ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー(713)

妹ちゃん、救出成功で、大団円ですね。と思いきや、最後のシーンが今後を予感させる…。そしてメインイベントはいつも通りに食レポと、竜を解体する際の竜体構造学講座。いやはや、真剣に竜の構造がどうなっているかなんて設定、誰も考えないですよね。それを、やっちゃう九井さんはさすがだと思います。
ナイス ★6 コメント(0) - 3月12日
炎竜戦にはらはら。炎竜を倒したものの、ファリンは骨になっていた。骨を集めてマルシルの魔法で蘇生。ファリン助かってよかった!ライオスとの兄妹の絆もいいし、女性ふたりの仲の良さもほほえましい。でも不穏な気配も。続きが楽しみ。
ナイス ★24 コメント(0) - 3月11日
炎竜に辛くも勝利。ほぼ復活出来てしまう状況は確かに危険。それに慣れてしまうってゆうのが怖い。さてここからどうするのか?
ナイス ★20 コメント(0) - 3月10日
ファリーン‼︎本物のファリン!あなた本当はけっこう眼が大きかったのね!骨になってたときはどうなることかと思ったけど、結果すごい勉強になりました。人間の掌ってこんなに複雑なんだ!とか魔狼の骨があるのが比較になってさらにタメになるとか。ほかにもマルシルの三つ編みがほどけた!とか一緒に風呂入ってる!とか一緒に布団入ってる!とか、ライオス捨身でよくがんばった!とか。最後ダークなエルフ(本当のラスボス?)が出てきて、禁術の代償もありそうで、まだいろいろ心配。次回もみんなで美味しくご飯が食べられますように!
ナイス ★50 コメント(1) - 3月10日
面白かったです!雑誌で27話をチラ見していたので竜を倒したのは知っていたけどあんなに大変だったとは!(当たり前か)好きだったけどずっと変人扱いしてきたライオス!皆頑張ってたけどお兄さんの無茶さ加減には涙が出たよ、ごめんよごめんよ格好良かったよ。無茶しないでくれよ、めっちゃ恐ろしかったよ…。恐ろしいといえば雑誌買ったのにチラ見しかできなかった蘇生術、色々何かフラグが立ってる気がするけど気のせいだと思いたいでござる。皆頑張って偉かったし何も起こらず平和に終わって欲しいのにダメそうでガクブルしちゃいます。
ナイス ★87 コメント(1) - 3月9日
そろそろとは思っていたけれど、前巻のカエル行軍からのレッドドラゴン! 手に汗握る展開。今回は「おえー」なメニューはあまりなし(というか料理自体があまりない)。レッドドラゴン倒して終了か?と懸念していたけれど、まだまだ続くようでうれしい。そしてファリンはやはりライオスの妹なだけあるな、と。不穏な終わり方も、ナマリサイドの話も、迷宮をめぐる政治的な話も気になる。
ナイス ★54 コメント(0) - 3月9日
まるまるドラゴン戦の巻。シリーズ続行が決まったからか、迷宮の新たな謎もちらほら開示されていく。ゲテモノ食で周りをドン引きさせつつもその意義を理解させてきたこれまでのライオスの姿と、禁呪も使い方次第と意義を説いて周りを引かせるマルシルの姿が、ここに来て重なって見えるのが面白い。
ナイス ★34 コメント(0) - 3月9日
ついに、ドラゴン食す❗それはそうと、今回はレッドドラゴンだったけど、色が違うと味も変わるのかしらん?(^^;
ナイス ★27 コメント(0) - 3月8日
地下5階に到達し、レッドドラゴンと対峙。果たしてドラゴンに食べられたファリンは無事救出できるのか?「今までお前が食ってきた魔物の中に死力を尽くさないものがいたか」という台詞が印象的。骨格の話もリアルで、ファンタジーだけど色々な資料を使ったりしっかり考察したりしているんだなと改めて思った。
ナイス ★32 コメント(0) - 3月8日
k.c
