あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - sagaさんの感想

五代目の妻となる決心をし、惣次は幸を商売のパートナーとしたはず。だが、この時代に遠く離れた江戸に支店を出すという途轍もない大きな目標が惣次の心を闇の方へ向けてしまったようだ。大坂商人の矜持は、損得勘定とお天道様に恥じない商いを両立させることなのだろう。千変万化で、いよいよ幸が商いの表舞台に立つ準備が整ったようだ。そしてまた次巻を首を長くして待つ時が訪れた。
ナイス ★63 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

1762冊/458275ページ/1333レビュー/男性/50/事務系
プロフィール詳細へ

sagaさんの最近の感想・レビュー

イソップ寓話集 (1974年) (岩波文庫)
奥付けは1984年。カバーのかかっていない岩波文庫は30年以…続き
本質を見通す100の講義 (だいわ文庫 G 257-4)
見開き2ページで一つの講義が読みやすい。探偵ガリレオの湯川教…続き
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
著者が偶然に発見した金沢藩士の文書。映画化もされたので、猪山…続き
前へ!: 東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録 (新潮文庫)
震災7年目を迎えた2017/3/11に読み始め、本日読了。第…続き