古書カフェすみれ屋と悩める書店員 (だいわ文庫)

感想・レビュー(86)

2巻。カフェのバイトも増え、新メニューも増え、でパワーアップするすみれ屋。でもバイトが増えたおかげですみれさんと神野くんの閉店後の食事タイムが減っているのがちよっと寂しいような……まあなんかふたりはすでら熟年夫婦みたいな感じになりつつあるけど(笑)。
ほまりさんの登場により、今後は1話につき、3冊の本が売れることになるのかな...。
ナイス ★4 コメント(0) - 4月29日
お客さんの悩みごとを頭の隅に置きながら紙野くんが勧めてくれた本を読む。言わんとしたことが何なのか何度も読んだけど難しかったなぁ...すみれさんレベルの推理しかできなかった(≧∇≦*)紙野くんの洞察力と豊富な知識、蓄積された情報がスゴイ!ミステリーだゎ。最後の『彼女の流儀で』なんて2時間ドラマのサスペンスみたいで嫌ミス(・∀・)こ、こわー!でも紙野くんとすみれさんの方はなかなか進展しないけどお互い好意を持っていることだけでも伝わってきてほっとしました(*´︶`*)♡T
ナイス ★13 コメント(0) - 4月28日
カフェに店員さんが、1名増えた。相変わらず、美味しそうな食べ物が出て、気になる本が出てくる話。個人的に今回は、美味しいと評判の本格的なハンバーガーを食べに行ってみたくなった。
ナイス ★2 コメント(0) - 4月25日
サンドイッチ食べたい!本と一緒に出前してくれ〰
ナイス ★7 コメント(0) - 4月24日
シリーズ二作目。謎と本と料理。紙野の謎解き本は今回も気になるものばかり。最近、お手本を逆さまにして絵を書くという話をよく聞くけれど、この本を読めば私でも絵が上手くなるのかな。「台所のおと」はずっと気になっていた。楓は料理上手。こんなになんでも作れるなんて中村が羨ましい。でも今回はパンに何かをサンドした料理たちがいちばん美味しそうだった。全部並べて味わってみたい。
ナイス ★22 コメント(0) - 4月24日
前作のラスト、続きそうだな~と感じさせる終わり方でしたので、続巻出て嬉しい♪ まぁ、読んでてお腹が空くお腹が空く(苦笑) 本場のチリドックが食べてみたい~。
ナイス ★1 コメント(0) - 4月22日
シリーズ2巻目。古書カフェすみれ屋が舞台の日常ミステリー。訪れた客が持ち込む様々な謎。それを解決するには本の中にヒントが。今回はどんな本に出会えるのか?ワクワクしながら読みました。元書店員の紙野さんの本に関する知識はすごいな。この本で紹介される本は普段読まない系統がほとんどなので、こんな本もあるんだと参考になります。中で引用されてる詩とか良いですね!本では『台所のおと』が非常に気になりました。またすみれさんが作るサンドイッチが美味しそうなこと!こんなお店があったら常連になりたいくらい。次巻期待してます。
ナイス ★53 コメント(0) - 4月22日
第二弾。美味しい食べものと本、どちらも好きなものなので、そしてミステリーとくれば得した気分です。[ほろ酔い姉さんの初恋]が謎解きにまで食べ物が絡んできて、お腹が空きましたが(笑)良かった。そして何よりサンドイッチ!読んでいるだけなのに、頭に映像で浮かんできます。こんな素敵なお店があったら私も常連になりたい。
ナイス ★6 コメント(0) - 4月21日
紙野君がお客様に本を薦めるとき、きっと何かが起こる…前作がとても良かったので友人に薦めたところ「次の作品も早く貸して!」と急かされてしまいました。そして最近、彼女との話題はサンドイッチについて。この作品の影響にどっぷりと浸ってますね、ふたりとも(•'-'•)
ナイス ★2 コメント(0) - 4月20日
