旅猫リポート (講談社文庫) - umiさんの感想

umi
ナナと悟の絆に泣かされた。話が進むにつれ、だんだん重い事実が明かされていくのに、ナナの悟への想いがどんどん優しいものになってく。その対比が涙を誘う。悟のどこか抜けているけれど愛情深いところ、ナナの元野良というプライドがありつつも実はとても悟が大好きなところ、その1人と1匹を取り巻く人々、登場人物一人一人がとても愛おしかった。言葉のチョイスが、とことことか、ぐぅっとか、いちいちかわいかった!そして、とても読みやすい、韻を踏んだような文でした。
ナイス ★30 コメント(0) - 4月17日

感想・レビュー投稿者

umi
180冊/59894ページ/女性/営業・企画系
プロフィール詳細へ

umiさんの最近の感想・レビュー

潮文庫 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<下>
上巻はどちらかというと説明的な部分だったけれど、下巻ではいっ…続き
潮文庫 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<上>
祖父の死をきっかけに、「小さいころのおとぎ話」の登場人物達に…続き
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
ビブリアシリーズ本編最終巻。オールスターキャスト、全ての謎が…続き
無名なるイギリス人の日記
ガーディアンの必読リストの中の一冊。とあるイギリス人の日記と…続き