ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫) - ゆうまっきさんの感想

ビブリアシリーズ最終巻、ついに読み終わってしまいました。前回までの話の内容をすっかり忘れてしまってたので、相関図を何度も確かめながら読み進めました。今回はシェイクスピアがテーマ。真のファースト・フォリオは存在するのか?ビブリア古書堂の存続に関わる事態にもなってきて、最後はハラハラしましたが満足いく終わりかたでよかったです。参考文献がずらりと記載されてて、三上さんすごく調べられたんだろうなぁと、毎回古書のことがいろいろわかって本当にこのシリーズ楽しめました。
ナイス ★107 コメント(0) - 4月19日

感想・レビュー投稿者

232冊/69745ページ/女性/主婦
プロフィール詳細へ

ゆうまっきさんの最近の感想・レビュー

この世にたやすい仕事はない
題名に惹かれて~初読み作家さん。最近、本があまり読めなくて私…続き
蜜蜂と遠雷
ちょうど読み終わる時に本屋大賞も受賞ということで嬉しくなりま…続き
星々たち (実業之日本社文庫)
桜木さんの本は2冊目です。未婚の母の咲子、その娘の千春、さら…続き
東京すみっこごはん 雷親父とオムライス (光文社文庫)
前作「東京すみっこごはん」がとてもよかったのでこちらの続編も…続き