天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)

感想
566
  • 天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)
    334ページ
    1962登録

    あらすじ・内容

    密室殺人。犯人は、病気(アイツ)だ。

    呪いの動画によって自殺を図った女子高生。男性に触れられた瞬間、肌に異常をきたす女性。そして、密室で溺死した病院理事長の息子……。常識的な診断や捜査では決して真相にたどり着けない不可解な事件。解決できるのは、怜悧な頭脳と厖大な知識を持つ変人女医・天久鷹央(あめくたかお)、ただ一人。日常に潜む驚くべき“病”と事件の繋がりを解明する、新感覚メディカル・ミステリー第3弾。

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(1434)

    第3弾。短編2つと中編1つをプロローグとエピローグで挟みこみ、毎回何らかの「試練」を乗り越えるというフォーマットは前巻までと同じ。1作目では統合診断部が存続できるのかが「試練」であり、2作目では患者と向き合う対人スキルの弱点を鷹央が克服できるのかが「試練」であった。本作では、密室の溺死体という謎を解き小鳥遊の異動を阻止できるのかがその「試練」である。このシリーズが秀逸なのは、医学的には現実にありうる現象でもって謎が解きあかされるという点で、それは本作でも変わらない。安定して読める面白さだ。
    ナイス ★24 コメント(0) - 4月20日
    「先生は僕がいなくても、もう大丈夫です」小鳥遊の言葉で、鷹央との日々がずっと続くと約束されているわけではないことに気付かされた。パニックになったり、愚痴ったり、焦ったり…鷹央の弱気な姿を見ると、二人の別れの瞬間が浮かんでしまい、胸が締め付けられた。それでも、二人の会話は小気味よく、そこに鴻ノ池の明るさも加わって、希望を持って読み進めることができる。今回の危機を乗り越えて、二人の距離がまた一歩近づいた気がする。小鳥遊が来年度もいられると分かったときの、ツンデレな鷹央が可愛いかった。
    ナイス ★5 コメント(0) - 4月15日
    シリーズ第3弾、3つの短編集、天才女医の推理は相変わらず。鷹央と小鳥、コンビ解消の危機にどう立ち回るか?密室殺人の真相は?思いもよらない医師ならではの真相、面白かったです。
    ナイス ★60 コメント(0) - 4月13日
    面白かったです。少しづつ鷹央先生と小鳥先生の距離が縮待ってきてる気がするんですがどうでしょう・・・
    ナイス ★8 コメント(0) - 4月7日
    密室の水の無いところで溺れ死んだ男の謎と小鳥遊は大学病院に戻らないといけないのかの2つが絡んでいてドキドキが止まらなかった。
    ナイス ★11 コメント(0) - 4月6日
    今回は呪いの動画と男性恐怖症の女性と水の無い所で溺死する男性の話。謎を解かないと小鳥が鷹央の所から外されてしまうとあって、必死になる鷹央がちょっと可愛かった。
    ナイス ★11 コメント(0) - 4月1日
    呪いの動画とアレルギーの話はちょっと謎が簡単過ぎたな。途中でわかっちゃった。密室で溺れるは鷹央ちゃんのツンデレぶりがかわいい。アスペルガーぽいけどどうなんだろね。☆3.0
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月26日
    密室で溺れる男は医学ミステリーならではの解答で綺麗に決まった。ヒントに至る描写が不自然でこれは何かあるとわかるが医学知識がないとわからない。てんかんの症状が様々とは知らなかった。自動症、花粉症のように蓄積されたものが突然発症するアレルギー、覚せい剤の作用、ダビデの星、神経原生肺水腫、今回も知らないことがたくさん。星はネット画像で見たけどダビデっぽくなかった。どちらかというと一筆書きのヒトデ型に似てる
    ナイス ★8 コメント(0) - 3月16日
    このメディカル・ミステリーはいいぞ。まさしく新感覚。密室の扱い方も病と絡ませることでこんなことになるとは。
    ナイス ★8 コメント(0) - 3月15日
    呪いの動画と、男性アレルギーと、密室で溺れる男。今回もどれも面白かったー。やっぱり、1番は溺れる男かなぁ。小鳥先生のために頑張る鷹央先生がかっこ良くて愛しくて。これは続きも買ってしまうなぁ
    ナイス ★11 コメント(0) - 3月13日
