思い出のとき修理します (集英社文庫) - ミルルンさんの感想

心がじんわりあたたかくなるようなお話でした。少し寂れた商店街。そこで起きるちょっと不思議な出来事。ひとつひとつのエピソードにじんわりしましたが、時計屋さんと明里の事情が明らかになり、過去の痛みや辛い思い出がお互いの優しさで少しずつ癒されていく最後の2章が、特によかったです。昔懐かしい商店街の雰囲気も、大学生だという太一もなかなかいい感じでした。読む前に持っていたイメージと、いい意味で違っていた優しい作品でした。
ナイス ★87 コメント(0) - 2013年8月2日

感想・レビュー投稿者

761冊/243752ページ/248レビュー/女性
プロフィール詳細へ

ミルルンさんの最近の感想・レビュー

世界でたったひとりの子
ずっと若いままでいたい、ずっと子どものままでいたい、わたしも…続き
八月の六日間
同僚の「明日。山、行きませんか」の一言がきっかけとなって出合…続き
トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))
預けられたおじさんのアパートで、真夜中大時計が13回打つのを…続き
ベスト本格ミステリ2013 (講談社ノベルス)
中田永一さん『宗像くんと万年筆事件』(宗像くんにまた、どこか…続き