あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - ダイアナ(本屋さん)さんの感想

待ちに待った3巻目!!五代目の妻になった幸。最初はまずまずの滑り出しだったけど、やっぱり一筋縄ではいかないのが高田郁さんの話というか。確かに五代目のいう事もわかるけど、徳が得をうむという二代目の言葉にも一理あり。そこのバランスこそが大事なんだよなぁ。今現在の自分の仕事にも通じることも多々あり読みながら唸ること多数。
ナイス ★28 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

32冊/10240ページ/20レビュー/女性
プロフィール詳細へ

ダイアナ(本屋さん)さんの最近の感想・レビュー

([な]11-2)日乃出が走る 浜風屋菓子話<二> (ポプラ文庫)
今回は日之出が西洋菓子に憧れを抱き浜風屋の面々とぶつかったり…続き
D坂の美少年 (講談社タイガ)
毎度のことながらテンポの良さが心地よい。 眉美「おかわり。お…続き
([な]11-1)日乃出が走る 浜風屋菓子話 (ポプラ文庫 日本文学)
明治二年、菓子司橘屋の一人娘日之出は父の死をきっかけに閉めた…続き
江戸城 御掃除之者! (角川文庫)
平谷美樹さんの新刊なので迷わず購入!! 名前の通り掃除を専門…続き