あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - ナディさんの感想

どう転んでも幸の方が才能もあれば度量もある。くだらないプライドや強欲、更には幸を殴り、女は子を産めさえすればいいというアホさが五代目徳兵衛の先のなさを露呈している。本当にここまでヒロインが苦難の道を歩くのもなんだかなあ。五代目もポックリ逝ってくれないかと思ってしまう。
ナイス ★55 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

1090冊/245071ページ/1053レビュー/女性
プロフィール詳細へ

ナディさんの最近の感想・レビュー

トゥルークの海賊3 (C・NOVELSファンタジア)
グランド・セヴン、やはり素敵。それにしても、僧籍にいる人のこ…続き
トゥルークの海賊2 (C・NOVELSファンタジア)
何回読んでも面白い。キャラメルで大人しく(⁉)なるルゥが可愛…続き
トゥルークの海賊1 (C・NOVELSファンタジア)
やはり、女王も海賊も清々しい。生き方がサッパリしてると、痛快…続き
はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはん
やはり海坊廚には行きたくなる。弘前の桜まつりも興味深い。…詳細