孤独のチカラ (新潮文庫) - 北ひろしさんの感想

p179「孤独をポジティブなものに感じるには教養が必要だからだ。」 今でこそ身体に基づいた教育法などで著名な著者だが、その陰には【暗黒の十年】があったとのこと。そしてその孤独な十年があったからこそ、今の齋藤孝さんがあるという。その処世の書。 少々極端な感じも受けたが、同じ様な状況にある人に強く響く一冊かと思う。
ナイス ★3 コメント(0) - 4月5日

感想・レビュー投稿者

北ひろしさんの最近の感想・レビュー

宿屋めぐり
長えなあ、地名も読み方が分からんなあ。てな感じで読み進みが遅…続き
自分の感受性くらい
ばかものよ。と言って転んだ子供を抱きかかえないような厳しさが…続き
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
人は敵を作ることで、安心するんだねえ。…詳細
春宵十話 随筆集/数学者が綴る人生1 (光文社文庫)
こういうじいさんが段々と亡くなっていくのは、本当に惜しく、口…続き