あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - 鈴木正大さんの感想

シリーズ第三巻、五鈴屋五代目徳兵衛と再婚した幸は時代の大波に翻弄されるが、商いの武将を目指し何時もアグレッシブに生きて行く。
ナイス ★19 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

850冊/270420ページ/男性
プロフィール詳細へ

鈴木正大さんの最近の感想・レビュー

生きる (文春文庫)
著者の直木賞受賞作品。武士道を描きながらも実はそれを支える婦…続き
天国への階段〈下〉 (幻冬舎文庫)
初白川道読了。ジェフリー・アーチャーを彷彿させるミステリー大…続き
夜の署長 (文春文庫)
著者の著作は「撃てない警官」「出署せず」「伴連れ」「広域指定…続き
潜る女 アナザーフェイス8 (文春文庫)
第8巻は結婚詐欺がテーマ。舞台が二子玉川、用賀、町田、相模大…続き