宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)

感想
55
  • 宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)
    304ページ
    596登録

    あらすじ・内容

    銀座の店「エトランジェ」を閉め、正義の前から姿を消したリチャード。新しい店の主として現れたリチャードの師匠シャウルから、情報を得た正義はイギリスへ飛ぶ。美しき宝石商を苦しめる過去の因縁とは?

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(103)

    人を好きな気持ち=恋愛ではない、自分の心は自分だけのもの、と色々迷っていた正義に谷本さんが贈った言葉が素敵過ぎた。谷本さんもだけど、リチャードとの関係は一言では言い表せないよなーと。クレアモント伯爵家の「呪い」の始まりは、一族の復讐の為で結果自分の子孫を苦しめる事になってしまったのがやるせなかったけど、その裏に家族を本当に愛していたんだというエピソードが隠されていて少し救われた。今回、リチャードも家のしがらみから解放されて銀座に戻ってまたあの日常に戻るという感じでキリは良いんだけど、まだ続いて欲しい!
    ナイス ★7 コメント(0) - 2月25日
    好意にハッキリ名前がつけられれば楽なのに。恋愛においても相手には恋だけでなく時に兄弟のように親愛で友達のように友愛で。正義のリチャードに対する想いも敬愛する上司で兄のようで友人のようで恋愛要素もあるのかも?いろんな感情が混ざって結局「好き」としか表現できない。谷本さんや母親やおばあちゃんや他の友人に対する好意とはまた違うものなのか、そもそもハッキリさせないといけないものなのか。読んでてこっちもグルグル。ひとつ正義には悪いんだけど谷本さんに女性的魅力を感じないんだよね、これまでの女性客たちのほうが好ましい。
    ナイス ★4 コメント(0) - 2月25日
    このシリーズを一気読みしてしまいました。リチャードも正義もいい男だな。リチャードの日本人より日本語上手いとことかが、アメリカ人に英語が上手いって言われてあなたも練習すれば英語が上手くなりますと切り返した白洲次郎っぽいなと(笑) これを読んだあとはロイヤルミルクティーとプリンを食したくかるはず…!ティーでもコーヒーでも誰かに淹れてもらうって、自分で入れた時よりも本当に美味しいよね。
    ナイス ★3 コメント(0) - 2月25日
    物凄く面白くて大満足です! リチャードを追いかける決心をする前の出来事から引き込まれ、もちろんイギリスでの遺産相続をめぐってのあれやこれやも一気読みです♪ 正義とリチャードの会話は恋人のそれにしか聞こえないんだけどな~(笑)。師匠のシャウルさんも大変だろうけど、もう少し日本に居てほしいかも。今回、正義の背中を押してくれた谷本さんはマジ天使。
    ナイス ★26 コメント(0) - 2月24日
    正義くんと佐々木さんのやり取りが面白くて笑った。「ジゴロ」って久々に目にした…!リチャードのことは途中どうなるかとハラハラしたけれど、ハッピーに終わって一安心。全体を通して、リチャードと正義くんからは腐臭がただよっていた(BLぽい)。
    ナイス ★3 コメント(0) - 2月24日
    思ったより早く新刊が発売されて嬉しかったです。 一気読みしました。 今回は全て丸く収まった感じで本当に良かったです。 もっとこの二人のお話しが読みたいので、5巻が出ることを祈っています。
    ナイス ★4 コメント(0) - 2月24日
    不穏な終わり方をした前作からとても気になっていた中での今作。ドロドロすることなく、とても優しい、それぞれの相手への思いやりにあふれた着地でした。ブロマンスの一歩手前、愛情と親愛がないまぜな二人の関係がとても愛おしくもあり、くすりともさせられます。ある意味新たなスタートラインに立ったといえる二人の、これからも素敵な謎解きを期待しています。
    ナイス ★8 コメント(0) - 2月23日
    待望の最新刊!いつの間にか正義の中でリチャードの存在が大きくなっていた。リチャードの師匠シャウルには「恋をしている」と言われる始末。この想いは本当に恋なのか?正義のリチャードへの想いを知るうちに、この想いが恋愛でも親愛でも敬愛でもなんでもよくなった。無理に名前をつけて分ける必要はない。ただリチャードを愛しているという事実だけで十分な気がした。正義にしか分からない方法(銀座菓子店のレシート))で連絡してきたリチャードには笑いそうになった。まさかリチャードの女装が見られるとは。さぞかし美人だろう。→
    ナイス ★15 コメント(1) - 2月23日
    一瞬本気でBL方向に向かうのかとドキドキしました。 リチャードの実家問題も片付き、これからの展開も楽しみ…。
    ナイス ★2 コメント(0) - 2月22日
    めちゃくちゃ面白かった。今回は謎の多かったリチャードの過去や一族の因縁が明かされるお話。ドキドキしながら読んだけど、とりあえずリチャードが無事に戻ってきて良かったです。遺産の話も予想よりはドロドロしてなくて読みやすかった。ジェフリーが良いキャラしてたので、続刊が出るならぜひ再登場して欲しいですね。リチャードと正義の本音のやり取りは、見てるこっちが恥ずかしくなるレベルでニヤニヤしながら読みました。2人の距離も縮まって良かったです。やっぱり甘味大王なリチャードかわいい。まだまだ続いてくれると良いなぁ。
