思い出のとき修理します (集英社文庫) - ミルルンさんの感想

心がじんわりあたたかくなるようなお話でした。少し寂れた商店街。そこで起きるちょっと不思議な出来事。ひとつひとつのエピソードにじんわりしましたが、時計屋さんと明里の事情が明らかになり、過去の痛みや辛い思い出がお互いの優しさで少しずつ癒されていく最後の2章が、特によかったです。昔懐かしい商店街の雰囲気も、大学生だという太一もなかなかいい感じでした。読む前に持っていたイメージと、いい意味で違っていた優しい作品でした。
ナイス ★89 コメント(0) - 2013年8月2日

感想・レビュー投稿者

872冊/276701ページ/女性
プロフィール詳細へ

ミルルンさんの最近の感想・レビュー

八月の路上に捨てる
8月31日に読み始めたら、なんと表題作は、8月31日の話。ち…続き
リバース
湊さんの作品は、ここ最近、読後感のいい作品を続けて読んでいた…続き
踏んでもいい女 (小学館文庫)
タイトル、裏表紙のあらすじから予想していた物語とは、全く違っ…続き
アナザー修学旅行
様々な理由で修学旅行に行けなかった生徒たちで過ごす三日間。こ…続き