天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)

感想・レビュー(238)

今回も面白かった。医療物だけど、サクサク読めるのが良い。小鳥遊と天久先生の関係も少しずつ変化してて、今後どうなるのか楽しみ。
ナイス ★1 コメント(0) - 3月26日
なんか鷹央先生が小鳥先生の言うことを聞くようになってる...!物語の中の時間経過が所々に感じられて良かったです。
ナイス ★11 コメント(0) - 3月25日
88点
ナイス ★2 コメント(0) - 3月25日
一気読み。特に里奈ちゃんと鷹央の会話は涙なく読めんかった。鷹央と小鳥もなんかめっちゃ信頼し合っててよかったし、鴻池も戻ってこれてよかった!
ナイス ★13 コメント(0) - 3月24日
天久鷹央シリーズ第5弾は短編3篇。詐欺師モノがメインで良くあるパターンも、そこは医療ネタを上手い感じに生かしていて、今回も面白く読めました。
ナイス ★13 コメント(0) - 3月23日
シリーズ5作目、今回も安定の面白さ。今回は医療と宗教の対立。出てくる病名もだんだんマニアックになってきて、もはや推理も出来ない。鷹央先生も人間的に少し成長したようで、今後のさらなる活躍が楽しみ。
ナイス ★29 コメント(0) - 3月23日
5巻読了。相も変わらずの鷹央先生の推理のキレと傍若無人さは、読んでいて爽快です。逆に小鳥先生がまったく頼りにならない対比が面白いです。次巻も期待です。
ナイス ★11 コメント(0) - 3月22日
今回も面白かった。詐欺師・香織は、これからも登場するんだろうか?なかなか憎めない素敵なキャラで、今後も活躍してほしい。奇病や、医療と宗教の対立など、読ませる内容だった。鷹央も人として成長してきていて目が離せない。続編が楽しみだ。
ナイス ★13 コメント(0) - 3月22日
安定の面白さ。知らない病気も知ってる病気も、それが引き起こす症状までは殆ど知らないので、こういう詐欺に巻き込まれる人達を単純に非難はできないな…と思います。若返りも病気と引き換えじゃ何のこっちゃか分かったもんじゃない。年齢なりの美しさを知れる人でありたい。最後は娘ときちんと向き合えて良かった。宗教に頼るのは悪いことじゃないけど、大切な事は自分の決断を下してほしい。天久先生危機一髪な所もあり相手が少しずつ危険度を増すあたり、シリーズが重なるにつれて天久&小鳥ペアの命もいずれ危うくなるんじゃないかと不安に…。
ナイス ★54 コメント(0) - 3月22日
シリーズ初読み。既視感バリバリの登場人物ではあるものの、テンポよくサクサク読める。その分、奇病の原因は、ちゃんとカンファレンスすれば解るでしょ、というレベル。医者にかかろうとしない患者の事情とそれに首を突っ込む鷹央のキャラで読ませる。
ナイス ★8 コメント(0) - 3月21日
腐敗、不老不死、そして神の奇跡。 マニアックな病気からよく聞くけど詳しいところはあまり知らない病気まで幅広く、今巻は治療薬の副作用にまで手を広げていてとても面白かった。 また、以前宗教と絡めた対立はやったけど、今巻ではあの時とは違う既存宗教の信仰の在り方と医師が手を出せる限界に挑戦したのも面白かった。 今回は詐欺師の戯言で終わったけど、普通にあり得る話なだけに難しいよなあ……。
ナイス ★16 コメント(0) - 3月21日
患者(とその家族)における宗教と医療の対立を取り上げたのはとても良かったと思います。疑うは科学(医療)にあり、信ずるは宗教(心)にある。研究室での生活に違和感を感じるのは、そこに宗教がないからかもしれないと思いました。自分も宗教を大切にできる医療者になりたいなぁ。
ナイス ★10 コメント(0) - 3月21日
