あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - ちゃこていさんの感想

五代目の惣次が良い人で、幸、良かったね…としみじみと読んでいたのに…何故?私の目に狂いがあったのか…冴え渡る幸の商いの才能に対する嫉妬か?怒りに任せて女性に暴力を振るうなんて人間の器の小さいことよ……。
ナイス ★57 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

583冊/174644ページ/449レビュー/女性
プロフィール詳細へ

ちゃこていさんの最近の感想・レビュー

遠い唇
表題作「遠い唇」もう何十年も前に大学の先輩から届いたハガキに…続き
よるの美容院
良かった…児童書だが、親から目線で読んでいます…続き
風に舞いあがるビニールシート
多彩な話が次々と綴られる短編集。始めの話はなんとも大人っぽい…続き
かがみのもり (BOOK WITH YOU)
新興宗教に奪われた山奥深いお宮にまつわる話です。主人公の片野…続き