天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex) - yanさんの感想

yan
このシリーズも7冊目。ますます鷹央と小鳥先生のコンビは面白くなって来た。ただこの1冊だけだと登場人物に「?」と思う時が出てくると思った。順番通り読み進めた方がこのシリーズは良いのかもしれない。誰にも相談出来なくて2度の治療が失敗に終わって医療方法に不信感を募らせていけばあの母親の様な状態に誰しもがなると思う。治療が「確実」ではなく「確率」その成功率にかけていく。「最後の医者は~」を思い出した。それにしてもいろんな病気があるもんだ。自分も絶対かからないという訳ではないから怖いよね。健康って大事。
ナイス ★37 コメント(0) - 4月12日

感想・レビュー投稿者

yan
365冊/128799ページ/女性
プロフィール詳細へ

yanさんの最近の感想・レビュー

書店男子と猫店主の長閑なる午後 (集英社オレンジ文庫)
意外に面白かった(笑)そして軽く読めた。猫(?)のミカンが店…続き
炎の蜃気楼(ミラージュ)(1) (コバルト文庫)
また懐かしい本を引っ張り出して来たものだ(笑)最終巻を読んだ…続き
墨攻 (新潮文庫)
この本の存在を知ったのはアンディ・ラウ主演の映画から。元々「…続き
任侠病院 (中公文庫 こ)
読メやお気に入りさんの感想を読んでると今野さんは刑事物のイメ…続き