相変わらず面白かった。 よく練られてる医療ミステリーですが、キャラクターの明るさで、シリアスな話も軽く読めます。 あとを考えると怖い話もあります。医療とは人の命やQOLを左右するものだと思い知らされます。 今回のKARTE3なんかは、宗教と医療もいう問題に切り込んでいます。小説自体は面白く、素直に一気読みでしたが、やはり考えさせられる問題がいくつもありました。人はどう生き、死ぬのか、みたいな。私は自分で選択したいなぁと思います。
ナイス ★11 コメント(0) - 3月20日
白血病の少女を救うのは、医療か、奇蹟か。白血病が再発し、骨髄移植でしか助かる見込みがない少女・羽村里奈。だが、複数回に及ぶ化学療法を経ても病気が完治しなかったことで医療不信に陥った彼女の母親は、移植を拒否し、左手に聖痕を持つ預言者の言葉に縋るようになってしまう……。少女を救えるのは、医療か、奇蹟か。神秘的な現象を引き起こす“病気”の正体とは。天医会総合病院の天才女医・天久鷹央が奇蹟の解明に挑む。
ナイス ★20 コメント(0) - 3月20日
肩に力の入らないライトで分かりやすいミステリが楽しく、鷹央と小鳥遊とのコミカルな掛け合いが心地よいのも相変わらず。今回は、鷹央が意外に常識的で穏健な自身の宗教観を披歴する第3話「聖者の刻印」が特に気に入りました。折り込みに著者インタビューあり。
ナイス ★41 コメント(0) - 3月20日
今回も面白かった。読みやすくてすらすら読める。それにしても,鷹央と詐欺師・香織のコンビは最強では…。以前の敵と協力するパターンはお決まりと言えばお決まりだが,楽しいので今後も期待したいところ。そしてさらにこの2人に行動力ある鴻ノ池が加わると,それこそ探偵業でも始められそう。ボディーガードとしての小鳥の役割もだんだん板についてきた感じで,今回は大立ち回りもあり,医者であることを忘れそうだ(笑)。
ナイス ★11 コメント(0) - 3月20日
★★★★
ナイス ★3 コメント(0) - 3月20日
回を重ねる度に、どんどん面白くなっているように思います。鷹央先生がぐんと大人になり成長しましたね!元からレディだけどね(笑)今回の症例は聞いたこと無かったので、興味深くて読むペースも上がりました。女性の若返り願望。誰にも有るけれど、やはりあまりにも変化があるのは怖いことですね。つい70代が40代後半に見えるというCMを思い出してしまったわ。さておき、鷹央先生さえ逆らえない真鶴さん。折檻って何?怖すぎるでしょ。小鳥先生がナイスなサポートをしていて2人の関係も少しずつ変わって行くのかな、それも楽しみ!
ナイス ★81 コメント(0) - 3月20日
相変わらず面白かったなぁ。シリーズを最初から読んでると「先天的に空気が読めない」鷹央先生の成長ぶりにも目を細めてしまう。出てくる病気自体も「そんな病気があるのか~」って勉強になるけど、それをしっかりエンターテインメントの中に組み込む知念さんの筆力もすごいなぁと思う。読んだそばから次巻が楽しみになるシリーズです。ラノベ感のある表紙、個人的には好きだけどこれで読み手がちょっと限定されてるかもしれないなあと思うと残念な気も。オトナの本読みさんも充分楽しめますよねぇ。実写化するなら志田未来ちゃんと岡田将生くんで!
ナイス ★38 コメント(3) - 3月19日
鷹央先生が少しずつ強くなっていって、お友達もできて…とお母さんみたいな目線で見てしまう。やっぱり面白かった。
ナイス ★11 コメント(0) - 3月19日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

天久鷹央の推理カルテシリーズ

知念実希人の関連本

この本を読んだ人がよく読む本

天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピストをシェアする

天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピストの 評価:94 感想・レビュー:107