出版禁止 (新潮文庫)

感想
96
  • 出版禁止 (新潮文庫)
    339ページ
    551登録

    あらすじ・内容

    未体験の面白さに、深読み二度読み間違いなし! 超話題作ミステリーついに文庫化!

    著者・長江俊和が手にしたのは、いわくつきの原稿だった。題名は「カミュの刺客」、執筆者はライターの若橋呉成。内容は、有名なドキュメンタリー作家と心中し、生き残った新藤七緒への独占インタビューだった。死の匂いが立ちこめる山荘、心中のすべてを記録したビデオ。不倫の果ての悲劇なのか。なぜ女だけが生還したのか。息を呑む展開、恐るべきどんでん返し。異形の傑作ミステリー。

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(208)

    読んでいる内に引き込まれ、「本当にノンフィクションである」と錯覚してしまった。アナグラムに気付き、我に返る。面白かった。
    ナイス ★4 コメント(0) - 4月25日
    単行本で出た時から気になっていて、今回文庫化されたので読んでみました。 ノンフィクションの形をとった叙述ミステリー、といったところでしょうか。どんでん返しモノを読み慣れてしまうと、「あ、なんかこの辺からアヤシイ…」とか思っちゃいますが(笑) 肝心な動機等は結局不明なままですが、それがまた作品全体のリアリティを持たせているように思います。
    ナイス ★6 コメント(0) - 4月25日
    初長江作品。単行本刊行時から読みたいと思っていて、文庫化を機にようやく読了。ある心中事件を調べるルポライターが『ミイラ取りがミイラになる』のだが、その過程・結末の驚かされる。とにかく面白かった!文庫化を3年待ったかいがあったな。
    ナイス ★9 コメント(0) - 4月24日
    『出版禁止/長江俊和』読了。放送禁止シリーズが人気の長江作品、本作はノンフィクションの皮をまとった、設定が練りに狙った叙述型ミステリ。心中という、ある種の美学と背徳をまとった日本的な死の在り方を主題に、濃厚な死の匂いと救いのなさをエンタテインメントに昇華。思わせぶりな伏線たっぷりで思わず読み直したくなる1冊。
    ナイス ★9 コメント(0) - 4月23日
    最後まで本当に実在したルポルタージュの事についての本だと思っていた…。最後に著者の解説があって、ミステリのトリックとしては初歩的な仕掛けに気付かされ、それでも何だか納得がいかず、ネットで調べたらたくさんの人が考察していた。それでも分からない事だらけで、考察を書いている人ですら分からない事がまだまだある、といった風であり、この本における探偵役は私たち読者なんだなと思った。こういう類の本は好きなので、この方のこのシリーズをもっと読んでみたいと感じた。
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月23日
    全体的に求めている本ではなかったなという感想('ε'*)死んだ時は一目瞭然だしタテヨミなりアナグラムなり人肉喰いのお詫びなりはイラネーな気持ちになったし。目につく度ひっかかった「限りなく愛おしい」が特に考察されておらず個人的な言い回しの好みらへんの問題なんだなと思った。
    ナイス ★4 コメント(0) - 4月23日
    H29.4.23読了
    ナイス ★1 コメント(0) - 4月23日
    なかなか面白い手法で描かれた話。一語一句逃すまいと丁寧に読み進めた。終始緊張感があり、息を呑んで静かに読み進めていたけど、最後は急転直下のジェットコースターに翻弄され、呆然としながら読了。□の□。なるほど面白い。真相、意図、動機が明確じゃないので、憶測か憶測を呼び、ぐるぐる考えるも、どこにも着地出来ず(^_^;)一周回って本当の真相は、結局ただの彼の一人相撲だったというのもアリかも、なんて思う始末(°∀°)
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月22日
    面白くて一気に読み切る。がしかし、最後の部分分からないところがありネタバレサイトを開いた。成る程そういうことか・・・。後味はあまり良くないが、読み始めたら止まらなくなる傑作ミステリー。
    ナイス ★11 コメント(2) - 4月22日
    読み終わっても謎の多い小説。読後感も決して良くはないので、読む人を選ぶ作品だなと思う。作者について、全く知識がなかったので、いろいろな仕掛けに気付くのに時間がかかった。言葉のトリックは好きな分野だが、人物の名前がアナグラムとか、そういうのはちょっと遊び過ぎかなと思う。
    ナイス ★7 コメント(0) - 4月21日
    嘘だと分かっているのに、あれ?ドキュメンタリーかな?って思えるような雰囲気で度々混乱した。面白かった。はっきり明かされた仕掛けのひとつ、縦読み(横読みというか…)はちょっと拍子抜けだったけど、それ以外の謎、謎なのかどうかも曖昧な部分含め沢山残されている感じが、面白い。
    ナイス ★10 コメント(0) - 4月20日
    mii
    愛するもの同士が心中によって永遠の愛を証明できるのか。メインテーマであり、答えが出ることを期待して読んだけど、結局答えは出なかった。後味が悪い。想像したら気持ちが悪い。最後までノンフィクション?!と思ってしまうようなよくできた構成。…これ、フィクションですよね?(笑)
    ナイス ★13 コメント(0) - 4月19日
    最後まで読んだ後に「??結局一体なんだったわけ?」となり、色んな人のネタバレサイトを見ちゃいました。あー、なるほどそんなことになってたのねーと驚き。すごいなあ、みなさんちゃんと考えて読んでる。私なんか「どうせ最後に解決編的なのあるんでしょ」と適当に読んでしまった……(明確な解決編はありませんでした)。いや、名前がなんか変だなーとは思ってましたが。一回目は通して読んで、二回目は「ん?」と思ったところを読み直してみたりとか、考えながら読んだらおもしろいのかもしれません。
    ナイス ★7 コメント(0) - 4月18日
    えぇぇ⁈こんな事件本当にあった??と思ってしまう構成。アナグラム、仕掛け、どんでん返しと夢中になって一気読み。久しぶりに手ごたえのある本だった。
    ナイス ★22 コメント(4) - 4月18日
    帯の煽り文句につられて購入。期待しすぎた感が・・・。 確かに騙された感はあるけど、期待していた感じとはちょっと違った。面白い構成だとは思うので、シリーズの本も読んでみようとは思う。
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月17日
    偶然なのか 最近この手のラストが多いような気がする。 結局 今一つ真相がわからなくて。 ミイラ取りがミイラになったのかな?
    ナイス ★6 コメント(0) - 4月17日
    ★★☆☆☆読解力が無さすぎるのか、読み終わっても頭の中が???って感じです…
    ナイス ★4 コメント(0) - 4月17日
    やっぱりこういうネタになってしまうのね。確かにびっくりはしましたが。
    ナイス ★4 コメント(0) - 4月17日
    KGR
    正直ここまでグロい展開になると思わなかった。読後感が良くない。
    ナイス ★3 コメント(0) - 4月17日
    後書きまでが作品です、、、。誰にも感情移入できなかったせいか、淡々と読んで終わってしまった。
    ナイス ★7 コメント(0) - 4月17日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    長江俊和の関連本

    放送禁止 (角川ホラー文庫)
    放送禁止
    212登録
    掲載禁止
    掲載禁止
    519登録
    出版禁止
    出版禁止
    2426登録

    この本を読んだ人がよく読む本

    出版禁止をシェアする

    出版禁止の 評価:94 感想・レビュー:96