リバース (講談社文庫) - yamatenodolphineさんの感想

ドラマ化のタイミングで文庫化されたらしく、せっかくなのでドラマ放送開始日から読み始めました。広沢くん役の小池徹平くんだけが小説とイメージと違う…と思いながら読んでいたけど、結末を見てそんなことはどうでもよくなってしまいました。最後の二行が先に決まり、そこに向かって設定やストーリーが組み立てられていったそうですが、久々に見事な「どんでん返し」を味わった気分です。嫌ミスの女王と言われる作者ですが、そういう風に収束していくんだ…なんて暖かい気持ちになっていたところで!やられました(笑)ドラマは小説とは違う結末を
ナイス ★73 コメント(3) - 4月20日
bunmei
確かに広沢くんは小池徹平は違うな…(笑)
ナイス ★1 - 04/25 18:25
yamatenodolphine
もうちょっとガッチリした感じの、広い背中を想像してました(笑)
ナイス - 04/26 14:37
bunmei
確かに俺物語の鈴木亮平あたりかな(笑)
ナイス ★1 - 04/26 20:49
前の感想

感想・レビュー投稿者

703冊/208565ページ/女性
プロフィール詳細へ

yamatenodolphineさんの最近の感想・レビュー

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)
あっという間に読了。主人公の竜実くんがのんびりしたキャラなせ…続き
ブルーマーダー (光文社文庫)
香港に来て初めて長編小説1冊読破!…と威張れる…続き
教場 (小学館文庫)
面白かった!「傍聴き」の作者の作品て、教場とは警察学校のクラ…続き
かばん屋の相続 (文春文庫)
積読本から適当に選んで開いた本が今回はこれでした。またしても…続き