旅猫リポート (講談社文庫) - 田中峰和さんの感想

ペットへの愛情が深いほど別れは辛いが、普通は短命の猫や犬を看取るのは飼い主。忠誠心ある犬のハチ公は主人を待ち続けるが、猫のナナは主人の悟と新しい飼い主を求め旅立つ。友情でつながったナナと悟がなぜ別れなければならないのか。ヒントを小出しにしながら、小学校、中学、高校、それぞれの時代の親友たちを訪ねる。主人とペットの関係ではなく、戦友のような彼らの関係は永遠の別れが近づいても、ウェットにはならない。漱石の猫のように人間の言葉を理解できるナナは、動物にない死の感覚も解る。擬人化に成功したからこそ、涙を誘うのだ。
ナイス ★18 コメント(0) - 4月18日

感想・レビュー投稿者

1451冊/431544ページ/男性/62/営業・企画系
プロフィール詳細へ

田中峰和さんの最近の感想・レビュー

俗・偽恋愛小説家
作家夢宮と青年実業家聡、二人の間を揺れ動く編集者月子の三角関…続き
美しき凶器 (光文社文庫)
コーチや選手も他人に負けたくない功名心から薬に頼るのはアンフ…続き
3.11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALDs (集英社新書)
2011年はウォール街占拠のような大衆運動、エジプトのムバラ…続き
マインド・クァンチャ - The Mind Quencher
暗殺の危機から逃れ、一転して記憶喪失のまま貧しい姉弟の世話に…続き