あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) - ダイアナ(本屋さん)さんの感想

待ちに待った3巻目!!五代目の妻になった幸。最初はまずまずの滑り出しだったけど、やっぱり一筋縄ではいかないのが高田郁さんの話というか。確かに五代目のいう事もわかるけど、徳が得をうむという二代目の言葉にも一理あり。そこのバランスこそが大事なんだよなぁ。今現在の自分の仕事にも通じることも多々あり読みながら唸ること多数。
ナイス ★28 コメント(0) - 2月17日

感想・レビュー投稿者

46冊/14509ページ/34レビュー/女性
プロフィール詳細へ

ダイアナ(本屋さん)さんの最近の感想・レビュー

お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮はじめての客 (集英社オレンジ文庫)
ずっと気になってたので図書館で借りてきたもの。赤字の寺にひょ…続き
お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (2) (メディアワークス文庫)
今作は前作よりなんだか心にぐっときた感じがする。雷おこしとか…続き
赤坂の達磨 公家武者 松平信平13 (二見時代小説文庫)
父となりますます強さに磨きがかかる鷹司松平信平。話自体は巻が…続き
母恋わんたん: 南蛮おたね夢料理(三)
やっと借りられた3巻!!今回のメインはわんたんと捨て子の男の…続き