とうとうドラゴンを美味しくいただく回がきたか……。ファリンが登場でなんとなく不穏な雰囲気。そういえばダンジョンのボス自体はまだ明らかになってなかったよなぁ……。最後に出てきたダークエルフ?はなにか関係があるのか…。マルシルとファリンのきゃっきゃうふふシーンは素晴らしい。女の子はやっぱり花があっていい。今後どのような食材を狙っていくのかが楽しみだ。
ナイス ★23 コメント(0) - 3月8日
この巻も面白かった!ドラゴンとの決戦ということで今まで以上に緊迫した戦闘のシーン。コンピューターRPGやってると感覚マヒしますが、炎の息とか普通喰らったら丸焦げになるもんなぁ…。単に大きさと言う点でも脅威、現存する生物であそこまででかいのは陸上ではいませんしね。ファンタジーでありながら、その中でのリアリティーのバランスが秀逸かと思います。ダンジョンの外での事情も描かれてますし、ファリン助けてお仕舞いということにもならず、寧ろ話が膨らんでいってるので先も楽しみ。。ファリンの食べるリアクションに期待です。
ナイス ★35 コメント(0) - 3月8日
とうとう火竜と対決。妹をどうにか取り返せた!でも最後、不穏な気配。次の巻は荒れそうな予感。ドラゴン大きいから食べでがありそうとおもったら大半は蘇生術に使われちゃった。ローストレッドドラゴンが地味においしそうだったかも。
ナイス ★26 コメント(0) - 3月8日
ダンジョンで魔物を食う話。ついにドラゴンを食す。今回は珍しく戦闘シーン多めでRPG作品だったことを思い出す(笑)戦闘前のめしも大事だよね、ついに冒頭に戻った感。ファリンも救出し、終わるかと思いきや終わらない。とりあえずこれからもどんどんモンスターを食らってほしい。
ナイス ★41 コメント(0) - 3月7日
遂にレッドドラゴン倒して、ファリン救出して、レッドドラゴンを食した!!本来の目的が達成されたから終わるかと思ったんだけど、どうやらまだ続くようだ。それにしてもやはり消化されていたよ・・・ファリン骨になってた(-_-;)骨まで消化されてなくてホント助かったわ。けどまさかの方法で蘇らせたな。マルシルの黒魔術とはね。ラストはなんだか不穏な終わり方でイヤな雰囲気だ。ライオス一行は今後大丈夫だろうか・・・と心配に。
ナイス ★33 コメント(0) - 3月7日
ファリン救出回。センシを戦士と間違えていたのが、可愛かったな。
ナイス ★23 コメント(0) - 3月7日
異世界お料理本から趣が若干のRPG寄りにシフトしていますが、面白いのは相変わらず。ドラゴン討伐に際してライオスが見せた男気がかっこよかったです。ファリンが蘇生できてよかったですが、禁忌を犯した復活の招く結果を暗示するのを作者は忘れていません。この世界の意外な奥深さが少しずつ明らかにされてきて、先がますます楽しみ。でも、次巻では美味しそうな魔物料理も是非! 電子書籍(SONY)
ナイス ★119 コメント(0) - 3月7日
面白かったが、今回ダンジョン飯要素がほとんどない。でも話の展開上、仕方ない。次の展開に期待大。
ナイス ★21 コメント(0) - 3月7日
ドタバタながらも見事目的を果たしたライオス一向!無事に助けたファリンと共に穏やかな休息を…と思うもラストはなんだか不穏な空気の第4巻。今回のドラゴンの炎で焼いたピザ、大きなブロック肉のロースト…やっぱりそそるダンジョン飯でした。
ナイス ★23 コメント(0) - 3月6日
世界観やシステムがかっちり作りこまれていて楽しい。こういうのはやっぱり設定資料集とかより本編で読みたい。ドラゴン戦が長かっただけにようやく料理で来た時の気持ちよさが良かった。あとは脱出するだけ、とはいかないんだろうなあ。
ナイス ★22 コメント(0) - 3月6日
地下5階へと辿り着いたライオスたち。オークの集落は、慌てて出て行ったのか食糧庫が開きっぱなしだった。ライオスたちは魔狼(ワーグ)たちが焼け死んでいるのを発見、炎竜が近くにいると悟る。ライオスたちは炎竜と戦うため、5階の城下町を利用する作戦を考え・・・
ナイス ★34 コメント(1) - 3月6日

ダンジョン飯シリーズ