思い出のとき修理します (集英社文庫) - ミルルンさんの感想

心がじんわりあたたかくなるようなお話でした。少し寂れた商店街。そこで起きるちょっと不思議な出来事。ひとつひとつのエピソードにじんわりしましたが、時計屋さんと明里の事情が明らかになり、過去の痛みや辛い思い出がお互いの優しさで少しずつ癒されていく最後の2章が、特によかったです。昔懐かしい商店街の雰囲気も、大学生だという太一もなかなかいい感じでした。読む前に持っていたイメージと、いい意味で違っていた優しい作品でした。
ナイス ★88 コメント(0) - 2013年8月2日

感想・レビュー投稿者

805冊/256076ページ/291レビュー/女性
プロフィール詳細へ

ミルルンさんの最近の感想・レビュー

物語のおわり
何らかの思いを抱え、北海道をひとり旅する人たちの手から手へと…続き
お父さんと伊藤さん
伊藤さんと同棲している彩のアパートにいきなりやってきて暮らし…続き
絶叫
マンションで発見された女性の無惨な死体。住人の鈴木陽子の過去…続き
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
今作は、一冊丸ごと太宰治。そして、あの田中が再び。手に入れる…続き