮先生かっこよかった。
ナイス ★10 コメント(0) - 2月12日
VBAC(ヴイバック) 「Vaginal Birth After Cesarean」の略。子宮破裂とは赤ちゃんがまだ子宮の中にいるうちに子宮が破れてしまうことです。とても危険な状態で一刻を争います。
ナイス ★5 コメント(0) - 2月5日
矢部さんの旦那がどうみてもサンドウィッチマンの伊達さんにしか見えなくて面白い
ナイス ★3 コメント(0) - 2月4日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

コウノドリシリーズ

人気の本

この本を読んだ人がよく読む本

コウノドリ 16巻をシェアする

コウノドリ 16巻の 評価:50 感想・レビュー:78