白川静 漢字の世界観 (平凡社新書)

感想・レビュー(263)

ポケモン技 呪能
【EXランク】《デッキ名:生命の思想》玉・弄・貝・嬰・黄・揚・采・拝・見・丑・終・純・衣・裏・市・環・遠・面・卒・死・尽・亡・難・旧・奪・莫・散・唯・鳴・壁・進・鳥・鬼・畏・異・化・県・首
サイとはゲームキューブである。
サイとはゲームボーイである。
サイとはモンスターボールである。
玉弄貝嬰黄揚采拝見丑終純衣裏市環遠面卒死尽亡難旧奪莫散唯鳴壁進鳥鬼畏異化県首
日月大女止又川木本末文彦姫顔上下夫妻母令長不非我老名字祭今昔来馬虎サカナ
ドンキーコング 禹歩禹歩
ネス マザー サイ
マナカナ
難しい部分もあり、とても理解できたとは言えないのですが、なるほど、すごい、と思う部分もありました。特に印象に残ったのものの一つ目が一章のタイトル「文字が世界を覚えている」という言葉。その章を読んでいるうちに漢字の一つ一つから古代の世界が立ち上がってくるような印象を受けました。もう一つが「漢字は国字である」という言葉。漢字が中国から伝来し、様々に姿を変え、日本語に溶け込んでいることは理解していましたが、確かに日本語としての漢字の使い方は中国のそれとはかなり違っていて、国字であるといううのにも頷けます。
ナイス ★4 コメント(0) - 2016年8月28日
★★☆☆☆ 白川先生の漢字世界への入門書というよりは、すでに白川先生の著作を読んでいて、もっとその世界観を知りたいという人向け。白川静入門なら、やはり本人が書いたものを読むのが一番いい。これは松岡さんが悪いのではない。白川先生の著作が面白すぎるのだ。
ナイス ★8 コメント(0) - 2016年8月21日
漢字には呪能がある。言葉の新しい(自分にとっての)面が発見できた。いままでは人偏は人に関係するとか草冠は植物の仲間とか考えて満足していたが漢字の懐はもっと深かった。偏やつくりに使われる「口」が大切なもの(呪術的な意味の)を納める箱を表している、とする解釈を知るだけでこれまでとは違って、漢字一字一字に緊張感が生まれた。すごい。白川先生の著作は難しそうでこれまで手が出なかったがこの入門書を機に読んでみたいと思う。漢字ってわくわくする!!
ナイス コメント(0) - 2016年7月29日
漢字の歴史・由来・意味は古代中国の亀甲文等から祈祷・占いが源となるという白川氏の漢字観を松岡正剛氏が熱く紹介している。成程と感じたところも多数あった。漢字の元を生んだ中国ではこのような研究はしていないようで崩した中国語がまかり通っている。漢字は今や日本の言葉になっていると感じた。
ナイス ★17 コメント(0) - 2016年5月28日
漢字に込められた意味、願いに圧倒された。「思いは言葉にするとかなう」とは、まさしく漢字の成り立ちそのものにも通じていると感じた。
ナイス ★4 コメント(0) - 2016年1月21日
遊ぶものは神である。神のみが遊ぶことができた。遊は絶対の自由と、ゆたかな創造の世界である。それは神の世界に外ならない。この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。遊とは、この隠れたる神の出遊をいう。
ナイス ★6 コメント(0) - 2016年1月5日
漢字が成立した時代の人びとの生きかたや考えかたを示す甲骨文や金文を正確に知り、体系づけ、古代からの東洋文化を解明しようとした白川先生のすごみをしりました。次に図書館に行った時は『字統』『字訓』『字通』に触れてみようと思います。
ナイス ★6 コメント(0) - 2015年12月29日
漢字の呪術的役割がよくわかる。まだまだ入門編なので、漢字の世界に溺れてみたい。
ナイス コメント(0) - 2015年9月22日
博覧強記の松岡正剛さんが、これまた漢字の世界では並ぶものない白川先生の漢字の世界についてかかれたもので、その足跡を漢字という観点から記されています。松岡さんとしてはページが足りなかったような感じですが、私たちにはこれくらいが読みやすい気がします。私も10年以上前にかなり白川さんの著作を読みましたが、一人でこのような業績を成し遂げたとはとても信じられませんでした。白川世界の入門書としては先生以外が書かれたものとしてはこの本はいい本だと感じました。
ナイス ★85 コメント(0) - 2015年8月10日
松岡正剛さんによる白川静さんの入門書!分かりやすい!読んで良かった〜。漢字にそんな世界があるなんて知らなかった。読書好きとしては、一度はちゃんと学んでみないと、と改めて思う。別冊太陽とこの本で下準備して、次はいよいよ岩波の「漢字」に挑戦するぞ〜!!
ナイス ★5 コメント(0) - 2015年6月24日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

松岡正剛の関連本

この本を読んだ人がよく読む本

白川静 漢字の世界観をシェアする

白川静 漢字の世界観の 評価:74 感想・レビュー:84