    ナイス ★16 コメント(0) - 2月22日
    emi
    見返りを求めない愛。幸せを願わずにはいられない大切な人。どのキャラクターからも、誰かに対する誠実な親愛が感じられて、読んでいるとあたたかい気持ちになります(詐欺師の佐々木は除く)。BL色が強くなってやや困惑しましたが、やっぱり好きなシリーズです。
    ナイス ★14 コメント(0) - 2月22日
    これはもう限りなくあれですよ、言い逃れるのは難しいくらい黒に近い感情ではと思わなくもないですが、きっとわざわざ感情にラベリングをする意味は無いんでしょうね。だって大切で大好きなのは間違いないわけですから、谷本さんの天使っぷりから始まりリチャードさんの過去の因縁に迫って外国まで追いかけていく正義くんなわけですが、雨降って地固まるだったんじゃないのかな。すごく綺麗な感じで締めましたが異邦人ではなくなった今後のエトランジェでの謎鑑定が見たいです、続きが出ると嬉しいな。
    ナイス ★19 コメント(0) - 2月21日
    負けず劣らずのお人好しで多くの人の悩みを解決してきた二人が、今回ばかりは自分たちお互いの為にその能力を発揮する話で、切なくも優しい愛の物語だった。ただ、今まで匂わす程度だったボーイズラブの要素が突然濃くなって困惑。今回ばかりは属性なしの男子が読むには少々ハードルが高い。
    ナイス ★6 コメント(0) - 2月21日
    正義良かったね、というよりリチャードさん良かったね、と言いたくなる。ふたりの再会は本当に良かったけれども、原因である伯爵の親子関係も切ない。前半では伯爵は完全に嫌な人なのに真相では百八十度変わる。結果的に不運で迷惑な人だけれども、そういう父親だったからこそ息子は帰って来たんだろうなと思う。
    ナイス ★10 コメント(0) - 2月21日
    これ、完結なのかな?って思ってしまう終わり方でした。 すべて丸く収まったかんじで、今回も楽しくニヤニヤしながら読んじゃいました。 ぜひ、次の巻も出てほしいな。
    ナイス ★7 コメント(0) - 2月21日
    タイトルはラピスラズリなのに、表紙絵はウォーターメロントルマリン?何故に…あぁもう!そう繋がりますか!!と悶えました。今までの伏線も回収され、あれやこれやの疑問もすっきり。綺麗にまとまっているのでひょっとして完結なのかしら。お師匠様のキャラクターも素敵なので、第二部があれば良いなと思います。正義とリチャード、二人の関係も会話も大好きです。
    ナイス ★7 コメント(0) - 2月21日
    全体の感想を総括すると、正義の無鉄砲ここに極まれたり。美辞麗句の飾りつけもなしにリチャードへの思いを言葉にするだけでなく、突拍子もない行動にびっくりしすぎて笑いました。 リチャードの過去やそれに付随する壮大な謎が解き明かされていく様子も素敵ですが、本人のいないことをいいことに彼の過去をつぶさに明かす皆さん様子が楽しそうで、緊迫するシーンでありながらも、展開への明るい未来を感じてわくわくしてしまいます。 リチャードを切望する思いが読者の私よりも激しい正義の思いが熱かった。続き出てほしい!!
    ナイス ★13 コメント(0) - 2月21日
    このシリーズはやっぱりくすっと、そしてぷふっと笑いが添えられているのが何よりのポイントだよね!としみじみ思いました。そしてリチャードと正義の半ギレ気味の会話(お互いを心から想い合う気持ち付き)が好きなのだと改めて思わされる。前作が不穏な終わり方だったので、この巻の結末はとても幸せです。満足。師匠もレギュラーで次巻をぜひ。
    ナイス ★19 コメント(0) - 2月20日
    yan
    ひと段落ついた感じ。店名の意味、バイトの規約、今迄の登場人物。この1冊で伏線の回収、宝石の蘊蓄も含め綺麗に纏まった感じがする。(まだ完結はしないんだろうけど)恋愛と友情のボーダーライン。そして「恋というには深く、友情というには激しい」リチャードは正義の言葉の使い方を言うが本人は行動の加減の匙加減が巧くなかった(爆)似た者同士ではないか。遺言が呪いになる。遺言を残した本人にそのつもりはなくとも違う意味で残したとしても。あぁ、まさしく「不毛」。親族・血縁ってお金が絡むと面倒臭くなる。距離を持ったとしても。
    ナイス ★32 コメント(0) - 2月20日
    ああ、面白かった~!あ~ん、終わっちゃった!リチャードを悩ませているお家事情が殊の外入り組んでいて珍しいものでした。その謎の真相も決着の付け方も感動的。宝石の蘊蓄も分かりやすく興味深く、何よりストーリーにピリリと効いたスパイスとなって絶品でした。このレーベルでその関係は無理だろ?と、思っていたけど、ホッとするやら残念な気にもなるやらww。ずっとこの二人の珍妙な会話を聞いていたい。正義が公務員試験に受かって公務員になれたかも気になるし。
    ナイス ★56 コメント(2) - 2月20日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    宝石商リチャード氏の謎鑑定シリーズ

    辻村七子の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリをシェアする

    宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリの 評価:100 感想・レビュー:55