宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)

感想
120
  • 宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)
    304ページ
    745登録

    あらすじ・内容

    銀座の店「エトランジェ」を閉め、正義の前から姿を消したリチャード。新しい店の主として現れたリチャードの師匠シャウルから、情報を得た正義はイギリスへ飛ぶ。美しき宝石商を苦しめる過去の因縁とは?

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(247)

    リチャードさん4巻目。あれ?これで終わり?それとも続くのかな?前巻でゲイかと思ったリチャードさん、違うのか。そっちがビックリだ(苦笑) そして正義がやる事言う事予想の斜め上を行きまくり。リチャードさんと2人で師匠に怒られて矯正されるといいんじゃないか?正義にもリチャードにもイラっとさせられたけど、最後の章での師匠と3人の様子は笑えた。とりあえず、何はなくともプリンがあれば丸く収まりそうだわ、この2人(笑)
    ナイス ★6 コメント(0) - 4月23日
    これまでリチャードと正義の掛け合いが楽しかったので、正直前半は全然楽しめなかった。連作短編の形ではあるけれど、ほとんど長編だったのもリズムに乗れなかった要因かも。しかし後半は一転して、というよりもなんだこれは。これが乙女の秘密のアトリエか。当人たちが幸せならば構わないが、こちらとしては赤面するやら青くなるわでてんやわんやの三社祭状態。いやまあ、面白かったには面白かったんですけど、全てが怒濤で重厚で震えが止まらずとにかく凄え。世界がバラ色に見えた。それにしても終始丁寧な感情の機微や描写は見事ですね。
    ナイス ★26 コメント(0) - 4月23日
    シリーズ④ 突然姿を消したリチャードを外国まで追いかけた正義の行動力が凄い。そこに至るまでの谷本さんの言葉も良かった。良い友達!結局、リチャードを苦しめた呪いみたいな遺産相続の真相は...やりきれないというかリチャードとんだばっちりですよね。気の毒。もっと、リチャードの子供の頃のエピソードが読んでみたい。
    ナイス ★25 コメント(0) - 4月23日
    今回もきゅんきゅんでした…!BL方面に行くなら読まない、というレビューされてる方が多くて意外。確かに今回は立てまくってたフラグを回収しまくって愛を叫んでた感があったので、次回からは思わせぶりモードはなしで謎解きがまた読みたいかも。でもでも、正義が英語めきめき上手くなって英語でリチャードをほめる話とか、リチャードがイギリスで残務処理してる間にジェフに正義のことからかわれる話とか、そういうのもほしいです
    ナイス ★8 コメント(1) - 4月20日
    何というか……個人的にはリチャードさんは謎の麗人でいて欲しかった……。まあ、楔から開放されてよかったね!でも、あまりにあからさまなBL方面へいくなら、ちょっとなぁ……
    ナイス ★11 コメント(0) - 4月19日
    リチャードを追う正義がメインの話。個人的にはリチャードがいて宝石にまつわる謎を解いていくいつものパターンが好きなので、なかなか進まない巻だった。BL方向に行くなら今後は読まないかなー。
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月19日
    2冊纏め読み。リチャードの昔の恋人が女性と判ってほっとした(^_^;)宝石の薀蓄&謎解きは好きなのでシリーズが続いて欲しいし、正義と谷本さんのその後も読みたいんだけど…BL方向へ行くなら否定はしませんが、苦手なのでレーベル変えてくださいね。
    ナイス ★5 コメント(0) - 4月18日
    リチャードさんと正義さんの男の愛情がいい!綺麗です。
    ナイス ★3 コメント(0) - 4月17日
    人を呪わば穴二つ。しかも時限爆弾のように過去の因果が現代に。ああめんどくさいし、切ない。謎解きと言うよりも正義くんの猪突猛進さのおかげで無理矢理運良く解決した感じ。前巻からかなりBL風味になっててちょっと心配だったが、とりあえずギリギリセーフと言うところか。私自身は平素BLは読まないが別に否定はしない。しかし嫌な人もいるので途中からその方向に行くのは良くないと思っている。逆に期待してる人も多そうで、そこは申し訳ないけれど線引きはきっちりすべきだと思う。まあこのギリギリ感がこの作品の魅力でもあるんだけど。
    ナイス ★16 コメント(0) - 4月17日
    宝石商リチャード氏の謎鑑定その4。ないわけではありませんが謎鑑定はどこいったのっていう感じで今回はBLメイン?。次作は謎鑑定の方をお願いします。
    ナイス ★92 コメント(0) - 4月13日
