カイ

男 専門職 宮城県 204人登録
社会人(26) 最近は忙しくてあまり読めていませんが、少しずつでも色々な本を読んでいきたいです。 高校まではミステリーばかり読んでました。 でもジャンルを問わずにたくさんの本に触れてみようと思ってます… →続きを読む
記録初日
2011年09月24日
経過日数
2043日
読んだ本
255冊 (1日平均0.12冊)
読んだページ
78175(1日平均37)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで知念実希人氏最新作!「屋上のテロリスト」の献本に応募しました!締切は4月13日!応募はこちら→ http://bit.ly/2nG8oo3
ナイス ★4 - コメント(0) - 04月12日
【献本プレゼント】読書メーターで、長崎グルメ小説「長崎・オランダ坂の洋館カフェ」の献本に応募しました!締切は4月17日!応募はこちら→ http://bookmeter.com/kenpon.php?id=181
ナイス ★4 - コメント(0) - 04月12日

読み終わった本(255冊)

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)
ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)
仕事でちょっとつらいことがあるだけで投げ出してしまったり諦めてしまったり。「これだから今時の若者は~」「これだからゆとり世代は~」なんて廃れたようにみえてまだ使われてたりする。忍びた得ることを美徳に捉える文化は確かにあるのかもしれない。でもそれは体調を崩してまで守るものなのか?本当につらい状態になってからでは遅いのだ。その前に逃げられる環境を、転職できる環境を整えることが必要なのではないか。逃げる逃げないは自由だろう。問題はその選択肢すら日本にはほぼないということ。
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
容姿端麗なリチャードと根は律儀な田中の物語。初めはミステリーなのかと思ったが、違った。宝石を通して田中の祖母の話など謎を解き明かしていくもの。宝石に関する知識も深まるしただ綺麗なだけではないものだと再認識。宝石一つ取ってもぞれぞれ抱く思いは別にあって素敵な話ばかり。宝石が輝くとき、込められた想いも輝くのだろう。
コンビニたそがれ堂 祝福の庭 (ポプラ文庫ピュアフル)
コンビニたそがれ堂 祝福の庭 (ポプラ文庫ピュアフル)
クリスマス一色のたそがれ堂だった。一番好きな話は表題作である「祝福の庭」だ。もしサンタさんがいたらこんな感じなのかな~と思わせてくれる。村山さんの考えるサンタさんが僕は好きだ。僕も村山と似てて早い段階からサンタさんはいないと教えられてしまっていたので信じていた時期がとても短かった。もしサンタを信じられたらどんな感じなのだろうと考えることもあった。どちらが良いということではないけど、やっぱり羨ましい気持ちはどこかあった。 優しさで包まれるお話で寒い冬にはぴったり。
魔法科高校の劣等生 (17) 師族会議編 (上) (電撃文庫)
魔法科高校の劣等生 (17) 師族会議編 (上) (電撃文庫)
これまでの劣等生とは異なって戦闘がなく、四葉家の婚約問題について焦点を当てたもの。初めて十師族の面々が登場し、物語は大きく動こうとしている予感。深雪の愛と達也の気持ちが全く同じ「愛」ではないというところがどのような結末を生むのか楽しみ。それにしても一条くんの横槍は男らしいのかもしれない。。。笑

読んでる本(0冊)

まだ「読んでる本」に登録した本はありません。

積読本(0冊)

まだ「積読本」に登録した本はありません。

読みたい本(0冊)

まだ「読みたい本」に登録した本はありません。

著者グラフ

最近読んだ著者:北川恵海 辻村 七子 村山 早紀 佐島勤 七月 隆文 服部 まゆみ 有川 浩 野村美月 本多 孝好 明坂 つづり