saga

男 50歳 AB型 事務系 千葉県 320人登録
小学生の頃に、学校の図書室から借りた夏目漱石「坊ちゃん」に魅了され、「吾輩は猫である」で挫折。小~中学までは、ろくに読書もしない『普通』の子。 読書を趣味と言えるようになったのは高校生の頃。筒井… →続きを読む
記録初日
2002年03月10日
経過日数
5528日
読んだ本
1774冊 (1日平均0.25冊)
読んだページ
461244(1日平均63)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

最近のつぶやき

次男蔵書。昨日、偶然TVアニメを目にして、その世界観に興味を持った。
ナイス ★12 - コメント(0) - 04月22日

読み終わった本(1774冊)

法定外公共物の成立と境界確定の実務
法定外公共物の成立と境界確定の実務
【業務用】江戸から明治となって官民の所有権境を決めて近代化を図ろうとした努力は認める。しかし、その膨大な業務量からか地籍調査は頓挫し、戦中戦後の混乱が拍車をかけるように官民・民民境界は曖昧模糊となった。測量技術の未熟な時代に線引きした公図と、ミリ単位まで正確に測量できる現代の齟齬。国の無責任な国有地移譲の背景を知ることができた。冗長な解説で、もっと整理すれば本書は3/4くらいの厚さになっただろう。実務ではなく背景の解説だな。
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
【次男蔵書】TVアニメから入った。足掛け二日で読了はやはりラノベならでは。普通の高校生活を送りたい「俺」が狂言回しとして、涼宮ハルヒや他の登場人物が繰り広げるSFコメディ。漫画を読むようにスイスイと読み進め、先日初めて見たアニメの話も本書で読むことができ、その世界観が点から線へとつながった。
農協月へ行く (1979年) (角川文庫)
農協月へ行く (1979年) (角川文庫)
【再読】作品発表当時の、農協の(企画する農業者の)団体海外旅行を痛烈なパロディで再現した表題作。本書に「日本以外全部沈没」が収録されていたとは……記憶というのはあてにならない。中編とも言える「村井長庵」は原典にも増して鬼畜ぶりが描き出されて、ますます長庵への嫌悪感が増した。
モブサイコ100 14 (裏少年サンデーコミックス)
モブサイコ100 14 (裏少年サンデーコミックス)
物語の展開の速さは感じられなかったが、心理描写に深みを出すような編集になったようだ。クライマックスのモブとエクボとの闘い。これまでのように100%で力を発揮させなかったモブ。彼の強さがエクボを生かし、エクボは彼を生かすために重大な決断をする。なんか感動だ。

著者グラフ

最近読んだ著者:塚田 利和 谷川 流 ONE 上野正彦 小田 扉 銀色 夏生 桜井 画門 加藤 和恵 村田 雄介 三浦 しをん