あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)

感想・レビュー(1902)

m
前作を読んだのが昨年の10月。どんな話だったか思い出すのに時間を要したものの、面白くなってきたところで次巻へ。徳兵衛なんていなくなってしまえばいいのに、と思っていたら本当にいなくなってしまった。息子にも先立たれ、孫も見送らねばならない富久が可哀想でならない。次は明るい話だといいなぁ。
ナイス ★10 コメント(0) - 4月26日
仕事が落ち着いたのでやっとゆっくり読書。 2巻目からは幸の運命が大きく動いて 俄然面白くなってきた。
ナイス ★21 コメント(0) - 4月24日
あらーいいところで終わるな〜、幸はこれからどう生きていくんだろうか、お店は繁盛するんだろうな〜
ナイス ★18 コメント(0) - 4月24日
あー阿保ぼんが。ここで終わるの〜。3巻がめちゃ楽しみ。
ナイス ★15 コメント(0) - 4月24日
★★★☆☆
ナイス ★4 コメント(0) - 4月22日
幸が美しくなったということもあり、老いた姿の母・房を想像すると、対照的で何だか切なくなりました。 源流篇では幸と惣次が2人で会話するシーンはなかったと思うので、鵺の話を読んで良い関係だなと思いました。......まさか夫婦の展開になるとは。
ナイス ★8 コメント(0) - 4月21日
前作の終りに匂わせていた通りに話が進み、またもや続きが気になる終わり方だった。幸の今後を早く知りたい!
ナイス ★18 コメント(0) - 4月21日
またしても読むと心をこめて商いしよう、と思う。この人の小説は本当にいい話。澪つくしと比較すると男達のいざこざが多いのと、どっぷり天満が舞台なので威勢があるね。衝撃&予想通りのラスト。次回作楽しみ。
ナイス ★21 コメント(0) - 4月20日
運命に翻弄される幸、どんな運命でも切り拓いてゆく聡い女になるか次刊が楽しみ。
ナイス ★18 コメント(0) - 4月19日
そうきたか。 徳兵衛は消えてもらわな。 惣ぼんはお目が高うおます。
ナイス ★16 コメント(0) - 4月19日
後半のまさかの展開にビックリだが、真っ直ぐな幸には幸せになってもらいたい。
ナイス ★13 コメント(0) - 4月18日
これはまた気になるところで終わってしまった!3巻も早く読まないと!みおつくしはお料理の描写にやられたけれど、今シリーズは反物の描写にやられちゃう。それぞれの個を引き立ててくれる絹物にうっとり。女性ならば、映える反物を選びたいと思うもの。着物が着たくなるなぁ〜。‬
ナイス ★53 コメント(0) - 4月17日
図書館で予約待ちだったが、待ちきれず買ってしまった。幸の芯の強さ、運命に翻弄されながらも道を切り開く様は美しくどうなるのかどうなるのかと次から次へとページをめくらずにはいられない。
ナイス ★10 コメント(0) - 4月16日
女衆の身分、組合や町のしきたりに縛られ、さらに身勝手な五鈴屋の面々に翻弄されながらも成長してゆく幸。まさに戯作のような急展開の早瀬編。先日の大阪出張時、ホテルが天満橋だったのでこれ幸いと早朝船場方面から天満橋を渡り天満宮へ、帰りは天神橋をわたり幸の足取りをプチ体験できました(^O^)。
ナイス ★34 コメント(2) - 4月16日
身分違いの後添いは玉の輿ではなく、すべて五十鈴屋の為だった。だが商いの才覚に目覚めはじめた幸は、それを己の人生の転機とする。幸の強さに引き比べて、御料さんをはじめ五十鈴屋の人々の悲しいまでの弱さ。ただ徳兵衛さんの死には不審なものを感じました。
ナイス ★24 コメント(0) - 4月15日
シリーズ二巻目。前巻の内容、すっかり忘れていたけど、あらすじ的なことも盛り込んでくださってて思い出しつつ読めた。幸の賢さを、美しさを、みんなが認めていくところが面白いところ。困りものの長男は亡くなり、冷酷な次男は意外に商売熱心で真面目な人、三男は相変わらずだが幸を好きな様子。今後、どうなってくのか〜!目が離せません。
ナイス ★37 コメント(0) - 4月14日
17歳で初潮は遅くないんだろうか。今は小学生か中学生では。徳兵衛に襲われる場面は渡辺淳一風にねっとり5頁位使って描いて欲しかった。腹上死で終わる、あるいは幸の悲鳴に惣次が部屋に入り徳兵衛の頭を蹴り上げたら死んでしまった。というのはどうだろう。楽しみの場面があっさりかわされて残念。
ナイス ★13 コメント(0) - 4月13日
寡婦になった幸、まさかの惣次と再婚?この後どうなるか、早く読みたい‼︎
ナイス ★17 コメント(0) - 4月12日
あった言う間に読了。まさしく、早瀬編だった。これから幸の才能が開花するのか?
ナイス ★17 コメント(0) - 4月10日
阿保ぼん、あっさりこうなるような気がしてました。それにしても、運命を受け入れる幸には頭が下がります。昔の人たちは本当に我慢強い。
ナイス ★21 コメント(0) - 4月10日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

あきない世傳 金と銀シリーズ

高田郁の関連本

この本を読んだ人がよく読む本

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇をシェアする

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇の 評価:82 感想・レビュー:900