天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex) - みかんねこさんの感想

いつもの凸凹コンビによる短編2本、中編1本。渋谷のスクランブル交差点で友人とはぐれたことがあります。体が腐るって思い込んじゃう人がいるかもね。鷹央センセ、若く見られるのは嫌がるのにアラサーにも過剰反応。レディですものね。キリスト教、聖痕現すセラピスト。患者やその家族は可能性ではなく断言が何より欲しいよね。西洋医学に携わる人の葛藤がありました。奇跡は覆しても「これからが本当の勝負」と、9歳の大切な自我と何よりも母親が側にいることを説く。もういなくなってしまった少年から受け取った大切な心で。皆が成長しているね
ナイス ★14 コメント(0) - 4月12日

感想・レビュー投稿者

みかんねこさんの最近の感想・レビュー

桜風堂ものがたり
出版業界で私たち消費者に一番近いポジション、本屋さんの書店員…続き
魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2 (角川文庫)
あぁ、高校生が主人公なのだなと思い直して。本来なら「強くなる…続き
蜜蜂と遠雷
蜜蜂の羽音は命の輝き、集められる黄金は祝福された音楽。物語の…続き
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)
サクラダリセットと言うタイトルの音が魅力的。猫は好き、でも事…続き