思い出のとき修理します (集英社文庫) - ミルルンさんの感想

心がじんわりあたたかくなるようなお話でした。少し寂れた商店街。そこで起きるちょっと不思議な出来事。ひとつひとつのエピソードにじんわりしましたが、時計屋さんと明里の事情が明らかになり、過去の痛みや辛い思い出がお互いの優しさで少しずつ癒されていく最後の2章が、特によかったです。昔懐かしい商店街の雰囲気も、大学生だという太一もなかなかいい感じでした。読む前に持っていたイメージと、いい意味で違っていた優しい作品でした。
ナイス ★86 コメント(0) - 2013年8月2日

感想・レビュー投稿者

740冊/237537ページ/女性
プロフィール詳細へ

ミルルンさんの最近の感想・レビュー

豆の上で眠る
子どもが行方不明という気持ちのいい話ではないので、終始ザワザ…続き
卒業 (講談社文庫)
「祈りの幕~」を読んで、加賀さんの過去が知りたくなって読みま…続き
吉野北高校図書委員会2 委員長の初恋 (MF文庫 ダ・ヴィンチ や 1-2)
2巻はワンちゃんの「委員長の初恋」と藤枝の「希望の星」の2編…続き
リボン (teens’ best selections)
中2の3月、先輩の卒業式から、自分の卒業式までの、リボンで始…続き