あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)

感想・レビュー(1655)

シリーズもの、次も読みたい。
ナイス ★4 コメント(0) - 2月24日
本当に急転直下で次巻に続くになったので、明日さっそく買いに走ります。 なぜ、2、3巻まとめてかわなかったのか… この続きが待ち切れず一気に読んでしまう状態はみをつくし料理帖の時と同じです。 まだ、自分の力で道を切り拓く段階に差し掛かってはいないですが、真っ当に精一杯生きる幸はいじらしくて応援せざるを得ません。
ナイス ★19 コメント(0) - 2月24日
冨久さんの苦労の絶えない事が、気の毒で幸と五十鈴屋さんこれからどうなるんだろう?
ナイス ★15 コメント(0) - 2月24日
あきない世傳第2巻。急展開。呉服商「五鈴屋」では様々な事件が起きる。店主徳兵衛の放蕩に店も徐々に傾くが、徳兵衛の次弟の惣次の懸命の活躍もあり、店は何とか踏ん張る。幸は徳兵衛の後添えとなり貪欲に知識を習得。「五鈴屋」の御寮さんとして大きく成長してゆく。思いがけない徳兵衛の災難。惣次の最後の条件が、「五鈴屋」の雄飛のきっかけとなるかも知れない。物語としてはまだまだ序盤。これから幸達が「五鈴屋」を如何に繁盛させて行くか楽しみである。また、幸の母の苦労が伝わり、様々な伏線が張られたと感じる2巻。3巻に期待大。
ナイス ★372 コメント(3) - 2月23日
三巻が発売されたので再読です。一巻からそうでしたが、治兵衛さんの言葉が読むたびに心に残ります。今回の再読では「縁と月日」という言葉を聞いた時、いろいろと考えてしまいました。幸が徳兵衛を怒鳴るシーンが一番お気に入りです。よく言った!と拍手を送りたくなりました。幸と五鈴屋の今後がとても気になります。
ナイス ★24 コメント(0) - 2月23日
色にはまってしまった世間知らずの残念なぼんぼんかと思ったら、見事な阿呆ぼんでしたね。相変わらず面白くて止まりませんでした。既刊の三巻もあっという間に読んでしまいそうです。
ナイス ★16 コメント(0) - 2月22日
3を読む前に再読。何度読んでも面白い。いよいよ3へ。
ナイス ★23 コメント(0) - 2月22日
3冊目が出たので、おさらい読書。
ナイス ★6 コメント(0) - 2月21日
第二巻も面白かった。肝試しのところなんか、ドキドキしてしまいました。幸がどんどん商人としての知恵つけ成長しているのが嬉しくなります。それにしてもすごい人生。第三巻もすぐに読みます!!
ナイス ★28 コメント(0) - 2月19日
abs
積読してたのようやく読みました。 あほぼんから解放されてほんとにほっとした。 早く次読まなくては!
ナイス ★14 コメント(0) - 2月18日
あ~やっぱり面白かった。爽快感もありの、ホッコリしたり。店主徳兵衛には、腹立つし、幸がどうなるかがとても心配だった。でも、幸は聡いから大丈夫。読み終えた時に、にんまりとしてしまいました(^^)幸の、そしてこれからの五鈴屋が、とっても楽しみです。
ナイス ★48 コメント(0) - 2月17日
一章ごとに含まれる趣と、急展開に、もう魅了されっぱなし。そう、幸は"一生鍋の底を磨く女"ではない…「よりによって」「ああそうきたか」と、心が翻弄される『早瀬篇』でした。続きが早く読みたい!
ナイス ★50 コメント(0) - 2月17日
面白かった。思ったのと違う展開に。ちょっとドキドキ。すごい気になるところで終わったので、次早く読みたい。
ナイス ★15 コメント(0) - 2月17日
シリーズ第2弾。阿呆ぼんこと四代目徳兵衛のご寮さんとなった幸。お仲間の寄合いでの試問のシーンは、ゾクッとした!日々を大事に過ごしながら縁と月を待つ幸の強さに、先への期待は膨らむばかり。そしてラストの惣次!次はいよいよ幸の商いへの才覚が目覚めるのか。久々にワクワクする読後感。
ナイス ★25 コメント(0) - 2月16日
3巻が出たので思い出すために再読。四代目徳兵衛の妻になった幸の波乱万丈な人生。ラストの惣次の一言ですべてふっとんだ!なんてことを言い出すんだ。続きが気になって仕方ないじゃないか!
ナイス ★19 コメント(0) - 2月16日
【再読】待ちに待った第3巻発売につき再読。そうそう…と読みながら内容を思い出しました。怒涛の急展開に先が楽しみで仕方ないです。
ナイス ★41 コメント(0) - 2月16日
再読祭り中。 まさかの阿保ぼんさん・・・。 最期の最期まで、ほんまに阿保ぼんさんだしたな。。。(^^; 急転直下後の最新刊がとっても楽しみ!! そして、賢ぼん、頑張れ!!
ナイス ★22 コメント(0) - 2月15日
学者の娘幸は父の死後呉服屋の女衆からその店のアホぼんぼんの嫁となり、不慮の死で夫を失ったのは17歳。その弟は商売の才も人望もあり幸の聡さも認め、幸を自分の嫁とする。さーこの先幸は商売にのめり込むのか!?
ナイス ★17 コメント(0) - 2月15日
図書館からメールが来て受け取って来たら二巻だった。やれやれ、またやっちゃった。今回は澪より更に力強い少女が主人公だ。大阪の呉服商のお話。この作者の語り口のうまさに吸い込まれるようにその世界に入っていける。少女から娘になろうというところでこの巻終了。これからどうなるのか楽しみだな。
ナイス ★20 コメント(0) - 2月15日
まさか主人か゜あんなに簡単に死んでしまうのか。出来すぎの感もあったが、次男との後妻となる展開は、予測できた。さぁーてこれから期待できそうで楽しみです。
ナイス ★17 コメント(0) - 2月15日

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

高田郁の関連本

この本を読んだ人がよく読む本

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇をシェアする

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇の 評価:94 感想・レビュー:813