騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 - eriiiiizeさんの感想

発売日にきちんと上下巻をゲット。その後、時間を見つけては読むものの、今作は全く進まず、ぼっちりぼっちり読みました。ほんとーーーっとに、数ある村上作品のなかでも、ここまで一気読みしなかった作品は初だったので、今回は辛かったです。後半も過ぎて、騎士団長(イデア)が登場したあたりから、物語がつながり展開をみせていきます。まだ上巻を読み切ったところですが、やっと面白くなってくるのが300ページ後半のため、この作品で村上春樹デビューはおすすめ出来ません。
ナイス ★26 コメント(0) - 4月20日

感想・レビュー投稿者

89冊/20650ページ/女性
プロフィール詳細へ

eriiiiizeさんの最近の感想・レビュー

芸術新潮 2015年 12 月号 [雑誌]
谷崎潤一郎の〈女・食・住〉というテーマのこの号。 『鍵』を男…続き
苺をつぶしながら (講談社文庫)
離婚後、再び大阪に戻り仕事をしながら、一人のよさを満喫する3…続き
私的生活 (講談社文庫)
乃里子は『言い寄る』で、最後に殴られた嫉妬の強い中谷剛と結婚…続き
言い寄る (講談社文庫)
読み始めは、当時の大阪弁に馴染めなかったのですが、水野が登場…続き