騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 - たつやさんの感想

もくじとプロローグを読んで、そのまま本編に入らず、何故か放置し、他の本を読んでいた。ところが、読み始めたら、予想外にスラスラ読め、ミステリーのような、心霊っぽいホラーっぽい要素もあり、ここ最近の村上作品では一番、映像化しやすそうだ。サブタイトルが読めないよとか思っていたら、そんなことはどうでもよくなった。ただ、天下の村上春樹の新作となれば、中高生も読みたいだろうから、「R指定」はつけた方が良いと思う。知らずに読んで、不快に感じた未成年がいたら可哀想。さて、続いて第2部読みます。
ナイス ★93 コメント(0) - 4月19日

感想・レビュー投稿者

1461冊/478918ページ/1421レビュー/男性/その他
プロフィール詳細へ

たつやさんの最近の感想・レビュー

名犬ラッド (岩波少年文庫 3004)
私が子供の頃、テレビドラマで「名犬ラッシー」というのがあった…続き
坂道 (雨の日文庫第3集3)
「二十四の瞳」の作者の童話集。私が読んだのは、岩波少年文庫版…続き
はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
エンデの装丁の指示で現実世界と本の世界は赤と緑のインクで分け…続き
はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
エンデは3作目だと思いますが、また、「モモ」を読みたくなった…続き