蜜蜂と遠雷 - ニャンたんさんの感想

図書館本。恩田陸さん初読。読み終わった後心地良い疲労感に包まれた。読み始めからドキドキとワクワクで読む手がとまらなかった。芳ヶ江国際ピアノコンクールの場面は、演奏の場面が頭のなかに浮かんできてクラシックの演奏が流れて来るように感じたし、コンクールの結果が待ちきれなかった。音楽は人の心の支えになったりするが、その音楽に恩返し出来ていないと言う言葉は胸に残った。だから音楽を外へ連れ出してあげたいと…。音楽はすばらしい。それにしても風間塵のピアノ演奏はどんなものなのか是非聴いてみたくなった。
ナイス ★71 コメント(0) - 4月21日
前の感想

感想・レビュー投稿者

120冊/37145ページ/女性
プロフィール詳細へ

ニャンたんさんの最近の感想・レビュー

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
図書館本。肖像画家の私は免色さんの娘を探す為不思議な世界へ迷…続き
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
図書館本。主人公の肖像画家は12才で亡くなった妹の影を引きず…続き
感情8号線
図書館本。ドラマ化の情報を得て前から気になっていたので手に取…続き
通い猫アルフィーのはつ恋 (ハーパーBOOKS)
図書館本。初めの飼い主さんが亡くなり野良猫になったが幸いにも…続き