ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

感想
313
  • ちはやふる(34) (BE LOVE KC)
    176ページ
    1080登録

    あらすじ・内容

    それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った熱く長い夏が過ぎ、千早たち3年生は次のステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩み……!? 一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(840)

    レンタル。がんばれ!みんな。
    ナイス ★6 コメント(0) - 4月29日
    将来をなげうってもおいもとめたいもの。自分の子供が そうなったらつらいな
    ナイス ★3 コメント(0) - 4月29日
    周防も須藤もツンデレ良い奴ですね
    ナイス ★3 コメント(0) - 4月29日
    レンタル 最初から推しなのは 詩暢ちゃんなんだよな、今回も孤独ななかでの彼女の葛藤がよかった。この作品のいいとこは キャラそれぞれの人生や考え方がきちんと描かれてるとこが好き。千早や太一だけじゃなくって、対戦相手や先生たちの物語があるとこがいい。名人周防さんも今回はよかった。 でもやっぱり詩暢ちゃん‼︎クイーン死守してね!プロになってね!大ファンです!
    ナイス ★14 コメント(0) - 4月27日
    ここのところ、若干ちはやにイラッとしている。しのぶちゃんかすおうさんの番外編みたいなの読みたい。
    ナイス ★7 コメント(0) - 4月27日
    いつか感じなくなる、とは儚く切なくきらびやかだと思った。高確率で幸せになってほしい、というのにも納得。
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月27日
    『高確率で幸せになってほしいのよ』は、まさに親心(笑)。世間の全ての親の望むところです。が、今しかやれないことがあるとしたらやるしかない!太一、ナイスフォローじゃ!そして詩暢ちゃんに向けて伊勢先生が仰ることは深いです。札だけが友達でテッペンだけを見てきた詩暢ちゃんは犠牲にするものはあっただろうが、それはそれで良かったのかも。(プロを目指す?)詩暢ちゃんと学生で学業両立予定のちはやとの闘いは今から楽しみです。
    ナイス ★30 コメント(0) - 4月26日
    クイーンしのぶちゃんの孤独…
    ナイス ★7 コメント(0) - 4月26日
    この巻は来るクライマックスのクィーン戦に向けての最後の修行(?)編といったところでしょうか。”やりたくないこともやる”という駒野先生の名言再び。クィーン戦に、受験、どちらも今が試練の時。普通だったら、片方を捨てて、もう片方に集中しないといけないような気もするんだけど。ここにきて読手の読みデータを集めているって、時期的に遅いんじゃと心配になりました。詩暢もなにか迷走しかけてるし。彼女の母親にイライラ。一見、優美な富士の高嶺は、実際行ってみると酷寒で暴風が猛る。これからの試合を象徴するようです。
    ナイス ★85 コメント(0) - 4月25日
    しのぶちゃんー! まさかの須藤さんにも泣かされた。
    ナイス ★13 コメント(0) - 4月25日
    名人とクイーンの変化がなんだか面白い。
    ナイス ★10 コメント(0) - 4月25日
    レンタル。クイーンを目指すべきか、受験に本腰を入れるべきか悩む千早。千早達3年生を見ていると、あぁ青春だな〜としみじみ思う。千早と須藤さんの組み合わせも面白い。詩暢ちゃん母子の温度差はもどかしいな。徐々に孤独から抜け出しつつある詩暢ちゃんが、いつか爆発するんじゃないかと思ってヒヤヒヤする。「こどもには、高確率で幸せになってほしいのよっ」千早母のこの言葉、名言だ‼︎
    ナイス ★42 コメント(0) - 4月25日
    レンタル。各自の進路で忙しいなかでちはやがクイーン戦に向けて悩んでもがいている姿が青春だなぁ。孤独の詩暢ちゃんにちはやの助言で会いに行く周防名人が好きだなぁ。
    ナイス ★37 コメント(0) - 4月24日
    3年生たちの高校最後の大会が終了し、いよいよ受験モード。千早は周防さんと詩暢ちゃん出演の競技かるたの番組を見て、受験とクイーンを目指すのを両立することに。かなり厳しそうだが、千早ならやってしまいそうな気がする。一旦かるたから離れるかなちゃん、机くん、肉まんくんにグッときた…。「かるたのプロ」である詩暢ちゃんのジレンマを感じる。純粋にかるたが好きな詩暢ちゃんに、例え番組企画のお遊びとはいえ、わざと負けさせるとかありえない。詩暢ちゃんのお母さんは、これが本当に彼女のためになってると思っているのかな。
    ナイス ★19 コメント(0) - 4月23日
    ここ最近は、詩暢ちゃんの葛藤が良く見えるな。かなちゃん、かわいいー。『ありがとう、うそって言ってくれて』(涙)
    ナイス ★23 コメント(0) - 4月22日
    高校最後の大会が終わり、競技かるたに一区切りがついた者とこれからも続けていく者に分かれ、千早は一抹の寂しさを感じる。そんな中でクイーン戦と受験勉強の狭間で揺れる千早だけど、テレビに出演していた詩暢の言葉と太一の言葉に触発されて両立する事を決断する。一方で詩暢はずっと抱えていた孤独と寂しさを、孤独になるきっかけを作った明星会と周防名人のおかげで解消する事ができ、また走り続けていけそう。机くんの言葉にうるっときて、須藤さんの夢は実現したらスゲー楽しそう(笑)
    ナイス ★28 コメント(0) - 4月22日
    かるた部のみんなが引退して線が出来て、ここからは千早も太一も本格的にかるたに人生を賭けていくのだな。詩暢ちゃんの母は子供のためと思ってやっているのかただのエゴなのか。かるたの声が聴こえなくなるような辛い思いはさせないで欲しいよ。須藤さんが真剣にかるたをしている事がわかって良かった。そして英文を読みながらスクワットの千早に久し振りに惚れ直した気持ち(●'w'●)
    ナイス ★31 コメント(0) - 4月22日
    ついに引退したけどみんな受験生の中、千早だけ名人を目指すのは中々苦痛だろうな。しのぶの話に妙に感動した。
    ナイス ★304 コメント(0) - 4月22日
    新刊を読むたびに、打ち込むものがあるっていいなぁと羨ましくなる。
    ナイス ★15 コメント(0) - 4月22日
    千早の受験勉強とクイーン戦への両立は、大変なことだと思うなぁ。しかも、なかなか成績が上がらないとなると…。机くんの教えである上達ポイントを参考に、頑張ってる。お母さんの気持ちもわかるけど、太一が言った「いつか"感じ"なくなる」っていう言葉が、今だ!!って言ってて、千早の気持ちに後押ししてる。やっぱり太一だなぁ。詩暢ちゃんの葛藤、呪い。周防さんの優しさ。色んな人の色んな思いが激しいなあ。
    ナイス ★19 コメント(0) - 4月22日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    ちはやふるシリーズ

    末次由紀の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    ちはやふる 34巻をシェアする

    ちはやふる 34巻の 評価:80 感想・レビュー:313