あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - sagaさんの感想

五代目の妻となる決心をし、惣次は幸を商売のパートナーとしたはず。だが、この時代に遠く離れた江戸に支店を出すという途轍もない大きな目標が惣次の心を闇の方へ向けてしまったようだ。大坂商人の矜持は、損得勘定とお天道様に恥じない商いを両立させることなのだろう。千変万化で、いよいよ幸が商いの表舞台に立つ準備が整ったようだ。そしてまた次巻を首を長くして待つ時が訪れた。
ナイス ★67 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

1773冊/460861ページ/1347レビュー/男性/50/事務系
プロフィール詳細へ

sagaさんの最近の感想・レビュー

農協月へ行く (1979年) (角川文庫)
【再読】作品発表当時の、農協の(企画する農業者の)団体海外旅…続き
モブサイコ100 14 (裏少年サンデーコミックス)
ONE
物語の展開の速さは感じられなかったが、心理描写に深みを出すよ…続き
自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言
戦前・戦中・戦後を生きた著者が、現代の日本を「自殺」という視…続き
乱調文学大辞典 (講談社文庫 つ 1-3)
【再読】大辞典は著者の博覧強記ぶりを再確認できる仕上り。エロ…続き