阪急電車 (幻冬舎文庫)

感想・レビュー(43991)

◯/◆→でもなく←でもなく=が良い(一方通行の想いは×)◉呪うには呪うだけの覚悟と贖いが要る.相手の嫌がることせんと思うのが好きっていうことちゃうの?.価値観の違う奴とは辛いと思えるうちに離れる。無理に合わせて一緒にいたらその価値観に慣れてまう。
ナイス ★58 コメント(0) - 4月26日
ベタ甘のラブストーリーたち。でも、嫌いじゃないです。今津線ってある意味一番阪急線らしいかも(関西在住です)知らない人が乗り合わせる電車ならではのお話が展開していきます。なんだかけちのつけようのないところが、なんとも。地元民からもそうでない人からも愛される連作集だと思います。ええわあ。
ナイス ★30 コメント(0) - 4月24日
再読。やっぱり面白くて一気読みだった(^-^)婚約破棄された翔子さんの話はいつも胸を締め付けられる痛みを覚えるけど、応援せずにはいられなくなる。自分も傷付く覚悟で戦っている相手に偉そうに説教出来ないっていうおばあちゃんの言葉に激しく共感。何気ない出会いで、パラダイム転換が出来ていく連鎖が見事だった!!
ナイス ★33 コメント(0) - 4月23日
読んでると、懐かしい風景が目に浮かぶ。電車に乗ることがほとんどないので、電車っていいよなぁと、あらためて思う。 電車に乗りたい❗
ナイス ★39 コメント(3) - 4月22日
映画後の読了!年齢的には白いドレスの女性の気持ちが痛いほどわかり、勇気をもらいました。おばあちゃんの愛情もすき。
ナイス ★29 コメント(0) - 4月22日
約半世紀関東圏で住む私には全く縁のない路線ですが、それぞれの乗客にドラマがあり、それらがつながってる様が面白く、且つ、ほっこりするストーリーで良かった。最後はすっきり、前向きになれる。
ナイス ★31 コメント(1) - 4月22日
内容はまったく知らず、こちらの皆さんの感想でおもしろそうだったので読みました。。阪急電車の今津線?だったかな?でのたった片道15分間の駅間でのお話で。うまく、登場人物がそれぞれ赤の他人なのに重なり合っていく感じ。中には現実にありそうなリアルな情景なのに、なぜか読む手が止まらない。面白かったです。今津線は多分?乗ったことがないかな?阪急電車はあるけど。でも、なぜか頭の中にドラマの様にイメージが浮かんできて、すこしほっこりもする。読んでいてとても楽しいお話でした*
ナイス ★36 コメント(0) - 4月21日
何度目かの再読。大好きな作品です。昨年初めて大阪に行って、阪急電車に乗ったのを思い出しながら(今津線ではなかったけれど)読了。「通りすがりの人」との出会いって素敵だなあと、あらためて思う。以前電車で出会い、本の話で盛り上がったインド系のお兄さんを思い出しました。
ナイス ★51 コメント(2) - 4月20日
★★★★☆関西の私鉄ローカル線、阪急今津線。宝塚から西宮北口まで僅か20分という短いその路線の中で演じられる、乗客たちの話を描いた連作短篇集。各篇の主人公は異なるが、同じ時間帯の同じ電車の中ということで、それぞれ袖触れ合いつつという形でリレーのように話が繋がっていくところが楽しい。一つ一つ別の恋物語があり、破局の物語、あるいはおばあちゃんと孫娘の物語ですが、皆ひとつの今津線の物語。何といっても舞台設定の妙に加えて、小気味良さ、会話の面白さが魅力。面白さの要因のひとつとして、関西弁の存在が欠かせません。→
ナイス ★93 コメント(6) - 4月20日
以前読メでオススメされた本。大阪出張の折、阪急電車の中で読みました。今津線じゃなく千里線でしたけどね。関西の郊外を走る電車の、鷹揚で明るい雰囲気が出ていていいですね。登場する女性たちは幼児から老婆に至るまで、いずれも好もしくて印象的。彼女らが微妙に接点を持ちながら進む往路、それがさらに描き込まれた復路、どのエピソードも派手さはないながら巧みに心に落とし込まれる感じで、書き手の達者さを味わいつつ読み終えました。尺も手頃でこれは何度も再読しそう。5つ星。★★★★★ 仁川って競馬場以外の場所にも行けるんや……。
ナイス ★34 コメント(0) - 4月19日
再読でした。 本当に好き。出てくる人達もその生活がある風景を想像するのも。 どちらかというと電車より車派なのは否めないけど、やっぱり外が見える電車って楽しいなって思う。 そして最近思うのは、小さい子とか学生もだけど“いい歳した中年の”と言われる方々の賑やかさも目につくな、という所。 本にもあったけど、集団で乗ってくる時から既に賑やかで。あぁ…と思う。 でもそんな電車の中でも出会いがあって。こんな風に言ってくれる人いるかな?って思ったり、2人の出会いのきっかけになった物が私の好きな物だったり…きゅんでした。
ナイス ★40 コメント(2) - 4月19日
すごく好き。次々と乗車しては降りていく主人公たち。人生のほんの一瞬、私も乗り合わせたみたいな気持ちになりました。有川さんの描く女性はとても魅力的で、討ち入りを果たした翔子さんも、大人びてるけど年相応なえっちゃんも、ワラビが好きな素朴で素直なゴンちゃんも、前を向くミサちゃんも、実はしたたかなユキちゃんも愛おしくてたまらなくなった。明日はきっといいことがありそうな気持ちになるお話達でした。
ナイス ★41 コメント(0) - 4月18日
この人の書く小説が甘過ぎるという評判をちらほら見かけたので逆に気になって手に取ってみた一冊でした。以前から気になっていた本でもあったので。実際読み始めたらなんだか楽しくて一気に読んでしまいましたが、登場する幸せな恋人達は確かに甘々でしたねえ。連作短編集ならでは、なのかなという気もするので他作品も読んでみたいと思います♪
ナイス ★34 コメント(0) - 4月18日
とても読みやすかったです。それぞれのストーリーがつながっていくのが良かったです。
ナイス ★32 コメント(0) - 4月16日
とっても面白かったです どれも清々しくなる話で一気に読みました いやー面白かった^_^
ナイス ★31 コメント(1) - 4月16日
駅ごとに登場人物が変わっていってそれぞれ小さな話がついてる。電車の往復で話が進んでるので一緒に電車乗ってる感じでおもしろかった!
ナイス ★31 コメント(0) - 4月15日
婚約破棄された翔子さんのお話にググッと力が入った。
ナイス ★20 コメント(0) - 4月15日
降りたくない小説でした。「はじめまして、さようなら。」が「こんにちは、またね。」に変わる。そんな景色がたまらなく愛おしいのです。素敵な偶然(もしかして必然?)が連続する温かな物語でした。世界中にたくさんの幸せな出逢いが訪れますように。
ナイス ★57 コメント(2) - 4月14日
お話がリレーされていくので、楽しい。しかも、折り返す。特に連携プレイで、おばさん達と戦うのが好き。いつか今津線に乗ってみたいなあ
ナイス ★30 コメント(0) - 4月13日
あっという間にぐいぐいと読んでしまった。思わず声を出して笑った場面もいくつか。展開もおもしろかったし、いろんな人が物語に重なって登場して、主で語る人がかわっていく展開は好き。何度か読みたいな。
ナイス ★29 コメント(0) - 4月12日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

有川浩の関連本

この本を読んだ人がよく読む本

阪急電車をシェアする

阪急電車の 評価:58 感想・レビュー:11105