    シリーズ3巻目。久しぶりにこのシリーズを読みましたが面白かったです!鋭い推理力と洞察力を持つ女医の天久鷹央と、彼女をサポートする小鳥遊優。様々な患者の謎や症状を豊富な知識で診断していく。一番良かったのは『密室で溺れる男』。完璧な密室の中で見つかった男の死因は溺死?小鳥先生の辞令もかかった中、必死で真実を探そうとする鷹央先生。密室の謎も含めてテンポよく進む展開。鷹央先生の弱気な姿も見られ、どうなるのかドキドキしながら読みました。これは推理カルテも良いけど、事件カルテも面白そう。気になります。
    ナイス ★62 コメント(0) - 3月13日
    「呪いの動画」、「拒絶する肌」、「密室で溺れる男」3つとも面白かった。最初の2つは謎が自分でも解けたけど、3つ目は難しかった。天久鷹央と小鳥遊優はやっぱり名コンビ!
    ナイス ★9 コメント(0) - 3月13日
    読友さんのレビューを読ませていただき興味をもち、図書館で1.2が無く3からのスタートになったが、予想以上の面白さに一気読みしてしまいました。変わり者だが、推理力や洞察力がずば抜けている女医の鷹央が、様々な患者の謎を解いてゆく。謎解きとして面白いのはもちろん、鷹央先生のキャラといい、鷹央に振り回される小鳥先生との掛け合いもよく読みやすい。この勢いで4も読み、次は1.2も読破していこう。
    ナイス ★17 コメント(0) - 3月12日
    天医会病院統括診療部のコンビが活躍するシリーズのうちの一冊。医学的所見や知識がうまくストーリーの中に織り込まれていて、解決編ですべての手掛かりを統合的に説明していく著者の構成力はなかなかのものです。特にこの巻の「密室で溺れた男」は推理小説で使われるトリックと医学的知識が見事に組みあわさった作品でした。(ただ、気になったのは「軽傷でも合併しうるのかな」ということ)勉強するモチベーションも上がるので医療系の人などにもおすすめできるシリーズです。
    ナイス ★7 コメント(0) - 3月9日
    医学・医療モノが好きだが、今回は医学的に勉強になった。「拒絶する肌」は、その病気については知っていたので途中から気づいてはいたが、その他の話は知的好奇心を満たしてくれた。楽しい読書であった。
    ナイス ★14 コメント(0) - 3月5日
    3巻もとても良かったです。鷹央先生と小鳥先生がほんとにいいコンビになっていて素敵です。最初はドキドキしたけど、鷹央先生が華麗に謎を解いてくれてホッと一安心。ツンデレな鷹央先生すごく可愛かったです。
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月3日
    一話目は呪いの動画により自殺未遂をしたと疑われる女子高生、二話目は男性に触れられると肌に異常をきたす女性の話。二話目の疾患は最近別の本でネタになっていたので結構すぐわかりました。三話目の密室での溺死は難しくてネタばらしされてもなかなか理解できず。クモ膜下て小さくてもこわいんだなぁ。鷹央と小鳥遊くんのコンビこれからも楽しみたいと思います。
    ナイス ★18 コメント(0) - 3月2日
    シリーズ3作目。回を増すごとに鷹央先生と小鳥先生のやり取りに磨きがかかっています。小鳥先生が統括診断部にいられなくなるのか?という場面から物語が始まります。密室の謎を解けば、小鳥先生は統括診断部は無事に残れるのですが、タイムリミットが有ったりと、引き込まれる展開でした。小鳥先生は相当の格闘技マニアと見ました。
    ナイス ★20 コメント(0) - 2月28日
    ★★★★★「密室で溺れる男」が一番面白かったです。その病気にはこんな症状があるのか!と驚かされました。
    ナイス ★7 コメント(0) - 2月25日
    男性恐怖症?の女性の事件は、途中で自分でも原因がわかりました。乏しい医学的な知識で正解にたどり着けたのがうれしい!医療と事件を繋ぎあわせて物語にするって、あらためてすごいなぁ。
    ナイス ★33 コメント(0) - 2月23日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    天久鷹央の推理カルテシリーズ

    知念実希人の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイアをシェアする

    天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイアの 評価:58 感想・レビュー:566