あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - ナディさんの感想

どう転んでも幸の方が才能もあれば度量もある。くだらないプライドや強欲、更には幸を殴り、女は子を産めさえすればいいというアホさが五代目徳兵衛の先のなさを露呈している。本当にここまでヒロインが苦難の道を歩くのもなんだかなあ。五代目もポックリ逝ってくれないかと思ってしまう。
ナイス ★70 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

1162冊/259299ページ/1125レビュー/女性
プロフィール詳細へ

ナディさんの最近の感想・レビュー

チェンバレンの琉球・沖縄発見
読みやすかったが、構成の関係か重複する部分もあった。平易な文…続き
水鏡推理2 インパクトファクター (講談社文庫)
STAP細胞問題をなぞった話。面白かった。ヒロイン以外はみん…続き
居酒屋ぼったくり〈6〉
美音の恋のおとしどころはどこになるかな。と思いながら読んでい…続き
水鏡推理
松岡さんの小説って、優秀な女の子と少し頼りない男子のコンビが…続き