蜜蜂と遠雷 - 二郎さんの感想

本屋大賞も、頷ける読み応えのある作品。人物の描き方、苦悩はうまく、3人の人物、特にマサルと亜矢に寄り添って読めるのは良い。 ただ、漫画『ピアノの森』が大好きな私には、これを直木賞とするに不服である。二番煎じの印象は拭えない。
ナイス ★41 コメント(0) - 4月20日

感想・レビュー投稿者

207冊/77903ページ/80レビュー
プロフィール詳細へ

二郎さんの最近の感想・レビュー

バベル九朔
万城目作品が好きで読んでいる。 今回の作品は少し読みづ…続き
夜行
夏目漱石の『夢十夜』を思い出させる世界観です。 あやふ…続き
幻庵 下
ただの物語ではなく、現実のひとりの人間の一生なのだから仕方な…続き
幻庵 上
囲碁を知らないものにとっては読みにくい。が、新しい世界を教え…続き