ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー(411)

ドラゴン退治おめでとーー!!!なんか凄く不穏だけど!!
ナイス ★15 コメント(0) - 2月18日
ほのぼのグルメ漫画だと思っていたので、今回の展開には少々驚きました。闘うのはそんなに好きじゃないのです(^_^;)。マルシルが魔法使いで本当に良かったと思いました。ドラゴンの体内で焼いたピザを食べてみたいです(無理
ナイス ★33 コメント(0) - 2月18日
ついにレッドドラゴンと対決! なんだかえらく諸々とシリアスタッチになっちゃって、ハラハラした(ライオスの腹の括り様スゴイ)けど、とりあえずうまくいってよかったよかった。これで大団円かと思ったら、まだまだ波乱がありそうだけど。タンスさんとこのキキとカカ、いい子たちだったのね(ちょっと意外)。ナマリとの話、よかった。あと、骨格にレーダーチャートはやめてあげて。そして、あの兄にしてさすがこの……ケン助食べられたら、泣きますから自分。
ナイス ★45 コメント(0) - 2月18日
今回はどんな魔物料理が食べられるのかとワクワクしながら開いたところ、まさかの超ファンタジー全力RPG展開!そういえばライオスたちは冒険者で、ここは危険なダンジョンの中で、妹の為に必死で進んでいたんだなと再認識させられました。ページを繰る手が止められず、一緒に戦っているように胸が熱くなり、一気に読み進め…………パズルでつい笑ってしまいました。まるで最終巻かと思うほど熱い今回のダンジョン飯は、RPGで憧れた食材のご馳走! 相変わらずとても美味しそう&楽しそうで、気持ちが上向きになる一冊です。
ナイス ★20 コメント(0) - 2月18日
kr
ファレル、やっぱり消化済みでしたか…。無事組成できたはいいけど、本当の本当に100%ファレルなんですよね?!
ナイス ★16 コメント(0) - 2月18日
ついにドラゴン退治。そして妹の蘇生。コメディグルメだけのほのぼの味じゃなくてしっかりスパイスも効いてるから癖になる。ちょっぴり人付き合いが下手そうで変わり者兄妹が面白い。
ナイス ★29 コメント(0) - 2月18日
レッドドラゴンとの闘いが主となる4巻では食事要素は薄め、その分炎竜の食卓は豪華でした。普段コミカルな面が強いため意識していなかったシリアス要素(死者の蘇生の難しさや禁術の存在など)が濃い目で、前3巻とやや毛色は異なりましたが楽しめました。ファリンの蘇生後の身体やダークエルフ(?)の存在、そして依然として金欠(そう言えばそうだった)であり、あと何巻続くのかなと既に次巻が待ち遠しい。
ナイス ★15 コメント(0) - 2月18日
周到な準備は裏切られ,予想もつかない展開から,渾身の一撃,というファンタジーの王道を,このマンガで読ませてもらえるとは思わなかった.ああ,確かに,そりゃそうなるよね,という展開から,まさかの状況.そして,生活感あふれるというか,非日常の日常.まだまだ読めるのはありがたい限りです.今回は王道を描き過ぎたのか,小ネタが巻末に詰まってましたね.あと本編にあった竜退治の準備の一般論,面白かったなあ.
ナイス ★18 コメント(0) - 2月18日
ダンジョン飯第4巻。期待を越える面白さ。導入部で迷宮の不死の術の謎が描かれる。これが5巻以降の布石だろう。迷宮を進むライオス達は遂に炎竜を発見。パーティメンバーで勝つ策を練る。そして大ガエルで「カツレツ」を作り腹ごしらえ。ケン助の逃亡で策は失敗しライオス達は全滅の危機を迎える。再度の奇策で勝利するライオス達。ファリンの為のマルシルの驚異の蘇生術。再び再会するファリンとライオス達。早速、炎竜を調理して食べる一同。最期に忍び寄るダークエルフの影。九井諒子さんの独創性、細部に至る書き込みに感嘆。次巻が楽しみ。
ナイス ★200 コメント(1) - 2月18日
まず開いたページが目次で…「うわあ…炎竜との戦闘が長い…まさか最終回?」と思ってしまいました。ファリンを生き返らせて終わりなのかな…と。しかし!!巻頭「地上にて」でのじいちゃんと領主の会話が、まだ物語は序盤だと言わんばかり。そしてゲームでは上から見下ろす気分のドラゴンとの戦いは4人の目線で展開され、最後まで苦しかった…。マルシルの蘇生術とラストのダークエルフ…怖い。これからはお気楽に読めないのではないかという不安。どうなっちゃうのか?! ファリンも大丈夫なのかな?!
