シラノ・ド・ベルジュラック (光文社古典新訳文庫) - 学文路さんの感想

解題が一番理解出来ないという罠。すばひびから。『さあ、受け取れ。この偽りを、真実に変えるのは君だ。俺は当てもなく、恋だ嘆きだと書き散らしたが、彷徨う鳥の留まるのを、君は見ることが出来る人だ。さあ、取りたまえ、実がないだけ雄弁だと君にも分かる時が来る。さあ、取りたまえ!』このシーン好き。モンパナッシュ!B
ナイス ★4 コメント(0) - 2011年1月17日

感想・レビュー投稿者

54冊/13930ページ/男性/小/中/高校生
プロフィール詳細へ

学文路さんの最近の感想・レビュー

さよならさよなら、またあした (ウィングス・コミックス)
なんだろ、流し読みしたせいかコマ割り時系列の異常さのせいか全…続き
車輪の国、向日葵の少女 車輪の国、悠久の少年少女 ビジュアルファンブック (DNAメディアブックス)
車輪のストーリーが章ごとにまとめられてる感じでストーリー思い…続き
ダンガンロンパ/ゼロ(下) (星海社FICTIONS)
素晴らしい……。これで全てがつな…続き
ダンガンロンパ/ゼロ(上) (星海社FICTIONS)
超読みやすいダンガンロンパ前日譚。主人公兼ヒロインの音無涼子…続き