ときどき旅に出るカフェ

感想・レビュー(8)

久しぶりに、次が気になり一気に読めた本。ハートフル・世界の料理・謎解きetc...自分の好みが詰まっていた♡近藤史恵の料理小説は癒されます。
10話からなる連作短編集。主人公は37歳独身一人暮らしのOL奈良瑛子。休日に久々に自転車で出かけて、小さなカフェを見つける。カフェの名は「カフェ・ルーズ」。オーナーは葛井円。かつて瑛子の会社で半年だけ働いたことがあった。偶然カフェ・ルーズで出会う。そこは毎月一日から八日まで休みというカフェ。その期間は円は旅行にあてていて、見つけた各国の美味しい食べ物や飲み物をカフェ・ルーズで出している。そんなカフェがお気に入りになる瑛子。各話ごとにスイーツが出てきて、美味しそうだった。読後感は良い。
ナイス ★22 コメント(0) - 4月24日
流行りなのか食べ物のからむ小説が増えてるようですが、近藤さんのは格別です。美味しい料理はもちろんですが、普通に起こる日常の困り事や人間関係を上手に解きほぐしてくれます。初めての味、違う世界に一瞬連れていってくれるカフェ・ルーズ。行ってみたい~!
ナイス ★4 コメント(2) - 4月24日
4月23日:こりん
4月22日:maria
4月22日:ティンカーベル
sai
「苺のスープ」「ロシア風チーズケーキ」など世界のスイーツを出すカフェ・ルーズ。日常のちょっと苦い事件を甘く、優しく解決していき…。“おいしい”連作短編集。
ナイス ★18 コメント(0) - 4月22日
4月18日:hina

今読んでいるみんな最新5件(3)

04/23:のぶのぶ
04/23:nobugnobug
04/21:都希都希

積読中のみんな最新5件(15)

04/24:appleapple
04/23:ちいちい
04/23:しろいぬしろいぬ
04/22:はなはな
04/22:emikoemiko

読みたいと思ったみんな最新5件(356)

04/24:いちごいちご
04/24:ミーコミーコ
04/24:こんこん
04/24:あんあん
04/24:めいめい

この本を読んだ人がよく読む本

ときどき旅に出るカフェをシェアする

ときどき旅に出るカフェの 評価:100 感想・レビュー:4