ちはやふる(32) (BE LOVE KC)

感想
488
  • ちはやふる(32) (BE LOVE KC)
    176ページ
    1699登録

    あらすじ・内容

    高校最後の全国大会。団体戦3位決定戦。だれもが息をひそめ、期待と祈りで手を握りしめる中、千早は運命の対戦となった新を相手に、静かに集中を深めてゆく。一方、今年の頂点を決する戦いは、ヒョロ率いる北央学園と、王座奪還を狙う富士崎高校の対戦に。自分を信じ、仲間を信じ、夢を叶える場所。そこには、一度はチームを離れた太一の姿が――。勝利の涙も、後悔の涙も。すべてを拭って次へと進め。挑む者たちに道は拓く――!

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(1489)

    北央おめでとうー。太一戻ってきてくれてありがとー。甲子園じゃないけど、3年の夏が終わったよ。あとは、個人戦。詩暢ちゃんとの対決。いい試合してたけど、やっぱりクイーンは強かった。
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月22日
    昔から、不憫なイケメンが好きなんだな~…。王道の鉄板イケメンで好きなのは、真壁俊とハクだけ。あとは、伊集院忍より青江冬星、朱里より揚羽、カイル皇子よりルサファ。という私が、新より太一を好きなのは、ある意味当然だと思う。(大真面目。)でも、机くんも肉まんくんもヒョロくんも好きー!みんな、いい子なんだもん。なのに、新に対する気持ちだけは、なぜかフラット。(笑)でも、いいんじゃない? 新はほっといても。千早の想い人なんだから。…って、全然本編の感想になってない。(^^;
    ナイス ★4 コメント(0) - 4月21日
    図書館本。やっと借りれました。北央の優勝と太一にかけよるシーンで涙腺は前半で崩壊。思い切り拍手をしたり、詩暢ちゃんのタスキをつけてあげたり、千早はほんと人を好きになれる子なんだなと感心してしまう。次を示した太一は表情が随分変わって…!!笑顔を練習している桜沢先生も可愛いけど新たちの顧問の先生もいい先生だな。子どもたちの青春を読むのも楽しいけど(それこそ先生たちと同じ心境で見てるかも)先生たちを見ているのも面白いのですよね。
    ナイス ★23 コメント(0) - 4月20日
    拝借本。団体戦はヒョロ君率いる北央が辛勝。おめでとうと素直に祝いたい。瑞沢の面々と太一が抱き合って泣くシーンも良かった。泣いても笑ってもこれが最後の夏、甘酸っぱー! さて団体戦の後は個人戦。準々決勝でまたもや詩暢と当たってしまう千早。団体戦で新を破った千早を敵認定する、詩暢の無自覚の仲間意識がなんとも可愛い。7枚差で負けるも、次はクイーン戦で雪辱を晴らせ、千早。ところで、桜沢先生と真琴の区別が時々つかない。私だけかしら……。
    ナイス ★20 コメント(0) - 4月19日
    あたりまえだと思ってる事って実はそうじゃないんだよね。身体の事言ってたけど、そのまま太一に置き換えて考えちゃったなぁ
    ナイス ★7 コメント(0) - 4月12日
    ヒョロくんにやっと栄光が…。そして個人戦 ちょっと駆け足
    ナイス ★5 コメント(0) - 4月9日
    順番逆になってしまった。この話の次に33巻の太一がくるのね。千早は、二度と戻らない時間の大部分に太一がいたこととその意味にいつ気づくのかな。気づかないのかもしれないな。それが高校生だもんな…。
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月6日
    再読。心の外にエンジンを置く。そのエンジンになりたいと思った。今日の授業はそういう話をしよう。自分1人の力ではダメだ。無理だ。と思った時に支えになれるようになりたい。
    ナイス ★5 コメント(0) - 4月4日
    コミックレンタル
    ナイス ★2 コメント(0) - 4月2日
    私よ。かるたは千早ちゃん。着物の世界に仲間を増やすのは、私の役目よbyかなちゃん
    ナイス ★7 コメント(0) - 3月26日
    ◎/ヒョロくんと優華璃嬢に乾杯。
    ナイス ★8 コメント(0) - 3月21日
    前巻から間が空いた。表紙、良いなぁ。3人とも和服が似合う。木梨、北央、オメデトウ!理音の、「先生に微笑んでほしかった・・・」という言葉が美しい。人のかるたを受け入れろ 人の強さを 自分のかるたしか取れなければ クイーンの寿尿は短いぞ>周防名人は判ってるんだろうなぁ。詩暢ちゃんはどうするのかな?誤読(笑)。
    ナイス ★6 コメント(1) - 3月20日
    強豪北央。始まる個人戦。個人戦は団体戦。 自分以外の大好きな人がエンジンになる。
    ナイス ★5 コメント(0) - 3月20日
    良くも悪くも独りでやってきたクイーンの世界にやっと踏みこめた気がする千早
    ナイス ★4 コメント(0) - 3月4日
    (無料)
    ナイス ★1 コメント(0) - 2月24日
    レンタル
    ナイス ★19 コメント(0) - 2月24日
    いよいよもって喜八洲のきんつばを買ってこなければならない。箱入りで。(団体戦の結果がでそろい、翌日の個人戦へ!)
    ナイス ★8 コメント(0) - 2月22日
    『エンジンを外側にも置く 自分じゃないけどじぶんのようか 大好きな人たちに持っていてもらう』太一、来てくれたけど、颯爽と帰ってしまった。でも、『次の試合』を見据えていて変わったなと思った。一年や二年の時のように怪我せず、万全の状態の千早がクイーン相手に七枚差。だんだん近づいている。
    ナイス ★23 コメント(0) - 2月21日
    優勝を決める運命戦でついに実ったヒョロ。笑顔の練習する桜沢先生のかわいさ。かるたへ復帰する太一の決心。詩暢ちゃんと三度決戦。今回も届かず。しかし確実に喉元まで迫ってきている。
    ナイス ★8 コメント(0) - 2月4日
    mie
    ヒョロくん、おめでとう!詩暢ちゃんクィーンになってからなんか怖いよ
    ナイス ★18 コメント(0) - 2月4日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    ちはやふるシリーズ

    末次由紀の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    ちはやふる 32巻をシェアする

    ちはやふる 32巻の 評価:48 感想・レビュー:488