ちはやふる(33) (BE LOVE KC)

感想
501
  • ちはやふる(33) (BE LOVE KC)
    176ページ
    1538登録

    あらすじ・内容

    千早が仲間と挑んだ全国大会団体戦。最後の戦いを見守った太一が残したのは、次なる道をともに進むという約束だった。翌日、史上最多の出場者が集う個人戦が開幕。その頂点を決する場所・浦安の間。そこは、冬のクイーン戦へと続く舞台。千早はいまふたたび、女王・若宮詩暢に挑む。一方、新も、太一の決意を胸に勝ち上がる。強豪ひしめく最終戦。勝負の行方は――!? 強くなりたい――。いま、この瞬間、すべてをかけて挑む!!

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(1331)

    『肉まんくんの毎日は瑞沢を強くしてくれる毎日だった』の場面では、千早、肉まんくんと一緒に号泣してしもーた…。机くんに、かなちゃんへの想いを告白させたのも、肉まんくんだった。この巻での主役は、肉まんくんじゃないかなぁ。桜沢先生の言葉にも感動。各校それぞれに、それぞれのドラマがある。どの学校も素晴らしくて、どの学校も応援したくなる。なんか、すごいな。
    ナイス ★1 コメント(0) - 4月30日
    よんだはず
    ナイス ★3 コメント(0) - 4月29日
    かるた各階級決勝戦。「個人戦は団体戦。」新他の藤岡東高校(弟を応援する兄が~ツボ)、ヒョロの北央、桜沢先生の富士崎、どの学校にもドラマがある。途中敗退のちはやは決勝戦では見守る側だが、瑞沢高校からも3人が決勝に出場。(・・・菫ちゃんへの仲間の反応が~)。今回の瑞沢貢献者NO1は、間違いなく準決勝敗退の肉まん君。私的には決勝読手の五十嵐7段の、決勝前の「つぶやき」がけっこうツボ。新からの「告白」に対するちはやの答えを聞いた、詩暢母の反応、貴女が正しい。チームを、仲間を持たないクイーン詩暢、いよいよ動く。
    ナイス ★5 コメント(0) - 4月27日
    新と詩暢ちゃんの試合も触れたいし、瑞沢メンバーも語りたいけれど、まずもう桜沢先生に持ってかれた。泣いた。先生可愛すぎるし、笑ったし、泣き顔が美しくて言葉も響いて、素敵です先生。でもエンジンをエジソンに変換してしまった私の脳残念だ…。 そして新が強くなろうとチームやみんなの力を借りて勝ったのに対して、詩暢ちゃんは一人で戦って負けてしまった。その一人であることと一人じゃないことによって強さや乗り越えられる壁も違ってくるというのが伝わって、人は一人では生きられないというのと同じことかなと思った。つづき→
    ナイス ★9 コメント(1) - 4月26日
    肉まんくんカッコ良すぎ
    ナイス ★7 コメント(0) - 4月24日
    新、優勝おめでとうー。お疲れ様でした。あと、机くん、かなちゃんはやっとだー(*'∀'人)♥*+詩暢ちゃん、変わって、更に強くなる予感。
    ナイス ★10 コメント(0) - 4月22日
    高校最後の全国大会の準決勝と決勝。名人を目指そうとしてる者が高校で団体チームを作る。側から見たら遠回りや無駄な事だと思うかもしれない。でも個人戦でしか得られないものがあり、仲間と叱咤激励しながら切磋琢磨することでしか得られないものもある。新はチームで戦う喜びと心強さを感じることによって、小学校時代の懐かしくもあり心地よいあの空間から飛び立つ決意をする事ができた。そして詩暢も千早の決意によって一歩踏み出す決断をしたから、これからどうやってさらに強くなってくのか楽しみ。
    ナイス ★15 コメント(0) - 4月22日
    図書館本。32巻ついでに33巻も続けて読もうと借りてきました。個人戦でのそれぞれの思い。個人だけど一人じゃない。仲間がいるからこそ更に強くなれるんだと、新と詩暢ちゃんが変わっていく。他の部もそうだけど瑞沢かるた部の皆も素敵に成長してく。それを見れるのが教師の醍醐味ですね。先生方の思いを読む度に泣きそうになる。でも今回はやはり肉まんくんだなー。
    ナイス ★21 コメント(0) - 4月20日
    拝借本。表紙、筍にぼうぼうアオカビが生えている状の物はナンダロウ……と凝視。「青い毬栗?」と気付いて芭蕉の句を思い出す。秋風の 吹けども青し 栗の毬。千早の夏は終わりぬ。個人戦A級は新が連覇、「個人戦は団体戦」を体現した戦いぶりだった。それはC級D級を制したかなちゃんと菫ちゃんも同じ。机君はヒョロ君に負けたけれど、立派な戦いだった。かなちゃんとお幸せに。そして肉まん君、カッコ良し。そんなみんなの姿を目の当たりにして、詩暢にも変化の兆しが表れる。1人じゃなくなりつつある詩暢は、更に強さを増すのだろう。
    ナイス ★23 コメント(2) - 4月19日
    ホントにいいマンガだなぁ(T-T)机くん、かなちゃん、肉まんくん、その他…。脇を固めるみんなもスゴくいいよね。
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月13日
    かなちゃん母の名言や新の勝利、桜沢先生の涙…印象深いことの多い巻だったけど。この巻で一番カッコよかったのは、肉まんくんだと思う。
    ナイス ★6 コメント(0) - 4月12日
    あらた〜〜
    ナイス ★5 コメント(0) - 4月9日
    千早も太一も新も、みんなキラキラして素敵だけど、一番尊敬するのは肉まんくんだよ。
    ナイス ★12 コメント(0) - 4月5日
    再読。机くんとかなちゃんと肉まんくん。面白い話は脇役が活きてる話。
    ナイス ★5 コメント(0) - 4月4日
    コミックレンタル
    ナイス ★2 コメント(0) - 4月2日
    『いつか当たると思ったんやろか。自分一人では越えられん壁に』手に入れたいものほど、手放す……。一人きりでは強くなるにも限界あり。若宮クイーンの最後の決断もまた、千早たちと出会ってからの歩みだと思えば、とっても深いです。ますます目が離せませんね!
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月30日
    肉まんくんの毎日は、瑞沢を強くしてくれる毎日だった。肉まん君が・・・全部教えてくれた、基礎も、理論も、根性も。きっと、下の子たちに残るのは、肉まん君のいったことだよby綾瀬
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月26日
    机くんの告白や、背中押してくれた肉まんくんや、桜沢先生の笑顔&涙等々、心に残る巻でした。しかし太一の出番が全然なかった~!
    ナイス ★11 コメント(0) - 3月25日
    ◎/机くんとかなちゃん……!!!すみれちゃんもえらい!!肉まんくんもえらい!!桜沢先生の笑顔と涙に胸が詰まった。
    ナイス ★8 コメント(0) - 3月22日
    ほんとに肉まんくんが一番かっこいいと思うよねー!
    ナイス ★8 コメント(0) - 3月20日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    ちはやふるシリーズ

    末次由紀の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    ちはやふる 33巻をシェアする

    ちはやふる 33巻の 評価:62 感想・レビュー:501