ちはやふる(34) (BE LOVE KC)の感想・レビュー(315)

次のステップに向けてそれぞれ動く巻。詩暢ちゃんのエピソードに心動かされる。カルタに専念したい千早に対して、親の安定した人生送って欲しいという願いを否定的でなく描くのもいいなと思います。机くんは机にしがみついていたところから仲間のいるこんな温かいところまで辿りついたんだね。良かったと思い、羨ましく眩しくもあります。
ナイス ★25 コメント(0) - 4月12日
よかった、カナちゃんが肉まんくんの気持ちちゃんとわかってて。ありがとう、うそって言ってくれてに泣いたし、その後の机くんの宝物発言にも泣いた。涙をTシャツで拭く姿が男らしくてキュンとした(笑)周防名人も最後格好よすぎてキュンと来たわ。心配して京都まで行ってくれるなんて。しのぶちゃんの涙にも号泣した。本当、この子は孤独で辛かったんだろうなぁ。
ナイス ★35 コメント(0) - 4月11日
頂きに立つ人も、登る人も、どこか突き抜けてる
ナイス ★17 コメント(0) - 4月11日
全国大会が終わり3年生は受験へと切り替えてく中、千早はクイーン戦を目指していく。 千早も太一も自分達のやり方で強くなる方法を模索していくけれど、受験と両立って大変だよ(。>ω<。) それでも、しのぶちゃんは強くなりすぎて孤独なままだから、早く千早が追いついてあげてほしい‥。あと、イケズを禁止してはしのぶちゃんじゃない‥。
ナイス ★30 コメント(0) - 4月10日
真島太一・・・真島太一が真島太一。
ナイス ★2 コメント(0) - 4月9日
おおきくなったら何になる? 高校3年生、おおいに悩みなさい
ナイス ★17 コメント(0) - 4月9日
‪読了。‬ ‪映画はプロモーション見て、いまいち感が満載で…。漫画を手に取るのも、買ってから1週間放置するくらいテンションが下がっていましたが、読んだらやはり面白い!‬ ‪つづきが楽しみになりましたん。‬
ナイス ★20 コメント(0) - 4月8日
前回までのストーリーをすっかり忘れている自分(^_^;)でも大丈夫、登場人物のキャラは把握しているのでいつもどおりに楽しめました
ナイス ★30 コメント(0) - 4月8日
よかった。ちはやの成長物語として見てもすごくいいけど、サブのキャラクターがしっかりと描かれていて彼女らのストーリーとしても引き込まれる。リービ英雄の英語で読む萬葉集が出てきたのは驚いた。しかも何気に名人、英語堪能。クイーンと名人の関係が何というかすごく微笑ましくていいと思う。この漫画は読むと元気がもらえる気がして好き。おすすめです。
ナイス ★28 コメント(0) - 4月8日
「やりたいことを思いっきりやるためには やりたくないことも思いっきりやるんだ」千早、勉強とかるたの両立頑張れ!
ナイス ★23 コメント(0) - 4月8日
やっぱり太一が好き。
ナイス ★20 コメント(0) - 4月7日
妹から借りて読了。高校時代の部活で出来た仲間っていいよね(о´∀`о) 私も仲間(弓道部)とのお付き合いは20年間続いています。
ナイス ★39 コメント(0) - 4月7日
ついに部活引退。空虚感漂う中、部室の大掃除なんて千早も太一も偉いなぁ。今度はクイーン戦と大学受験という二つの目標に向けて走り始める。とは言え、千早の英語の勉強法があまりにも独特すぎて笑える。周防名人だって天才と言われながらも、やっぱり並々ならぬ努力をしていたんだな。そりゃあ千早に「甘い」と言いたくもなるわ。
ナイス ★55 コメント(0) - 4月7日
須藤さぁぁぁぁぁん!!かっこいいです!ぜひ周防名人に勝ってほしい!そして会長になって欲しい!でも周防名人も専任読手全員のデータ揃えてるとか、耳栓欠かさないとか努力もすごいしてるんだなーと思いました。あと、読手講習会って行ったこと無かったけど須藤さんの話聞いたりして行くことも大切だとも思いました。最後のしのぶちゃんの話は本当に感動した!こころちゃんみたいな子がいてよかった✨
ナイス ★30 コメント(0) - 4月6日
部活動として一区切りつけ、畳の掃除をしているちはやが、なんともカルタを愛しているか…。部活動の部屋割りがカラオケ対決だったのは笑えた。
ナイス ★37 コメント(0) - 4月6日
チームで強くなってきた千早にとって個人で突き進むのは苦しそう。かるたとだけ向き合ってきた詩暢ちゃんが、かるたと生きるために自分を偽るのも苦しそう。苦しくても手放せないほどの熱量、私だったら何だろうな。周防さんはどんどんイメージ変わってくので楽しい☆「女子と付き合うなんて須藤先輩はそんな人じゃないっ!」は何度読んでも笑うww
ナイス ★32 コメント(0) - 4月6日
部活動としてのかるたは一区切りついてもかるたをめぐる千早たちのドラマはまだまだ終わらないのだということを感じさせる巻だった。詩暢ちゃんはなかなかかるた以外の場での光明が見えてこないね。ある方面では優れた力を発揮する独特の感性を持っているけどそのため実社会では生き辛い天才タイプだな。少年漫画などでは才能ある人物がひたすら活躍する場面ばかり描かれるけど、この作品は一つの世界で頂点を極めるような才能でもよそでは通じないというあたりも描かれるのが独特な感じ。
ナイス ★21 コメント(0) - 4月4日
引退か('ω')
ナイス ★12 コメント(0) - 4月4日
全国高校かるた選手権団体戦で、連覇を逃すも3位で終えた瑞沢高校かるた部。A級個人戦では、新とクイーン・若宮詩暢が激突!新が勝利を手にする。新に「クイーン=世界一になる」と宣言した千早だったが、その前に受験という大きな壁が立ちはだかり・・・
ナイス ★27 コメント(1) - 4月4日
かるた部の面々が受験生モードに入ってしまったのは寂しいけど、そのお陰で他のキャラと千早の絡みが楽しめた巻でした。千早が太一か新を男として選ぶことになったら大変そうなのでもういっそ須藤さんとくっついてもいいんじゃなかろうかなどと。
ナイス ★22 コメント(0) - 4月3日

ちはやふるシリーズ