あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - ちゃこていさんの感想

五代目の惣次が良い人で、幸、良かったね…としみじみと読んでいたのに…何故?私の目に狂いがあったのか…冴え渡る幸の商いの才能に対する嫉妬か?怒りに任せて女性に暴力を振るうなんて人間の器の小さいことよ……。
ナイス ★67 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

597冊/178912ページ/女性
プロフィール詳細へ

ちゃこていさんの最近の感想・レビュー

向田理髪店
北海道の財政破綻した苫沢町にある理髪店主からみた町の事件(話…続き
天上の葦 下
下巻は一気読み。こんなスケールの大きな推理ものは読んだことな…続き
天上の葦 上
どうなる?どうなる?とはやる気持ち。鎖に繋がれて監禁されてる…続き
ミナトホテルの裏庭には
主人公の芯輔のたんたんとしている性格が好きだ(実は根は熱い人…続き