    Kindle版を待ってた…!本で買ってしまおうかとまで思いました。時差ひどい。正義くんリチャードを追いかけて国境を飛ぶ、の巻。わたしもロンドンに行ったことあります。H◯Sでドーハ経由。それぞれがそれぞれのことを想っての行動が絡み合ってしまって、それをなんだか力づくで解いてしまった感。欧米のひとにはあれは挨拶だよ。頬の上は厚情。 最後の話はリチャードの復讐かね。大変たのしゅうございました。正義のうっかりさんぶりはもう慣れてきたけど、根っからのツッコミ体質だからうおーい!みたいになる。語順って大事ね。
    ナイス ★9 コメント(0) - 4月10日
    今回はとにかく【愛】の物語。家族愛だったり友愛だったり親愛だったり。リチャードのために突っ走る正義はめちゃかっこよかったし、リチャードはそうじゃなくてもかっこいい。 2人の結婚はいつですか??(小声)
    ナイス ★10 コメント(0) - 4月9日
    4巻。3巻にあったように「人を呪わば穴二つ」のお話。一矢報いようと曾祖父が残したものがリチャードの世代に引き継がれてしまったのは悲劇であり、皮肉でもある。リチャードの呪縛は解き放たれたがお兄さん達の誤解を解いていないぞ!!リチャードは諦めぎみだったのは笑った。この人は本当に苦労性だな。ここの巻での見せ場は正義とリチャードの指輪交換。最後に会うときが互いの指輪を返す時。約束が与えられるのはなんて幸せなんでしょう。次があることが確実なのだから。愛にも色々な形があって簡単に名付けることが出来ないものもある。
    ナイス ★14 コメント(0) - 4月9日
    図書館本。シリーズ4冊目。失踪したリチャードを追ってイギリスへ渡った正義。リチャードを縛る古い家柄の葛藤も正義の恐るべき行動力で^^解決へ。相変わらず思った事を其の儘口に出す正義に振り回される面々ですが、今回は彼の行動力と真心に感謝すべきかと。正義のような人がいると、物事はスムーズに動くのかも知れない^^自覚の無いタラシでもありますな^^宝石と上流階級の魅力の詰まったシリーズ、楽しくさくさく読了。
    ナイス ★26 コメント(0) - 4月9日
    レシートを大事にとっておいたんだと思うと実に可愛い。味を反芻でもしてたんだろーか甘味大王さまは/手の出せないところに悪人がいた、なんてどうしようもない形でまとまる話ではないと信じてはいたが、なるほどこれは見事かつ皮肉で悲しいどんでんのひっくり返し方だわ。それにしても最後まで口にする語の選択センスが絶望的で楽しかった。まさか指輪交換エンドとは/谷本さんにやや「この台詞を言わせるためのキャラ造形」感があった気が。その払拭のためにも続刊プリーズ
    ナイス ★13 コメント(0) - 4月9日
    いろいろあったけど大団円ってことで。シリーズを通して、ロイヤルミルクティーが飲みたくなるストーリーだった。
    ナイス ★7 コメント(0) - 4月8日
    中田正義、本領大発揮でした。リチャードを追ってイギリス行くんだろうなーとは思ってましたが、まさかここまでやるとは…リチャードを縛る呪いについてもすっきり解決して満足、満足♪それにしてもこちらが恥ずかしくなるくらいの相思相愛ぶり。はい、はい、わかりました、もう好きで好きでしょうがないんですよね、と思うシーンが何度もありましたが、こういうのを何愛というのだろうか?としばし考えるも分からず…(^^;ともかくラブラブな二人のやり取りを今後もずっと見守りたい(笑)
    ナイス ★15 コメント(0) - 4月8日
    今回はなんとか涙腺崩壊しなくて済んだ!でもそっかぁ〜って、何度も納得するヵ所があってそこはホントやばかった。3巻の続きからという感じの始まりなのでこれは続けて読んでほしい!!遺産相続とか、凄い面倒なことに巻き込まれて大変なリチャードだけどなんとか丸く収まって本当に良かった。そして正義のリチャードに対する愛情の深さを知ったよ、そんだけ愛せる人も、愛される人も羨ましい。けどここまでの大きな愛情を縺れもなく送り、受け取れるって凄い!!!これが本当の友情なんだろうなぁ……羨ましいな。【個人評価】★★★★
    ナイス ★13 コメント(0) - 4月8日
    一気読みした!!いや、面白かった。今までこちょこちょ出ていた幾つかの伏線やらキャラやらがどどっときての一応の問題解決!読んでいて達成感ありました。基本的なキャラが誠実なので楽なんですよね、読んでいて。そして、師匠にもやっと会えましたし。まっこうからBLじゃない本?がBLちっくになるの、苦手なんですが、この本に関しては、なんかいいやって思えるの不思議。ただ、こう、リチャードも、皆優しすぎて、切ないですね。幸せになってほしい。皆
    ナイス ★9 コメント(0) - 4月8日
    主人公二人の距離感に、木原敏江さんの「摩利と信吾」を思い出しました。
    ナイス ★3 コメント(0) - 4月4日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    宝石商リチャード氏の謎鑑定シリーズ

    辻村七子の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリをシェアする

    宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリの 評価:86 感想・レビュー:120