ナイス ★23 コメント(3) - 2月18日
とうとう竜と直接対決。いつも通りの「ダンジョン×食」でも、なんか今までとは感じ方が違う。それは禁断の蘇生術がエグいせい。なんだろ、あれで本当に前と同じ人なのか?と思わず考え込んでしまった。魂ってなんなんだろか?RPGのリアルは怖い。
ナイス ★13 コメント(0) - 2月18日
とうとう目的の炎龍に遭遇!ファリンを助け出しやっぱり炎龍の肉で調理。とりあえず目的は果たした訳だけど、まだ続くのね、楽しみだ。
ナイス ★14 コメント(0) - 2月18日
だんだんスペクタクルになってきました
ナイス ★7 コメント(0) - 2月18日
いやぁ、おもしろい!読めば読むほど、九井先生への信頼は増すばかり。食うか食われるか。簡単に食糧は手に入らない。必死に闘って抗って得た生命を食べて生きている自覚があるセンシが好き。
ナイス ★16 コメント(0) - 2月18日
はじめてマルシルに魔術師っぽさを感じた。怖カッコイイ。あと、この兄にしてこの妹感がすごい。有肺類ってすぐ出てくるとか。ダンジョンの謎への移行のスムーズさもすごい。霊術士としての才とか、人の魂だけを縛る仕掛けとか、魂が混ざる危険性とか、炎竜の習性に反した行動とか、絶対伏線として繋がるんだろうなあという安心感。
ナイス ★19 コメント(1) - 2月18日
ついにファリン救出!飯要素は控えめだったけどその分ダンジョンの謎や魔法についての部分が多くてRPG要素が楽しかった。狂乱の魔術師らしきダークエルフは、マルシルのご先祖様にあたるのかと思ったこともあったけど、種族?が違うっぽいし無いかな。言語の違う罵倒や他種族への印象、土地の譲渡の流れや思惑など、ちゃんとバックグラウンドのある異世界って感じがとてもいい。
ナイス ★14 コメント(0) - 2月18日
シリアス度ハンパなし!ヤッパ飯だけじゃなかったよ~。ついにファリンも、と思ったらマルシルとセットでヤバイ方向?面白いよ~!
ナイス ★34 コメント(0) - 2月18日
まるごと一巻レッドドラゴン戦。もうちょっと厄介な感じで進むかなと思ってたが。どうやら次巻からダンジョンの核心編らしい。
ナイス ★12 コメント(0) - 2月18日
迷宮所在千葉説が持ち上がる地図。もー!使ったらすぐ片付けなさいって言ったでしょ! 後が大変なんだから~。マルシルも案外災害指定生物ね、最終巻にならなかったからこそ先が思いやられる。絵画の中のエルフなら、まずライオスに突撃しそう。あまり実感は無いけど、この偉業は優れたパーティーの証明。ついでに迷宮の謎もクリアして下さい。差し込まれた兄妹の子供時代からの仲の良さには、素養が無いと思ってた私にうっかり萌えさせる威力が。ぎゅーっの場面なんか全て覆して格好良く見えてしまうんだからね!
ナイス ★26 コメント(0) - 2月18日
バトルが中心で料理と笑いは少ない今回でしたが色々気になる展開でした。 最後に出てきたのは絵の中に出てきたエルフなのかな?早く続きが読みたい。
ナイス ★18 コメント(0) - 2月18日

ダンジョン飯シリーズ