それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)

感想
153
  • それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)
    189ページ
    441登録

    あらすじ・内容

    いつも愉快な歩鳥が大ボケかまします!究極の天然が巻き起こす想定外なハプニング
    続出!個性あふれる下町商店街のメンツに爆笑必至、下町の人々の人情味も味な抱腹
    絶倒ギャグコメディ!11年にわたる大人気シリーズ遂に終幕!回覧板と同時発売!

    あらすじ・内容をもっと見る

    感想・レビュー(359)

    ★★★★☆
    連載開始から10年以上経つんだね。ありがとう。さようなら
    面白かった。とても良いシリーズでした。どうでもいい関係ないような回が実は伏線で、別の回に繋がっていたり、読んでいて面白かったです。自分でも気づいてない伏線があったりと読み返しても今でも楽しめると思います!
    koboで。 おわったかー。これもまとめて読み返してみたいな。資料本みたいなのも出てるの?欲しいけど電子化はされてないのか。
    ラストは泣いたよ。それでも世界は回り続ける。断章形式で描かれた漫画ってほかにしらないなぁ。あるかもしれないけど。女子高生歩鳥を中心としたコメディ。あるいみ、コント。きちんと整理されているので、本当に楽しく読める。本巻はすべての幕引きを丁寧に行っている。しかしながら、作者は、ほかの本でもそうだけど、毒のある幕引きをするので、本巻もそうだ。ぼくは、こういう幕引きはきらいではないけど、本書ではやってほしくなかったという気持ちもある。ぼくは、ハッピーエンドが好きなんだ。マーベラスなエンドのほうが楽しいじゃないか。
    ナイス ★1 コメント(0) - 2月25日
    読みながらよく分からない涙が溢れてくる。苦難を乗り越え無事ハッピーエンド!……ではなく(寧ろ環境は初期からほぼ変わってないし)。卒業のような寂しさとも、胸に穴が開いたような喪失感とも言えない……。他の漫画とは一線を画したような唯一無二の作品だったが故なのだろうけど(まとまりのない感想ですみません)。『変わるもの』と『変わらないもの』、それらを抱えて町は廻り続ける。巡り会えて本当に嬉しい作品でした。ところで廻覧板には未だに巡り会えないのですが、重版まだですか?(泣)
    ナイス ★2 コメント(1) - 2月25日
    不覚にもちょっと泣きそうになりましたわ。いろいろな話が決着、するようで続きがあるような含みもあり、ずっと続く歩鳥たちの日常の一部だったんだなあ、と。エピローグの最後のページ、ジムノペディ流れてきたよね。成長したエビちゃん一瞬出てきたけどやはりかわいいよね。
    雰囲気漫画というのか、とにかく独特の空気を確かに持つ漫画だった。まさかこの作品を過去形で語る日が来るとは。エピローグがあることを知らずに読んだ最終巻だった。公式ガイドブックの廻覧板の方もいつか手にしたい。まだ終わった感じがしない。
    ナイス ★2 コメント(0) - 2月24日
    歩鳥の日常の範囲内で完結すると思ってたからエピローグが完全に不意打ちでぐっとくるものが。それでも町は廻っている、というのは改めて的確なタイトルだったな。
    ナイス ★1 コメント(0) - 2月24日
    yoo
    長い期間楽しませてもらった漫画なので終わるのは寂しいけど、この漫画にサザエさん時空は似合わないからしっかりとした区切りがあってよかったと思う。次回作にももちろん期待したい。長期連載お疲れ様でした。
    ナイス ★3 コメント(0) - 2月24日
    大団円。最終巻はこれまでの出来事のカタルシスを感じつつもミステリー要素が含まれており、さらにエピローグでじわりときた。最終刊でようやく真田がかっこいいところを見せられてよかった。涼ちんの不気味さも際立っていた。
    ナイス ★5 コメント(0) - 2月23日
    11年に渡る連載が遂に完結!!石黒先生、お疲れ様でした。もし可能ならば続編の『それでも町は廻っている OL編』を読んでみたいです。OLになった歩鳥が、就職先で悪戦苦闘したり、仕事との両立に悩んだり、静ねーちゃんに仕事内容について相談したり、石黒先生の豊富な知識を駆使してストーリーを展開していってほしいです。
    ナイス ★2 コメント(0) - 2月23日
    第1巻のエピソードを伏線とした第124話や第126話を、この最終巻に持ってきた作者の妙技に舌を巻きました。清楚可憐な文学少女がこんなことになるとは!見る者を死へと誘う絵画を廻り、探偵歩鳥と怪人室伏涼が対決する扉絵の展開を想像、心が震えます。さて、次は廻覧板を読むか、第1巻から読み直すか、どうしようかな。と思ったら、廻覧板が現在入手困難。
    ナイス ★3 コメント(0) - 2月23日
    台風を消すスイッチを容赦なく押しに歩鳥と宇宙人のやりとりに笑いましたwエピローグの門石先生への歩鳥の言葉から最後のページすごいグッときました!
    ナイス ★1 コメント(0) - 2月22日
    とうとう完結。
    別に終わった気がしないが、終わったみたい。長々としたSF(すこしふしぎ)。非常にグッドでした!!
    全部最高だった、何より最後に真田が男を見せられて本当によかった…先生ありがとう!!!
    読了。落としどころは素晴らしい。まあいつでも再開できるシステムなのでその日を待ち遠しくしていようかと。/「悪」はダンガンロンパっぽい。/第128話の最後は「つづく」で終わっているのだけれど、それは最終話につながっているのか?というと微妙な気もする。
    ナイス ★2 コメント(0) - 2月22日
    最終巻の滲み出る狂気に作者の本領を感じる
    ナイス ★4 コメント(0) - 2月21日

    あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

    それでも町は廻っているシリーズ

    石黒正数の関連本

    この本を読んだ人がよく読む本

    それでも町は廻っている 16巻をシェアする

    それでも町は廻っている 16巻の 評価:82 感想・レビュー:153