あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - しずくさんの感想

次男は仕事もできるし、まあ幸にはよかったね、と思ったら、妻の才に嫉妬して、江戸出店を夢見るあまりに不誠実な人間に。またはずれくじのダンナだったという…。3巻にきて、幸がどんどん活躍してきた。誠実な商いをして世の中をよくしていこう、という作者の本に通じるテーマだと思うので、この先幸が店主になれるのか?続きが待ち遠しい。
ナイス ★40 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

328冊/91947ページ/243レビュー/女性/事務系
プロフィール詳細へ

しずくさんの最近の感想・レビュー

CREA2017年2月号 楽しいひとり温泉
最近はまっているひとり温泉。年1、2回しか行かないが。気にな…続き
阿蘭陀西鶴 (講談社文庫)
好色一代男の井原西鶴を題材にしているが、娘の全盲のおあいとの…続き
あなたが世界のためにできる たったひとつのこと―<効果的な利他主義>のすすめ
お金持ちの国の災害援助(東日本大震災のような)に寄付するより…続き
目くらましの道 上 (創元推理文庫)
やはり北欧ミステリーはグロい殺し方する。犯人と思われる人間に…続き