逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)

感想
151
  • 逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)
    168ページ
    521登録

    あらすじ・内容

    2016年最大のヒットドラマとなった「逃げ恥」の原作。ドラマの最終回とほぼ同時にこちらも連載の最終話を迎えて、それも話題になりました。最終巻となる9巻では、百合ちゃんと風見さんのその後を描いた番外編を加えて、お届けします!

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(394)

    最後までドキドキあり、ニヤニヤありで大変面白かったです。みくりさんと平匡さんのお互い話し合える関係は良いなあ。百合ちゃんの番外編はなかなか赤裸々な内容でしたが、風見さんの素敵さにやられました。
    最終巻。結婚と家事を話し合いでとことん突き詰めるみくりと平匡さんの姿勢はとても良いと思う。恋愛的には風見さんと百合ちゃんにほとんど持っていかれたなぁ! 特に番外編は切り込んだなって感じ。風見さんは若いのに余裕のあるいい男だなぁ。百合ちゃんよかった。
    ナイス ★2 コメント(0) - 3月25日
    最終巻良かった!みくりと平匡さんの、話し合いながら解決していく関係素敵。働きながらの家事についての「好意と感謝」など、相変わらず考えさせられることが多い。でも、重いばかりじゃないから良い作品。そして、百合ちゃんと風見さんの番外編。風見さんは最初の頃苦手だったけど、最終的には何てよい男性…!彼の「結婚」を「料理」に例えるくだりが好き。百合ちゃんの切なさを含んだ結論も。ドラマ後から原作手に取りましたが、とても好きな作品になりました。一人一人の選択が尊重される時代になればなぁ。
    ナイス ★7 コメント(0) - 3月25日
    大団円。
    ナイス ★1 コメント(0) - 3月25日
    最終巻。みくりと平匡さんのエピソードについては、ドラマを見ていることもあって、読んでてちょっと消化試合感がありました。しかし大団円でよかった。沼田さんにも良縁があったことが嬉しい。そしてその後の百合ちゃんと風見のエピソードがすごかった。百合ちゃんはフィクションの世界の人だけど、その生きる姿に感銘を受けました。いや、大げさかもだけど、何が起こってもこういう風に向き合える人っていいなって思った。
    ナイス ★6 コメント(0) - 3月25日
    ハッピーエンドで終わってよかった、よかった。
    ナイス ★8 コメント(0) - 3月24日
    ラストは百合さんと風見のお話がメインな感じでしたね。風見が凄まじくいい男でしたね。あんな余裕のある男になりたいものです…
    ナイス ★16 コメント(0) - 3月23日
    とうとう最終巻!ある意味、最終巻は百合ちゃんと風見さんのその後を描いた番外編がメインかも。 みくりも百合ちゃんも幸せそうでホントに良かった。
    ナイス ★14 コメント(0) - 3月22日
    何から語ればいいか分からないがともかく読んでいて学ぶこともあり幸せな気分になれる傑作でした。いずれ自分が結婚する時の参考にしたい。百合ちゃん初体験前のBGM紅蓮の弓矢はわろた
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月22日
    maa
    心待ちにしていた最終巻。発売日に手に入れて読み返すこと数回・・・。本編の平匡・みくりについては、落ち着くところに落ち着いたよね。と言った感じでした。そして、番外編がも~~(><) 最初に読んだときは思わずウルッとしてしまいました。百合ちゃんの初めてが風見さんで本当に良かった!!ってか風見さん本当に良い男。逃げ恥のキャラクター達の幸せな未来が続きそうなフィナーレで本当に良い作品でした。来週はDVD発売なのでそちらも楽しみ♪
    ナイス ★68 コメント(0) - 3月22日
    この漫画らしくあっさりと淡々と終った感じもしました。でも番外編もあって、みんながみんなそれぞれの解答をだした感じ。ゆりちゃんはなんだかんだで一番共感できるキャラだったな…。年齢は違うけど。勇気をもらえるセリフもゆりちゃんが発していた気がする。最後も全部もっていった。とはいえ、みくり達の結論も納得で要するに相手への感謝を言葉として伝え合わないとうまくいかないってこと。仕事と割り切っても心はわりきれない。日本の企業での働き方にあてはめてみたりして旧態然とした部分には良さも悪さもあったな、なんて感じてしまった。
    ナイス ★11 コメント(0) - 3月22日
    最後スッキリ収まって良かった。特にユリちゃん。最後のモノローグ、最初は普通のハッピーエンドとして読んでいたけど読み返してみて「この関係は長くは続かないのだろうけど」という言葉はユリちゃんの年齢的なものから来るものなのだなと思った。まだ私は風見さんの年に近いので感覚としてはわからないけど、ユリちゃんの年齢だと老いや死の方が近いもんね…。2人に長く連れ添って欲しいとは思うけど、その時々の葛藤も多そう。
    ナイス ★12 コメント(0) - 3月21日
    最後は百合ちゃんが全部持ってっちゃった感じですね。でも私はやっぱり結婚したいなー。
    ナイス ★46 コメント(0) - 3月21日
    今まで触れてこなかったテーマで、番外編まで描ききった作品でしたね。もう一度最初から読み直して、登場人物の変わっていく様を楽しみたいと思います。
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月21日
    最終巻、凄まじかった…なんでしょう、これ、海野先生…意地? あとがきの「調子に乗った時、普段行けないような遠くまで行けたりしますよね」。 みんなわかってるけど深く考えてないようなことを、ちゃんと、しっかり、考え抜いてるなぁと。本編通して思ったし、あとがき読んでもっと思った。
    ナイス ★13 コメント(0) - 3月21日
    あーーーゆりちゃん…丸い結晶のくだりが別の意味でじんじんくるなんて…いい最終巻でした。
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月21日
    百合ちゃんの番外編まで読めてよかった。
    ナイス ★8 コメント(0) - 3月20日
    とうとうコミックも完結。どの登場人物も納得の落ち着くべきところに着地した感じ。みくりちゃんと平匡さんの関係も結婚してもいろいろ模索して変化し続けていってほしい。そして初々しく始まった百合さんの恋路も…。
    ナイス ★21 コメント(0) - 3月20日
    結婚と仕事について、2017年の今の時代の価値観を、饒舌なネームと丁寧な絵で描ききった作品。日本の社会問題、地域問題心理学などなど幅広い話題を言葉を重ねて説明し、笑いを上手に混ぜながら解決案を提示していく。設定にリアリティはないが(主人公が就活に失敗した挙げ句派遣切りに遭ったとか、あんなバランスのとれた性格でそれはない。等々)、インパクトあるタイトルはだてじゃない、ユニークで唯一無二な作品だと思う。一番好きなのは番外編の50代女性の恋愛話。品性と官能。これを最期に持ってくる作者のサービス精神よ。
    ナイス ★14 コメント(0) - 3月20日
    すっかり社会現象になりましたが、最後まで丁寧にまとめてもらってうれしい。風見さんとゆりさんは意外といえば意外ですがこの作者らしい先取りにおもえる。年をとることをネガティブにとらえていると、確かに呪いのようにも思える。老化にお金は払いたくないが、経験をつむことにはお金を払いたい。
    ナイス ★16 コメント(0) - 3月20日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    逃げるは恥だが役に立つシリーズ

    海野つなみの関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    逃げるは恥だが役に立つ 9巻をシェアする

    逃げるは恥だが役に立つ 9巻の 評価:74 感想・レビュー:151