大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)

感想・レビュー(749)

少しずつ築かれていく2人の関係がいい。このまま幸せに過ごして欲しいけれど。
ナイス ★9 コメント(0) - 4月22日
正弘の最後の登城、家定との対面のシーンではでは、胸が締め付けられた。言葉のひとつひとつが重い。聡明な家定と胤篤との会話は気持ちよくもあり、このままこの幸せがずっと続けば良いのに、と思ってしまう。
ナイス ★16 コメント(0) - 4月21日
いやぁいい巻だった。家定と阿部正弘、家定と胤篤。信頼と温もりを感じます。
ナイス ★9 コメント(0) - 4月20日
Fe
白泉社 2017年3月刊。『メロディ』2016年6月号~12月号に四回掲載。江戸城大奥を舞台にした歴史改変SFマンガの第14巻。表紙カバーと標題紙は十三代将軍徳川家定[女]と薩摩藩島津家からの御台様近衛胤篤、後の天璋院篤姫[男]。カバー裏見返しは老中首座阿部正弘[女]。カバーをはずした表紙は近衛胤篤。阿部正弘三十九歳で病没。次の老中首座堀田正睦(まさよし)は日米修好通商条約への勅許で罷免。井伊直弼大老就任。家定懐妊! となって第14巻は終了。「続きはメロディ4月号(2017年2月28日発売)で!!」帯
ナイス ★32 コメント(1) - 4月20日
江戸最後の女性将軍か?これから大きく時代は動くが。
ナイス ★16 コメント(0) - 4月18日
物語はいよいよ幕末に。しかし14巻は、胤篤が少しずつ家定の心に近づき、傷を癒し愛し合うようになるまでが主軸に描かれている。そういえば女性向けコミックだったなぁ…と、ちょっとガッカリ。2回も日本にやってきた黒船のペリーも出てこなかったしなぁ。男女の愛もいいが、それよりもこの「大奥」でなければ描けないものが他にもあるのでは…。まあ深謀遠慮をめぐらす手強い悪者が出てこないので、盛り上がりに欠けるのは仕方がないかも。ラストで井伊直弼が大老になり、次巻には吉田松陰が出るかも~と期待。
ナイス ★20 コメント(0) - 4月18日
受験勉強に良いかもしれない(笑)そして人の人生の指南書としても。こうありたいと思わせるものがある。
ナイス ★19 コメント(0) - 4月18日
家定有能説は大河ドラマから見慣れてたので、さらっと読みました。むしろ慶喜を魅力的に描いた作品て本当の意味で出会ったことなくて(人格的にも時代的にもあまりに不透明かつ複雑すぎるんだろうね…)、色んな常識を覆して来たこの漫画に少し期待してたんだけど、やっぱり無能側の設定かといささか残念。これからの展開次第ではわかんないけど、無理だろうな〜まだ井伊直弼の方が期待が持てる(^^;)私は井伊大老は割と好きなので。富子姫=家茂が女の子ってことは、和宮は男ってことよね。そこが凄く楽しみ!
ナイス ★13 コメント(0) - 4月16日
M77
正史に合わせながら逆転大奥という大嘘を表現する綱渡りも面白いが、やっぱりこの漫画の面白さは人の繋がりの美しさだよな。もちろんそれも、正史の縛りあってこそなんだけど。悪役が、もうほんとにモンスターめいた悪役なのも魅力の一つかも。
ナイス ★19 コメント(0) - 4月16日
胤篤にすごくトキめいて、そんな人に愛される将軍が羨ましすぎて。こんな一生が続けばいいのに。
ナイス ★12 コメント(0) - 4月15日
読むたびに傑作だと思う 篤姫の賢母(?)ぶり 家定の苦悩 居なくなって初めて知る正弘の有能さ 人の命と政情の動き、外交に苦しむ鎖国下の江戸幕府 世の中を動かすってすごい圧力を背負ってるんだな SFと銘打たれており、SFだったんだあと間抜けに思った でも未だに?と思ってる
ナイス ★18 コメント(0) - 4月15日
赤面疱瘡が撲滅されて男社会に戻った中、女の立場が辛い。ペリー来航で、激震する幕府。阿部正弘が踏ん張ったものの、流れは変えられないところが辛い。家定と篤姫の仲が円満なのが唯一の救い。これからいよいよ幕末のいろんな大事件が起こると思うと、読み進めるのが楽しみだけど怖い。次は桜田門外の変かな。
ナイス ★15 コメント(0) - 4月15日
篤姫ならぬ胤篤の登場でやっと明るい兆しが見えてきたと思ったけど、史実を調べてみると……なんだよね、悲しい……。阿部正弘との最後の会話の場面で泣きそうになった。
ナイス ★16 コメント(0) - 4月15日
“人は悲しいにせよ 楽しいにせよ 己の来し方を一つの物語に編んだ時 どこか心が安らぐものでございます”
ナイス ★11 コメント(0) - 4月14日
胤篤と家定の心の触れ合いと深まる愛情がじぃんと心に染みる。阿部正弘の若すぎる死。本当に、本当に、健康になった家定の姿を見せることができてよかった。正弘の死後、開国に向けて国内情勢はますますキナ臭くなり、とうとう誕生した大老・井伊直弼。そしてこのタイミングで発覚する家定の懐妊。この先の展開が気になって仕方ない。ハリスと将軍の対面における奇行、きっとちゃんとした歴史と合わせてるのよね。ほんと感服する。
ナイス ★14 コメント(0) - 4月13日
表紙の印象から家定と胤篤は対立するのかと思ったが少しずつ仲良くなって最後にはご懐妊まで!めでたい!胤篤と瀧山も同志って感じで仲良くなっていったのに正弘が〜涙。日本はちっぽけな国だからアメリカやイギリスにとって清国ほど重要視されずに済んだのか…それは微妙。家定は名君になるのかまた次まで待たねばならないのか!
ナイス ★18 コメント(0) - 4月13日
レンタル..篤姫と瀧山のドロドロ大奥にならなくて良かった!篤姫にちょっと嫉妬しつつも小姑している瀧山に和む♪大奥の歴史も後少し!残り2人の将軍も登場したので男女逆転したこの世界がどう決着するのか楽しみに次巻を待とう!!
ナイス ★19 コメント(0) - 4月11日
新刊出てて小躍りで購入。ずーっと孤独だった家定がやっと報われ始めて泣ける。そして正弘にも泣かされる。相変わらず素晴らしい。帯に「受験勉強にうってつけ」的なアオリが書いてて納得した。
ナイス ★13 コメント(0) - 4月10日
ちょいちょい泣かされる。素晴らしい作品。300年の歴史があるから余計だろうな。
ナイス ★19 コメント(0) - 4月10日
帯の「日本史の勉強になります!」は違うと思う。
ナイス ★9 コメント(0) - 4月9日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

大奥シリーズ

よしながふみの関連本

この本を読んだ人がよく読む本

大奥 14巻をシェアする

大奥 14巻の 評価:70 感想・レビュー:283