ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー(411)

表紙と帯で、とうとうラスボス登場??と思ったら、最初の話からすると、どうやらもっと深い話になるらしい? 何はともあれ、炎竜攻略&ファリン蘇生成功おめでとう! でも、最初の話といい、最後のコマの謎の人物といい、さらなる波乱の予感… そして、どうなる?ケン助!
ナイス ★13 コメント(0) - 2月18日
ちゃんと戦ってる。 中世風ファンタジー(?)ながら解剖学が超発達してるw。
ナイス ★10 コメント(0) - 2月18日
えっレッドドラゴン?! ファリン! 話終わっ…らないなこれ、色々こわいぞ。お兄ちゃんがいいお兄ちゃんなのにはほっとしたけど。この先もちゃんと「飯」は出てくるのかは気になるところ(そこ?)。ドラゴンが焼釜って毎度ながらすごいなその発想。
ナイス ★21 コメント(0) - 2月18日
ついにレッドドラゴン戦.ファリンがアーって感じになってたけど再会できてよかった. ライオスの「そのつもりはない」の力強さがぱない.
ナイス ★13 コメント(0) - 2月18日
「ファリンと魔狼の骨格」でオイオイオイオイとなってドラゴン肉にはもはや拒否感を抱けないというトラップ。センシのセリフもあっていつか来るんじゃないかと思ってたけど人肉食は(薄い本だけで)いいです。ギャグじゃなければ即死だった。冒頭ぶりのダンジョンの外が描かれ、それ自体も興味深くはあったが、どちらかというと目的はマルシルの使った外法とファリンの異変への不穏なフラグ立てにあったと思われる。この巻だけでも結構伏線張ったり回収したりだけど、前の巻で水精霊食ったマルシルの魔力余裕描写がファリンにもかかり……と楽しい。
ナイス ★13 コメント(0) - 2月18日
つい先日ですがダンジョン飯の再現料理動画を拝見し、その完成度の高さと熱意に感銘を受けまして、やってみたいとは思いませんでしたが食べたいとは思い、ファンに愛されているマンガだなあというところに落ち着きました。終着点どうなるんだろうな~。あと馬が生き生きしていて素敵でした。最近といえば、某コンビニ7の海老蒸し餃子(冷凍)がおいしかったです、ごま油の香りふんわり海老プリプリでした198円4個入り。なにを書いてもネタバレになりそうなのでもどかしい。
ナイス ★24 コメント(0) - 2月18日
まさか4巻でドラゴンと戦うとは。もっとズルズル続くと思ってた。ドラゴンと戦うのがメインの巻だけど、この漫画では珍しく『丁寧に巨大な敵との戦い』を描いてて新鮮かつ面白かった。
ナイス ★14 コメント(0) - 2月18日
妹救出!そろそろ終わりに近づいてるかな?でも、あまり料理はなかったね。ローストレッドドラゴンがおいしそうだったw
ナイス ★18 コメント(0) - 2月18日
これで一段落。ダンジョンを旅しながらRPGでお馴染みのモンスターを料理するメタファンタジーな飯漫画だったけど、4巻では本格的な戦闘シーンを描きつつ、いくつかの伏線を散りばめ、全うなファンタジー世界の存在を示唆している。たまらん。
ナイス ★15 コメント(0) - 2月18日
気持ち悪いけど、「よかったね‼」
ナイス ★12 コメント(0) - 2月18日
ただのグルメ漫画かと思っていたけど、笑やっとストーリーが進みましたね(^^)ファリンが復活、ファリンを食べたドラゴンを食べるか悩むシーンが面白かった。食い返してやれとな笑マルシルの黒魔法の行く末が気になる!早く続き出ないかな〜!
ナイス ★59 コメント(0) - 2月18日
評価:★★★★ 竜とファリンと戦闘な巻。取り敢えず最終目的でもあった「ファリンの救出」は完了したので良かった良かった。しかしながらこの巻は他の巻に比べて「ダンジョン飯」要素がかなり薄め。戦闘シーンは見どころ満載で楽しかったのだがもうちょっとご飯シーンが欲しかったかも。マルシル「黒魔術」の定義には納得。確かにどんなものでも使う人の思いによってはどんなものでも凶器になりうるし救うものにもなりうるよな。しかし骨から蘇生できたはいいが他の魔物の骨が混じっていないか心配だのう。そして何だか次巻に向けて嫌な予感が…。
ナイス ★48 コメント(0) - 2月18日
yk
ダンジョン飯ってか、かなり本格的な話になってておもしろかったー!マルシルすげー!ファリンよかったー!もう骨になっちゃってたのねーw 最後のシーン続きが気になるーーーー!!!
ナイス ★22 コメント(0) - 2月18日
なんか小難しくなった。メイン食材を食べてしまったこれから、話をどう広げていくんだろう。
ナイス ★52 コメント(0) - 2月18日
この世界における「蘇生」についての説明を兼ねた地上回が前フリとして入ってたんだなあと、ファリン蘇生に至るくだりを読んで感心した。それは別にしてもナマリと双子(?)のやり取りに心温まったり。骨の選別終わったところでいつもの料理レイアウトが出てきて笑ってしまった悔しい。笑かしにくるところおかしいなこの漫画!?レッドドラゴン戦の頭脳作戦と追い詰められてからのライオスの決断はかっこよかった。マルシルの使った禁忌の行方が心配だなあ…次巻早く読みたい。
ナイス ★21 コメント(0) - 2月18日
待ちに待った第4巻。書店で見かけて即購入しました。ところどころに見え隠れする狂気がまたいい感じでした(笑)。とても面白かったです。炎竜もファリンも何とかなったし、次の冒険が気になります。
ナイス ★15 コメント(0) - 2月18日
①ライオスに関しては、今までも衝撃的なこと(食欲がらみの)は数々あったけど、今回の「ファリンのための覚悟」が衝撃的で、戦士としての彼の強さを思い知った(でも結局食につながるんだ…)。しかし、回復魔法がないとそもそも自殺行為のダンジョン攻略。回復痛が怖い。②炎竜、アン・マキャフリイの『竜の戦士』の竜のように、火を噴く理由がきちんと描かれていて生き物として納得。でも火力、生き物としては高すぎる。燃料袋に引火したら大惨事…あ、もうなってた…③ファリンとマルシル、ラストのダークエルフ(?)に不安の影。やばい。
ナイス ★21 コメント(0) - 2月18日
やっとドラゴン退治出来てファリンにも再会できたけど…各方面では不穏な動きが…これから物語はどう進んでいくのだろうか…
ナイス ★22 コメント(0) - 2月18日
前まではうんちくだらけでそれ程燃えるものはなかったが、今回は竜との戦闘が素晴らしく、さらなる謎展開に向けて良い舵を切ったと思える。気になったのは校正。象った、は「かたどった」だと思うがルビが「ぞうった」になっていた。おれの語彙が間違ってたら謝るけど。
ナイス ★15 コメント(0) - 2月18日
終りが見えてきたかな
ナイス ★6 コメント(0) - 2月18日

ダンジョン飯シリーズ