あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - 啓蒙書が好きな主婦さんの感想

『高田さんの作品が、こんなに夫唱婦随でほのぼのと最後までいくわけないやろなぁ。』と思っていたら、やっぱりねぇ。順調すぎて、逆に『ドカンとしたことが、いつやってくる?』とハラハラドキドキ読み進めました。惣次よ。がんばって、器を広げるのだよ!次巻は2月でしょうか?本当に、待ち遠しいです。そして、この巻を読んで、以前から欲しいなと思っていた石田梅岩の『都鄙問答』を買ってしまいました。読みかけの『日本永代蔵』も読まなくっちゃ!
ナイス ★134 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

503冊/129322ページ/443レビュー/女性
プロフィール詳細へ

啓蒙書が好きな主婦さんの最近の感想・レビュー

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
とても読みやすく、とても面白かったです。意訳の部分もかなりあ…続き
言葉相 (ことばそう)
気合いと迫力、十分な本でした。(笑)仰ってることは至極まとも…続き
いま伝えたい生きることの真実
前書きに書かれているように、祖父母から何気なく何度も聞いた話…続き
大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ (光文社新書)
朝日新聞に不定期で連載されていた『アロハで田植えしてみました…続き