その鏡は嘘をつくの感想・レビュー(498)

これは体調不良にも関わらず、気になりすぎて夜更かししての読了だったー。薬丸さんの文章にはついつい引き込まれてしまうなー。志藤さんは凄い洞察力と正義感があると思ったけど、思い込みと決めつけが激しい一方的さに不安になった。志藤さんの抱えるものをもっと深く知りたいな。そしてやっぱり夏目さんは素敵だった。『刑事の約束』を引続き読もう!てんてこまいまいしてて感想書くまでにすごい時間が空いてしまった。
ナイス ★10 コメント(0) - 2015年12月18日
夏目さんの素敵さと、伏線に次ぐ伏線に虜になり読了。鏡に囲まれた部屋で(゜m゜;)ひどいね(~O~;)殺人はいけないのは大前提でも、殺される方にもそれだけの理由があるぞ!と思ってしまった。幹夫の実家で家系図とか取り出そうとしていたので、彼の出生や須賀や彩子に何か関係が?という考えは深読みだった。。いろんな人間の想いが交錯して。好きだなー(^-^)/
ナイス ★22 コメント(0) - 2015年12月16日
志籐検事はなかなかの切れ者なんだと思い読み進むうち、あれ?何か最初の印象と違う?と思い始め、結局イマイチ読めなかった。それにしても親の過度な期待に押しつぶされそうな子供たちが今でもどこかにいると思うとやるせない気持ちになった。
ナイス ★10 コメント(0) - 2015年12月1日
表題に鏡が出てくるので、鏡が物語の主題になるのかと読み進める。鏡だらけの部屋で首を吊った医師が自殺として処理された後、疑問をもった志藤検事の洞察力に惹きつけられる。殺人扱いに反対する上司と敵対しながらも一人調査を進める仕事人の一面もある。理詰めだけで事件を解決しようとする志藤に対し、夏目刑事は容疑者の女性と彼女を庇う浪人生の気持ちに寄り添うところから捜査を始める。残虐な仕打ちで医者志望を諦めさせる医師の行為は異常だが共感する部分もある。親が医者なら子も医者に、総理までが世襲でなる国。歯止めはないのか。
ナイス ★7 コメント(0) - 2015年11月27日
章の区切りがはっきりなくて、途中一人称が代わり多少読みづらいところがありました。ただ医者になるべく運命付けられたプレッシャーと闘う子供もいる一方、医大に入るのに志も感じられない輩もいるのは確かでしょうね。そんな人が医者になるのは怖いです。殺人事件の背景が何よりも恐ろしい。事件そのものの動機や状況よりも、そちらを重要視した作品なのだと思います。志籐検事も深い事情を抱えているみたいなので、次作にも出てほしい魅力のあるキャラクターでした。夏目刑事は相変わらずです。長編なので活躍の場面は割と少なかったですね。
ナイス ★85 コメント(0) - 2015年11月24日
前半はストーリーと人物が入り乱れてわかりずらかったけど、途中から引き込まれて一気読み。夏目刑事の一つ一つの言葉いいですね。
ナイス ★29 コメント(0) - 2015年11月23日
エリート医師が鏡に囲まれた部屋で自殺した。現場の状況から他殺の疑いがあると志藤検事が独自の捜査を進める。その頃、東池袋署の夏目刑事が小さな手がかりをつかむ。一方的な検事の進め方には怖さを覚えた。でも、夏目の云う事に耳を傾けることができるのは、正義感の表れだと思う。エリート医師の性格のゆがみは我慢できなかった。
ナイス ★11 コメント(0) - 2015年11月23日
登場人物が入り乱れて、あまり共感できる人もいなくて、話に入り込めず、中断しながら読んでいた。そのため、話の筋がはっきりしなくて、いまいちだった・・。あの夏目刑事だったのね。志藤検事のキャラがいまいちよくわからなかった。
ナイス ★5 コメント(0) - 2015年11月18日
夏目シリーズ。志藤検事のバックグラウンドについてもっと知りたかった。結末は予想外。夏目さんの観察力は相変わらずすばらしい。だれかが見てくれているというだけで人は力をもらえるものなのだなあ、と痛感、
ナイス ★8 コメント(0) - 2015年11月17日
⭐️⭐️⭐️⭐️4/5 良かったぁ〜(*^_^*)気まぐれな夏目刑事すぎたなぁ^_^親からのプレッシャーにより、子供を縛り付ける。可哀想だよね。人権があるのだから、親だからこそ理解してあげるべきと思ったよ。最後方の夏目刑事の言葉が好きだよ。自分自身を映す鏡は見ないでいい。周りの誰か見ていてくれる。ぐっときたぁ〜(*^_^*)
ナイス ★140 コメント(0) - 2015年11月12日
★★★ごちゃごちゃしてて分かりにくい
ナイス ★22 コメント(0) - 2015年11月3日
語り手の変わり目が分かりにくく混乱。いまいち人間関係が掴みにくかった。でも夏目さんが相変わらず爽やか。
ナイス ★1 コメント(0) - 2015年11月3日
夏目刑事シリーズの長編。短編のほうが好みですが、医学部合格のプレッシャーを家族からかけられているのは大変だろうなと。そこに漬け込む大人も。夏目のように穏やかな人柄にはどうやったらなれるのだろう。
ナイス ★6 コメント(0) - 2015年11月1日
エリート医師の死、それに関わる人間模様。まあまあ。
ナイス ★1 コメント(0) - 2015年10月16日
あるビルで医者が首つりをして死んでいたのが発見されたが、検事は殺人の疑いがあると感じ再捜査を始めた。一方近くで暴力事件の通報があり、その捜査を夏目刑事が行っていた。捜査を進めると二つの事件が繋がっていき、志藤検事と夏目刑事が会い、そこから真実が見えてきた。志藤検事もなかなか良いキャラですが、夏目さんが「刑事のまなざし」に続いて良い感じでした。薬丸さんの小説は読みやすくて良いですね。
ナイス ★4 コメント(0) - 2015年10月16日
今まで読んだ薬丸作品に比べ、毒気やアクが薄れ、問題提起もなく、引き込まれ感が薄かった。純粋な本格推理として捉えるべきか。文章もストーリーの構成も東野ワールドを感じながら読んだ。
ナイス ★2 コメント(0) - 2015年10月14日
薬丸さんなのに読むのに時間がかかってしまった。しかしまあ、被害者の過去もつらいものなんだろうが、それでもやっぱり同情できないなぁ。夏目さんは相変わらず素敵。志藤検事も良い感じだなぁと序盤は思っていたけど、やっぱり夏目さんに軍配。でも、志藤検事の今後も気になるなー。
ナイス ★5 コメント(0) - 2015年10月6日
最後まで、事件の内容の想像がつきませんでした。とても難しかったのですが、いつもの薬丸さんの話のように心に「ズン!」と来るものがありませんでした。若者の将来についての親の期待とプレッシャーに同情しました。社会の役立つことのみを期待され、あとは自由にさせてくれた親に今さらながら感謝しました。まー家にはお金もありませんでしたが・・・。
ナイス ★15 コメント(0) - 2015年10月3日
最後に出てきた有馬とは誰なんだと思って調べてしまった。 どういう経緯と動機で犯罪が起こったのか最後までわからず楽しめた。夏目刑事のおっとりした雰囲気が良かった。
ナイス ★8 コメント(0) - 2015年10月2日
タイトルにあまり連動していないような。。。 鏡に嘘つかれた感はありませんでした。
ナイス ★4 コメント(0) - 2015年9月30日