あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - しずくさんの感想

次男は仕事もできるし、まあ幸にはよかったね、と思ったら、妻の才に嫉妬して、江戸出店を夢見るあまりに不誠実な人間に。またはずれくじのダンナだったという…。3巻にきて、幸がどんどん活躍してきた。誠実な商いをして世の中をよくしていこう、という作者の本に通じるテーマだと思うので、この先幸が店主になれるのか?続きが待ち遠しい。
ナイス ★41 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

338冊/94625ページ/女性/事務系
プロフィール詳細へ

しずくさんの最近の感想・レビュー

リバース (講談社文庫)
最初は事故の説明が長かったが、深瀬が広沢のことを調べるため、…続き
温泉教授・松田忠徳の新・日本百名湯 (日経ビジネス人文庫)
関東のところだけ読んで挫折。電子媒体じゃなく、本でぱらぱら読…続き
わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります
実家が汚屋敷という、自分との共通点もあり、共感できるが、ここ…続き
日の名残り (ハヤカワepi文庫)
年老いた執事が、旅をしながら、長い間仕えたダーリントン卿と、…続き