サンドイッチ食べたい!(笑) 今回も気になった本がいくつか。落語気になってたから『古典落語』は今度読んでみよう。『台所のおと』も気になる。 p.87「本は未知の世界への扉を開く鍵」 p.148「本って時空を超えた贈り物を運んでくれる乗り物」 p.150「本を読むことは場合によっては人生を変えてしまうくらいすごい体験そのもの」
ナイス ★13 コメント(0) - 4月19日
無性にサンドイッチが食べたくなる本!出てきた詩集がまた素敵。絵を描くのが下手な私にとってなんとも興味深い本も出てきた。是非とも試してみたい。それにしても2人の仲が全くすすまなかったけど、まさかこのままの距離って事はないよね。続きに期待。
ナイス ★7 コメント(0) - 4月18日
ホットドッグ食べたい。
ナイス ★30 コメント(0) - 4月17日
★★★★☆ すみれが作るおいしそうな料理描写と、紙野の洞察力の鋭さは相変わらず。悩みを抱える人に答えを教えるのではなく本を薦めて自分自身で気づかせるスタンスは好み。でも、個人的には答えを早く知りたいのに、すみれが「まだ答えは言わないで」と紙野に言うたびに焦らされる。子どもの本専門のブックカフェを目指すほまりのキャラは好感が持てるしすみれ屋に頼もしい店員が新しく登場したが、すみれと紙野の2人で切り盛りする設定が気に入っていたので少し残念な気持ちも。もう少し2人の進展を描いてほしい。→
ナイス ★19 コメント(1) - 4月16日
すみれ屋第2弾。今巻には新キャラほまりさんも登場して、2人から3人に。おすすめの1冊もそうだけど、すみれさんの作る料理がとても美味しそうでした。食テロだ(笑)最初の千穂さんの話もサンドイッチの話も最後の司さんと楓さんの話も良かった。サンドイッチってあんなに幅広いジャンルなんですね。ボリューミーなサンドイッチが食べたくなりました。
ナイス ★34 コメント(0) - 4月9日
今回も楽しませてもらいました‼続編が出て嬉しいです(^^)すみれさんと同じで、私も紙野くんが選ぶ本に興味津々でした。紙野くんの「本は、未知の世界への扉を開く鍵」という考え方、すごくいいですね(*´∀`)すみれさんのサンドイッチが食べたい‼
ナイス ★19 コメント(0) - 4月8日
シリーズ第2弾!設定にやや強引な面も感じないでもないが、加えて、古書販売担当の男子店員が悩みを抱えたお客に「この本を買ってください。」と売り込むのは、もはやご愛嬌。謎を秘めた悩みを解決するために売り込まれた取り込まれた本は実在の作品ばかり。ひたすら本を紹介するガイドブックより内容が掘り下げられて、その作品の魅力を事細かに引き出しているので、読んでもいないのに読了したような錯覚をもたらす。女子店主がカフェで提供される料理も申し分なく、空腹時に読めば垂涎間違いなし。2人の先行きにも目が離せない。
ナイス ★13 コメント(0) - 4月7日
頼むから古書カフェすみれ屋を家の近くに作ってくれー!と思わず叫びたくなるくらい魅力的なお店。料理の描写に食欲がわく。お酒が飲みたくなる。ついでに作中に出てくる本も読みたくなる。というわけで、いろんな欲が刺激される1冊。謎解きに関しては、今回はさほど印象に残らなかった。とはいえ、読後感は大変満足。…いや、小腹空いた。笑 どうしよう…
ナイス ★9 コメント(0) - 4月4日
今回も美味しそうな料理ばっかり(笑)サンドイッチが食べたくなる〜
ナイス ★3 コメント(0) - 4月4日
(購入)食べ物がおいしそうなのはなによりだけど、二人の距離が全然変わらないね(笑) 進展しないかなぁ~。
ナイス ★14 コメント(0) - 4月2日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

里見蘭の関連本

この本を読んだ人がよく読む本

古書カフェすみれ屋と悩める書店員をシェアする

古書カフェすみれ屋と悩める書店員の 評価:88 感想・レビュー:38