火花 (文春文庫)

感想
358
  • 火花 (文春文庫)
    180ページ
    1574登録

    あらすじ・内容

    「火花」待望の文庫化!
    第一五三回芥川賞を受賞し、二〇一五年の話題をさらった「火花」が文庫化。受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(964)

    どうしても芸能人というフィルターを通しての捉え方になってしまうけど、東野圭吾や村上春樹に慣れた感覚で読んでしまうと読みにくいことこの上ない。執筆好きな芸能人としてはよく書けているけど、これが芥川賞に値するかといえば甚だ疑問。平凡なストーリーをわざわざ難解な言葉で表現する必要を感じなかった。
    ナイス ★7 コメント(0) - 3月27日
    sng
    読みながら、批評というものに関して考えていた。物を批評するということのなんと難しいことか。特にその中に「正しさ」を持たせようと考えるとそれはもう不可能なんじゃないかと思えるほどに難しいことに感じる。対象のバックグランド、作者のバックグランド、批評する側のバックグランド、気分、好み・・・。結局は全てが影響しあいながらひとつの(と言えるかどうかもわからない)評価を下す。日々評価する側になり、される側になりながら、正解を模索することの苦しさやもどかしさは、それはそれでかけがえのない日々を生み出すのかも知れない。
    ナイス ★14 コメント(0) - 3月26日
    結局何がこの作品のテーマなんでしょう? 私には難しすぎて分かりませんでした。 どこかで大きな話の転換があるのかな。と思いながら読みましたが、そこまでのものは特に無く。強いて言えばコンビの解散? 文章もお笑いをテーマに描く割には小難しかったです。これは私個人の問題ですが…。 さすがに芸人さんが描くだけあって、クスリと笑わされる場面もありました。
    ナイス ★18 コメント(0) - 3月26日
    【芥川賞受賞作品】芸人が苦労して何かを見つける、そんな物語を想像していた。コンビの苦労や頑張りに感動するものと決めていた。ところが、又吉さんが描いたのは、哲学「笑い」だった。読み応えはあったが彼が何を描いたのか難し過ぎて僕には分からなかった。芥川賞は難解だ。【本屋大賞 10位】【キノベス 26位】
    ナイス ★39 コメント(1) - 3月26日
    Tai
    文庫化されたので,満を持して購入…期待はしていなかったが,芥川賞ってこんなもんなのか?という気持ちは拭えなかった。私ごときにはこの作品の真のよさはまだまだ理解できない。何度か読むといいのかもしれないが。
    ナイス ★20 コメント(0) - 3月26日
    ずっと期待して待っていた作品で、ついに文庫化されたと知り購入しました。全体的に芥川賞系らしい、少し難しくリズムに乗りにくい文章でしたが、しっとりと根底に重さのある雰囲気が続いてあまり読まないタイプなので新鮮でした。著者本人を知っていて、その職業だからなのか、どこかに本当にあったことが紛れ込んでいるのだろうかと、良いのは分かりませんが、いつもとは違った読み方もできました。最後の漫才は特にジンっときて、感動しました。
    ナイス ★35 コメント(0) - 3月26日
    思ってたほど悪くなかったw(上から目線ですいません)世間一般の作家さんと比べて又吉さんはメディア露出してるから、ある程度のイメージがつきやすい中、これはそこそこ脱線せず、かといってべったりもなく、ちょうどいい距離感で描かれているんじゃないかなと思いました。キャラへの感情移入は全くできませんでしたけどね。徳永と神谷の会話は正直理解できなかった。あれを面白いと思うのはまた別の回路なんだろうな・・・私にはないやつ。また、神谷のモデルが誰なのか、全部ではなく、対照的な人物としての綾部なのかと気になりました。→
    ナイス ★23 コメント(1) - 3月25日
    <ネタバレ注意!> 再会した時に神谷がFカップの巨乳になってたとか、面白すぎるだろ。 ズルいわ。
    ナイス ★23 コメント(0) - 3月25日
    ★★★☆☆文庫化されたのでやっと読みました。私が普段読まないタイプの作品でした。バラエティーで見ていた又吉さん、そのままの文章の書き方。どちらかというと少し苦手なタイプの文章の書き方でした。(もっと軽い感じが好きなもので…)最初はなかなか乗れなくて、読むスピードも遅かったけど、後半は割と一気に読めたかな。スパークスの最後の漫才、不覚にも泣いてしまい、電車の中だったので恥ずかしかったです(笑)
    ナイス ★27 コメント(0) - 3月25日
