あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - 鈴木正大さんの感想

シリーズ第三巻、五鈴屋五代目徳兵衛と再婚した幸は時代の大波に翻弄されるが、商いの武将を目指し何時もアグレッシブに生きて行く。
ナイス ★19 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

832冊/264079ページ/男性
プロフィール詳細へ

鈴木正大さんの最近の感想・レビュー

どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)
「さよならドビュッシー」「おやすみラフマニノフ」「いつまでも…続き
花や今宵の
平忠度の「行き暮れて木の下かげを宿とせば花やこよひのあるじな…続き
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
大学院でフィリピンを研究していた著者が虎穴に入って虎子を得ち…続き
ロベルトからの手紙
大好きな著者の小説のようなエッセイの4冊目「ジーノの家」「ミ…続き