くらげ

女 A型 栃木県 68人登録
20代。書店員。 テレビとゲームと音楽が好きです。 ミステリーをよく読みます。
記録初日
2012年02月27日
経過日数
1889日
読んだ本
385冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ
133426(1日平均70)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

読み終わった本(385冊)

天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)
天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)
身体が腐る男。若返る女。神を信じる母親。今回も安定の面白さでした。幻影の〜を読む前に読んでしまったので、ちょっとだけ失敗。出版順に読むべきでした。一番は神様のお話かなー。鷹央先生の健太くんへの思いが察せられて、グッとくる場面も。人の心を察することが出来ないはずの鷹央先生の成長が見られて、とてもほっこりした。
天久鷹央の推理カルテIV: 悲恋のシンドローム (新潮文庫nex)
天久鷹央の推理カルテIV: 悲恋のシンドローム (新潮文庫nex)
今回も面白かったー!プロローグでの鷹央先生のセリフにわくわくしていたら、まさかの結末だった。小鳥先生には切ない事件になってしまったけど、瞬間移動の女は引き込まれて一気に読んでしまった。呪いも、ゴミ屋敷も面白かった!2人の進展に期待!
スフィアの死天使: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)
スフィアの死天使: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)
長編キタ――――!!!!宇宙人に攫われて自殺をした男。宇宙人の声を聞いて殺人を犯した男。それはとある宗教団体の存在へと繋がっていく。脳細胞を破壊する=最小の密室殺人という単語にわくわくしました。これ、先生たちの出会いの物語だったのね!もっと早く読んでおけばよかった。短編もいいけど、長編もいい。手がかりを少しずつ見つけて、最後に一気に種明かしされる感じ。とっても楽しみました。もうすっかり鷹央先生と小鳥先生のファンです。
どんどん橋、落ちた〈新装改訂版〉 (講談社文庫)
どんどん橋、落ちた〈新装改訂版〉 (講談社文庫)
フェアかアンフェアかぎりぎりなところが面白い。叙述トリックというのか、小説ならではのトリックばかりで、わくわくしました。そんなんありかー!というトリックもあったけれど、それがいい。自分の思いもよらない展開に、騙されたーって気持ちよく笑える感じ。ブラックユーモアもたっぷりで、とても楽しめました。さすがやー!と思う一冊。

著者グラフ

最近読んだ著者:知念 実希人 綾辻 行人 西尾 維新,キナコ 藤崎 翔 森 博嗣 神永 学 三上 延 乾 くるみ,大崎 梢,加納 朋子,近藤 史恵,坂木 司,若竹 七海 加納 新太 道尾 秀介