旅猫リポート (講談社文庫)の感想・レビュー(512)

涙が止まらないから出先では読んではいけない物語です。泣けるけれど読後は心が温かくなった。サトシ、ナナ、楽しい旅を続けてね。
ナイス ★20 コメント(0) - 4月13日
だめだ、元猫飼いはやられっぱなしになった
ナイス ★16 コメント(0) - 4月13日
nao
猫好きなので猫視点で展開するストーリーにひきこまれました。悟の過去のエピソードとナナとのやりとりがほんわかしつつも少し切ない。最終章で悟の通院!?そういうことだったのかと分かりあとはラストまで泣けました。みんないい人&動物ばかりだ(^v^)
ナイス ★23 コメント(0) - 4月13日
文庫に買い換えで再読。初めて読んだときもボロボロ泣いた記憶があったので、外出先では読めないと思ってなかなか読めずにいました。やっと再読。やっぱり号泣。これでもかと、人の優しさに触れることのできる作品。映画も楽しみ!
ナイス ★22 コメント(0) - 4月13日
文庫になったので再読。後半を朝起きぬけに一気読みしたので、朝から号泣。
ナイス ★18 コメント(0) - 4月13日
しやくり上げるくらい号泣してしまった。。。皆んなが優しくてあったかくて、口ベタだったり表現が下手だったり。。。でも思い合って生きているってなんて素晴らしいんだろう。辛いけど…色んなことを乗り越えた悟の人生が優しさに包まれていて本当に良かった( ; ; )この物語を教えてもらえて本当に良かった( ; ; )
ナイス ★45 コメント(2) - 4月12日
『僕たちは今、間違いなく最強の旅人で、最強の旅猫だ』悟とナナ、互いに思いあう心の温かさに涙がとまらない。この物語の後も、またふたりが素敵な世界を一緒に見ていることを願って…。
ナイス ★89 コメント(0) - 4月12日
★★★★
ナイス ★9 コメント(0) - 4月11日
涙が止まらなかった。悲しい結末なのに、読み終わった後温かい気持ちになれる。有川浩さんらしい素敵な「類まれなる聡明な猫」と悟の愛のお話だった。
ナイス ★31 コメント(0) - 4月11日
ああ…悲しい最後だったが、いい終わり方だった。 号泣してしまった。 ナナと悟は本当にお互いが大好きで見ていて微笑ましかった。 各話で出てくる人達と悟の話もとても読みやすく、いい話ばかりだった。 この本を見つけることができて良かった。
ナイス ★37 コメント(0) - 4月11日
外で読んでたらヤバいと途中で気付き、家の中で大泣きしながら読みました。おそらく今まで読んだ本の中で1番、顔の穴という穴から液体が流れだしたのでわないでしょうか(耳からは出ません)。ただでさえ愛おしいうちの猫がより愛おしくなりましたよ。猫派のあなたはぜひとも読むべしべし。
ナイス ★34 コメント(0) - 4月11日
サトルと彼の飼い猫ナナはナナの新たな飼い主を求め旅に出た。どれも良い話だ~~~ デパートのベンチで読んでて泣きそうになって、ヤバい
ナイス ★21 コメント(0) - 4月11日
こうかなとは思ってだけど… 先が分かるとか分からないとかじゃなく、無条件で泣けちゃうストーリー。きゅーーっと胸が苦しくなる。
ナイス ★22 コメント(0) - 4月11日
「それに何より、叔母さんは俺をお父さんとお母さんに出会わせてくれたんだよ。その叔母さんに引き取られて、お父さんとお母さんの思い出を話しながら今まで過ごせて、俺が幸せじゃないわけないだろう?」だから泣くんじゃないよ、ノリコ。べそべそ泣いて過ごすより、最後まで笑って過ごしたほうが、きっともっと幸せになれるよ。
ナイス ★21 コメント(1) - 4月11日
有川浩さんが書く男の子は毎回めちゃめちゃカッコいいのですが、今回はそういう所ではなくとにかく感動でした。最後の方は泣きすぎて鼻が詰まってしまい死ぬかと思ったくらい(笑)とにかく素晴らしい作品で大好きです。
ナイス ★18 コメント(0) - 4月10日
飼ってる猫が愛おしくて仕方なくなりますね。そう思って帰宅して抱き上げたら噛まれましたけども。いやーしかしステキな一冊だ。猫派な人にはたまらんねこりゃ。でも読んでて一番号泣したのは猫じゃなくてよーじやのお土産のとこでしたけども。サトルは両親に逢って幸せだったよって言えたんだろうな、きっと。
ナイス ★26 コメント(0) - 4月10日
聡明でチャーミングな野良猫・ナナと猫好きでまぁるい性格が魅力的なサトルの物語。ナナとサトルは車の旅に出て、全国各地にいる旧友たちとの邂逅を果たす。崇高なる一匹猫っぷりのナナもサトルの優しさにほだされ2人の旅はより深い絆で結ばれてゆく。思い出作りは季節を巡り、やがて2人は冬の白さに包まれて行く。猫と一度でも暮らしたことのある人間は決して電車で読んではいけない。自分にとってのナナを思い出してしまうからだ。
ナイス ★23 コメント(0) - 4月10日
chr
【借本】半分くらい読んでから、先の展開は予想できた。できたんだけどね、、、、号泣。久しぶりの号泣。声出して泣くほどの。泣くと思ってたから、電車では読まず自宅で(´;ω;`)好きな本ランキング3位以内に入る!!!なんてハートフルな物語なんでしょう。すっごく悲しいけど、幸せな気持ちになる。は~~~最高でした(;▽;)
ナイス ★29 コメント(0) - 4月10日
猫目線のユーモアあふれる軽妙な文章にクスッと笑ったりしながらサクサク読んでいたが旅の理由がわかるあたりから胸がザワザワして、ノリコの章のあたりからラストまでちょっと自分でもひくほど泣いてしまいました。猫飼ったことなくてこんな有様なので猫飼いの方はどうなっちゃうのでしょう。旅の美しい風景が目に浮かび、人の優しさに心が温かくなる素敵な作品でした。あーーナナみたいな猫飼いたいなぁ…!
ナイス ★33 コメント(0) - 4月10日
久しぶりの有川さん!軽い。軽い。さすがの読みやすさ。なのに最後に「きゅー」と持ってかれる気持ち。にしても。サトルがかっこよすぎた!!笑
ナイス ★23 コメント(0) - 4月10日