ブラッドライン

感想
325
  • ブラッドライン
    394ページ
    1481登録

    あらすじ・内容

    この医学ミステリーはすごい! オペ中の異常な死から「血の連鎖」が始まった!

    止まらない鮮血、鳴り響くアラーム、飛び交う怒号。手術室は悪夢の戦場と化した! 腹腔鏡手術を受けていた准教授がありえない死を遂げた。教授選をめぐる疑惑、連続するドクターの怪死、異様な血液の謎。「missキシ」「1/2ダンス」の言葉は何を暗示するのか。若き外科医がたどり着いた慟哭の完全犯罪とは。圧巻の四百頁!

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(587)

    狐憑き・医療ミス・連続殺人事件がどー繋がるのかなと思ったら…「ブラットライン」なるほどです。最初の段階で、犯人は意表を突いてあの人かなー?と予測したのが大当りでした。経緯はもちろんわかりませんでしたけど^^;医療サスペンスなので専門用語がたくさん出てきますが案外サクサク読めました。主人公とその家族の未来…考えると辛いですね。
    ナイス ★4 コメント(0) - 4月22日
    冒頭の狐憑きシーンが頭に残りつつ、父親で教授候補の手術中死や教授選がらみの連続殺人事件、謎の暗号や妹の結婚問題などいろんなことが次々おこってノンストップ。誰が犯人か、と思ったら忘れてたよ、狐憑き!タイトルの意味が二重に意味深になってたんだわ。医療サスペンス、イッキ読みで面白かったです。
    ナイス ★49 コメント(0) - 4月6日
    一気に読みました。まさかの展開、衝撃のラスト。裕也がこれから背負っていくのが重過ぎて胸が痛みました。
    ナイス ★2 コメント(0) - 3月14日
    【図書館本】プロローグで「狐憑き」から始まって、どんなストーリーになっていくのだろうと思いながら読みました。術中死や教授選などとてもリアルで、イヤな奴も多く本格的な医療ミステリーで楽しく読めました。犯人もまさかの人物で、全く見当がつきませんでした*読み終わって「ブラッドライン」という、深い意味のあるタイトルに納得でした。
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月10日
    冒頭のシーンを読んだ時から嫌な予感が薄々していましたが、ラストはこう来たか、という感じ。夫婦の悲壮な覚悟は切なく、今後残された者達には支え合って強く生きて欲しいです。
    ナイス ★10 コメント(0) - 3月7日
    夫婦愛。親子愛。いびつな形の愛情表現。最後まで何がどうなるのかわからないストーリーが癖になる。
    ナイス ★2 コメント(0) - 1月27日
    医療サスペンスは海堂尊さんのバチスタイメージが強く、どこかで気の抜けるシーンがあるのかと思いきや、どんどんと重くなっていく話は進み、また並行して主人公と妹の確執、その妹と婚約者、その母の話が進んでいく…。と、もう最初は妹の攻撃的な性格と、婚約者の母の息子の嫁憎しの話にうんざり。でき婚はダメだけれど堕ろせとか無いわ、なにこの鬼婆…もうソレ要らなくない?と思うようになる頃には、事件の真相は少しずつ姿を見せてエピソードに不要なものは無い、と納得。 裕也が今際の母に最後にかけた言葉、なんだったんでしょうね?
    ナイス ★3 コメント(0) - 1月27日
    色々書いたのでこれからの人は読まないで下さい。 重い、重すぎる。夢みました。自分の父親の手術に立ち会う所から始まります。父との確執、母の病気、妹の妊娠。殺人事件と絡み合いほぐれつつ終盤へ。真実があまりにも重すぎて・・・。結局あの人は裕也にこれからの事を丸投げですよね。疑問なのは分かった時にはお腹に…って所。ならもう一人子供を作ろうとするだろうか?幸せをつかんだあの人は守れるのか?話はスピーディで面白いけど結末に悶々としてしまった。
    ナイス ★5 コメント(0) - 1月25日
    色々と重い話。真矢みたいな人はたくさんいるんだろうか。真奈美がなんともなければいいけど。優子は真矢をかばうけど、こどもとの間に立つとかいいやり方があったんじゃないかな。何もしないで自分の評判、立場(?)はいいままでちょっとずるいんじゃないかな。
    ナイス ★10 コメント(0) - 1月23日
    本格的な医療ミステリーでした。内容盛りだくさんでしたが、スピード感があって一気に読了。まさかまさかの真相に驚かされましたが、読み終わってからタイトルの意味がずしりと響いています。
    ナイス ★46 コメント(0) - 1月21日
    知念実希人初読。長編本格ミステリー。ありえない手術死。死んだのはドクター、教授選に出馬している准教授だった。他の候補者たちも次々と死亡する。教授選に絡んだ連続殺人なのか。偶然の事故なのか。若き医師がその真相に迫る。最後まで真犯人が分からず読者を引き付けたまま一気に読ますところはすごい。面白い作品でした。ブラッドライン、このタイトルに繋がります。
    ナイス ★20 コメント(0) - 1月17日
    ☆☆☆☆
    軽めのタッチのミステリーが多い知念さんですが、これは長編の本格的なミステリーだった。最後まで真犯人がわからないままで、一気に読了することになってしまいました。遺伝病もたくさんあるのですね。
    ナイス ★3 コメント(0) - 1月7日
    一気に夢中で読んだ。星5
    ナイス ★1 コメント(0) - 2016年12月29日
    今まで読んだ彼の作品と違って、しっかりサスペンスしていました! そして初めて知りました。ハンチントン病....そしてタイトルの意味を理解しました。
    ナイス ★5 コメント(0) - 2016年12月10日
    知念さんは割りとさらっと読めるミステリーのイメージだったけど、これはとても濃い医療ミステリーだった。事故か他殺か病死か、家族間のどろどろさ、見えそうで見えない動機、盛りだくさんでした。
    ナイス ★1 コメント(0) - 2016年12月6日
    図書館本。他のシリーズとはまた違う雰囲気。スピード感ありあっという間に読了。なんとなく最後はイヤミス感もあったが…。タイトルの意味。最後まで読んでしっくりきた。
    ナイス ★17 コメント(0) - 2016年12月5日
    天久鷹央シリーズとはまた違った感じで面白かった。
    ナイス ★7 コメント(0) - 2016年11月27日
    犯人は予想していなかった。主人公の思考内容はわざと見当違いさせているなという感じはしたけど最後まで一気に読めた。
    ナイス ★6 コメント(0) - 2016年11月20日
    ナイス コメント(0) - 2016年11月2日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    知念実希人の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    ブラッドラインをシェアする

    ブラッドラインの 評価:84 感想・レビュー:325