大奥 12 (ジェッツコミックス)

感想・レビュー(1471)

はぁ、やっと居なくなったか。。
ナイス ★1 コメント(0) - 4月29日
黒木とるいの夫婦がとても良くて和みます。熊痘も見つかり赤面疱瘡撲滅まであと少し。反対に治済はますます不気味で何と息子まで殺そうとします。もう何を考えているのか理解できない・・・・。と思っていたら大ドンデン返し。いやー、びっくりしました。
ナイス ★7 コメント(0) - 4月21日
盛りだくさんで面白かった。サイコパス治済、仕事のおかげでしっかりしてきた家斉、御台とお志賀の結託、熊痘の定着など。この後も楽しみ。図書館本
ナイス ★7 コメント(0) - 4月20日
家斉、怖い母にも負けず、よく病気撲滅チームをサポートした!御台と大奥総取締は、よく耐えて、策略でボス婆を倒した。
ナイス ★3 コメント(0) - 4月14日
感無量。この物語のひとつの軸であった赤面疱瘡との戦いについに決着。身分や人種、性別を超えた長い長いチーム戦に拍手。
ナイス ★1 コメント(0) - 4月6日
再読。赤面疱瘡克服話が完結。杉下といい、黒木といい、意外な人が長く物語で輝くのがまた、大奥の面白いところ。1冊読んでる間に2冊くらい前の話忘れるから、伊兵衛の大奥入り前のエピソードとか当初のぐうたらな態度とか何回読んでも「こんな人だったっけ!?」って驚く。
ナイス ★3 コメント(0) - 3月31日
景保さんが可愛かったです。やー、泣きました。感動巻でしたね。死んでいった人たちのために、人痘接種を広めるための黒木良順の奮闘っぷりには、感嘆するばかりでした
ナイス ★6 コメント(0) - 2月25日
このどんでん返しの見事さには快哉を叫んだ。良作だなあ。相変わらず吹き出しの文字数は多いけど。実際の徳川幕府の政治も気になってくるぐらい。
ナイス ★2 コメント(0) - 1月15日
ずっと積ん読にしておいたのですが、やっぱり面白いわ。正室と 側室の絆、家定の偉業、そして黒木良順、最高。
ナイス ★7 コメント(0) - 2016年12月31日
徳川時代も終わりが近づいていく。子づくり専念だった家斉が男性ばかり罹患する「赤面疱瘡」に向き合う。家斉のイメージがなんとなく変わってきたような…。
ナイス ★15 コメント(3) - 2016年12月14日
平々凡々な男と思ってた家斉がまさかの豹変ー!御台所と滝沢の連携プレイに泣きそうだった。源内さんが言ってたクマ牧場が本当になっちまうんだもんなぁあんた本当にすげー奴だったよ。一貫して歴史的には暗愚な人物汚れた人物として評価されている人が実は……って趣向に唸らされる。そして、黒船。
ナイス ★10 コメント(0) - 2016年11月30日
ミステリー好きとしては佯狂だったことはなんとなく気付いていました。 それを差し引いても気持ちがいい巻でした。 今まで色々な将軍や大奥を支える人物がいましたが、結果がどうあれ皆自分なりに日本を良くしようと考えての行動だった気がします。 が、治済だけは完全に私利私欲、それどころかこれってただのサイコパスなんじゃ……。 そんな母親を打ち破った家斉だったけど、血は争えないんですね……。 とりあえず、ここで赤面疱瘡も解決し次は新章へ突入、期待しています。
ナイス ★10 コメント(0) - 2016年11月10日
本書は、もし男女が逆転した大奥が有ったら、というIFから始まる不思議な世界を描いたマンガです。第12巻では、徳川治済に子を殺された同士である家斉の正室、側室が協力して策略を練り、命懸けで治済に復讐を遂げる様子と、家斉が黒木を支援してついに赤面疱瘡を撲滅させる様子が描かれます。男の人数が増え、赤面疱瘡以前の男女比に戻ったのに、家善の次の十三代将軍は女性の家定が継ぎ、時を同じくして浦賀にペリーが現れます。大政奉還が近付くこの時期に、あえて女将軍を持ってきた意図は何なのでしょう。今後の展開に期待が高まります。
ナイス ★5 コメント(1) - 2016年10月29日
《私-図書館》女ってやはり、強いし怖い。赤面疱瘡の治療にも、やっと希望の光が、見えてきて。
ナイス ★6 コメント(0) - 2016年10月11日
女の執念というものを見せられた一冊でした。
ナイス ★1 コメント(0) - 2016年9月4日
家斉で男将軍に戻した構成は本当に見事だと気づかされる。そして黒船来た~
ナイス ★2 コメント(0) - 2016年9月1日
やっと倒れたかー。最後は遊んで楽しく暮らせたんだから幸せよね。一体何十人に毒をもったのやら。1巻から始まった病気も完治したようだし、ここで終わりと思ったら? 黒木夫婦のらぶらぶぶりがステキ
ナイス ★4 コメント(0) - 2016年8月25日
御代と滝沢の大どんでん返しが見ものでした。熊痘も成功し日本全国にひろがり、開国までに男子人口増加がみこまれそうです。日本最大の居抜き物件となる江戸城。最後の将軍は男子かな?このまま維新の獅子達も新選組も女性バージョンもちょっと夢見がちな気持ちで見てみたい気もする私ですが。欲張りやさんかな。先日ジェンダーの本を読んだけどこの漫画の方が女性は、男性は、何々すべきであるといった社会制度がはたらく世界観のとらえ方がよほど解りやすい作品だと思ったりもしました。
ナイス ★6 コメント(0) - 2016年8月24日
御代様と滝沢様の演技は執念を感じさせられるけれど、元となった治済公がひどい人物だものな・・・。治済公が死に、家斉公は赤面疱瘡克服に力を入れ、男子が死なない時代がようやく到来。
ナイス ★3 コメント(0) - 2016年8月12日
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/b29d5bbddc33e24e0b64d7b6669f9c1c
ナイス ★1 コメント(0) - 2016年8月8日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

大奥シリーズ

よしながふみの関連本

この本を読んだ人がよく読む本

大奥 12巻をシェアする

大奥 12巻の 評価:44 感想・レビュー:529