    ようやく文庫化されたので購入してみました。うーん…。なぜこの作品が芥川賞受賞?独特の世界観が理解できず良さがわかりませんでした。芸人さんが「おもしろい」と思う演芸と、一般人が「おもしろい」と思う演芸に違いがあるように。でも芸人という仕事も奥が深いんですね。真面目になればなるほど自分と観客の間で苦しくなる。ピースはコンビ活動休止だそうで、又吉さんは引き続き執筆するのかな?
    ナイス ★29 コメント(0) - 3月25日
    ずっと気になっていた1冊。 期待が大きくなりすぎちゃったかなぁ。 始まりの数ページは、読みづらさはあったものの 次第にリズムになじんだ。 又吉氏の自伝的作品なのかとも思ったけれど。。。 ラストは、ちょっと受け付けないなぁ。。。 
    ナイス ★23 コメント(0) - 3月24日
    お笑いに魂を売った男。読了した時に僕の頭を掠めたのがこのフレーズでした。どこぞの芸人だったか、何かの番組だったのか、はたまた漫才師を題材にした小説だったのか定かではありませんが、神谷という男は著しくこれに該当すると思います。 ここまで後先考えずに行動できるのは、ある種の天才だし狂人でもあります。正直、神谷に対しては嫌悪感しかありませんが、それに魅了してしまう徳永の心情は近しいものを感じてしまいます。自分には明らかに欠陥しているものをばからしい程に持ち合わせている男。やっぱり、僕も神谷には魅了されていました
    ナイス ★25 コメント(0) - 3月24日
    又吉はどんな人なんだろうという興味もあり、手に取りました。 独特のネガティブさと考察力を感じた。ページは少ないけれど、一文一文、丁寧に書いていて、濃い内容だった。日常のふとした瞬間を言葉で巧みに表現できるのがすごい。
    ナイス ★26 コメント(0) - 3月24日
    お笑い芸人のやりとりの軽妙さ、空気感はすごくでているし、又吉にしか書けなかったものだとは思うけれど、芥川賞には少々エンタメチックというか軽い印象を受ける。やっぱり話題性での受賞じゃないかなあ、と邪推するような。とはいえ、軽くはあったけど薄くはなく、読み応えはあった。今後、自分から離れた話を書いた時に、どういうものを書くのか、気になる作家ではあると思う。
    ナイス ★29 コメント(1) - 3月23日
    お笑いについて、真剣に取り組んでいるのは、すごく伝わった。でも、正直前半は、かなり退屈でした。面白くなってきたのは、終盤のスパークス解散の漫才シーンから。徳永の溢れる想いに感動して、最後は、神谷が究極にあほんだらで笑えました。
    ナイス ★42 コメント(0) - 3月23日
    序盤の入りがつまらない。難しい単語を羅列しただけという感じ。特に文章や表現に美しさはなく、情景描写も上手くない。最後の方は、どこをめざしているのかが分かってきたので面白みも若干は感じたが、基本的には終始退屈な本。夢を追いかけること、笑いとは何か。ありのままの姿でいること。そんな内容だが、全く訴えてこない。
    ナイス ★20 コメント(0) - 3月22日
    う~ん…関西弁ってとこで、少し面白さが伝わらないのかなぁ~って感じ。
    ナイス ★15 コメント(0) - 3月22日
    可もなく不可もなく.ただ必要以上につらつらと文章がかかれてるだけでたまに読む気が失せるときがありました.あと,二人の掛け合いが面白くなくてそういった部分が残念でした.
    ナイス ★17 コメント(0) - 3月22日
    文庫になったので挑戦。う~ん。あんまり面白くなかったなぁ。特に神谷さんの考え方が全然意味わかんなかった。神谷さんに魅力を感じられないから、なぜそこまで徳永が尊敬できるのかも理解しがたい。
    ナイス ★19 コメント(0) - 3月22日
    ri
    これだけのものを書くのはやっぱり大変だろうから、又吉さんには才能があるんだと思う。でも、他の方も指摘している通り、ところどころ難解な言い回しというか、回りくどい表現があった。そのわりに心に響く場面は見当たらない。作品全体としての重みを鑑みても、芥川賞受賞に値する作品かというとちょっと疑問。受賞に際し、裏で何かしら政治が働いたのかなーと勘ぐってしまった。芥川賞受賞作などという肩書きがなければ、もっと素直に面白がることができたと思う。もっとも、その肩書きがなかったら手に取ることすらなかったような気もするが。
    ナイス ★22 コメント(0) - 3月22日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    又吉直樹の関連本

    劇場
    劇場
    83登録
    東京百景 (ヨシモトブックス)
    東京百景
    2861登録

    この本を読んだ人がよく読む本

    火花をシェアする

    火花の 評価:70 感想・レビュー:358